雑記ブログで100記事書いても稼げない理由

【キーワード選定だけで稼げる】雑記ブログで100記事書いても稼げない理由

悩み人
雑記ブログを初めて100記事書いたけど稼げない・・・なんで稼げないか理由を教えて!

こちらの疑問を解決させます。

本記事の内容

  • 雑記ブログを100記事書いても稼げない理由
  • 雑記ブログで稼ぐためのキーワード選定術
  • 収益を上げるための1つの絶対条件

雑記ブログは初心者の方でも稼ぐことができるとして始める方が多いですが、100記事書いても稼げない方もいるのが現状です。

稼げる人とと稼げない人に分かれてしまう原因はなんなのでしょうか。

稼げない理由は明確にあり、キーワード選定が出来ていないからです。

なので、雑記ブログで100記事書いても稼げていない方はキーワード選定をまずは勉強し実践していくべきです。

そこで、まずは雑記ブログで月に1万円稼ぐキーワード選定術について全部公開します。

承太郎
もし雑記ブログを0から始めようと思っている方は「【完全無料】雑記ブログで月1万円を稼ぐための完全ロードマップ【超初心者向け】」を参考にしてみてください!

雑記ブログで100記事書いても稼げない理由は?

雑記ブログで100記事書いても稼げない理由

まずは雑記ブログで100記事書いても稼げない理由を解説していきましょう。

なぜ100記事書いたのに稼げなかったのかについての理由を明確にすることが稼ぐための第一歩です。

確かに100記事書いたのに稼ぎ方が間違っていた・・・と反省するのはキツいかもしれませんが、稼げなかった方法で100記事書いてしまったということを理解しましょう。

まだ100記事書いていない方で稼げていない方も、これからどのように記事を書いていけばいいのかの参考にしてみてください。

  1. キーワード選定ができていない
  2. タイトルの付け方がなっていない
  3. 収益性のない記事を書いている

こちらの3つのテーマを一つひとつ解説していきます。

キーワード選定ができていない

雑記ブログだけではなくブログ全般で言えることなのですが、キーワード選定がなっていないブログは稼ぐことは絶対にできません

例えばネタの需要が過ぎてしまったとしても、キーワード選定がしっかりできていれば、ポツポツとアクセスが集まります。

しかしネタの需要があったとしても、キーワード選定ができていないとアクセスを集めることができません。

ネタ選定も大事なのですが、キーワード選定ができていないとどんなジャンルでもアクセスを集めることができないので、結果的に100記事書いても稼ぐことができないのです。

これはたくさんのアクセスを集めることができるかどうかの話をしているのではなく、検索意図に合った読者を集められるかどうかの話です。

例えば、あなたが高級フレンチレストランを経営しているとします。お一人様の平均が10万円コースの高級なお店です。

このお店にあまりお金がない大学生が高級なお店に合わない服装で来られても困りますよね。

なので、とりあえず集客をすればいいわけではありません。自分が経営する高級フレンチレストランに合ったお客さんをどうやって呼ぶが問題になります。

つまり、キーワード選定はたくさんのアクセスを集めるような大衆居酒屋だけではなく、お客さんを限定するキーワード選定も存在するということを覚えておいてください。

超重要!

キーワード選定の正解は自分が書いた記事のターゲットは誰なのか?を明確にし、その読者が検索するキーワードで記事を書くことです。

なので、大衆居酒屋のようにとにかくアクセスが欲しい記事はアドセンスで稼ぐことができるでしょうし、高級フレンチレストランのようなお客さんをある程度限定するお店は検索ユーザーの検索意図をはっきりとすべきなのです。

もっとわかりやすく解説すると、1万アクセスを集めてアドセンスで1000円稼ぐ記事と、10アクセス集めて成約すると1000円報酬が貰えるASPの商品が売れるのとでは、キーワード選定のやり方が変わってきます

多くの人に刺さる記事を書くのか、ターゲットを限定して記事を書くのかでアクセス数が変わりますが収益は変わりません。

なので、キーワード選定はたくさんアクセスを集めれば正解ではないし、アクセスが集まらないとキーワード選定は失敗したとも言えません

承太郎
検索意図を明確してからキーワード選定すると稼ぐことが可能になります!

タイトルの付け方がなっていない

続いて、タイトルの付け方がなっていない場合です。

100記事書いてもタイトルがしっかり付けていないと、そもそもクリックされづらい問題が発生します。

狙ったキーワードで検索結果で1位になっても読まれない記事は読まれないです。その理由は読みたいと思うようなタイトルをつけていないからです。

承太郎
もし魅力的なタイトルの付け方がわからない方は「【これで読まれる】クリック率を上げるタイトル20選【CTR改善】」をご覧ください!

収益性のない記事を書いている

最後にキーワード選定とタイトルの付け方がある程度できているのに稼げていないパターンですね。

そもそも収益性のないキーワードで記事を書いている可能性が高いですね。

例えば、芸能人の彼氏や彼女についてまとめている記事などが収益性のない記事だと言えると思います。

実は僕は芸能人の彼氏や彼女などを250記事ほど書いたブログを一つ持っているのですが、このブログの収益はアドセンスで月に1万〜2万円です。

アドセンス以外の収益も少し考えれば見つかるかもしれませんが、もう1年くらい放置しています。ですが、月に1万円〜2万円ほど放置で稼いでくれています。

雑記ブログを運営する上で大事なのは、ある程度収益性のある記事を書いていくというものです。

確かに雑記ブログは自分が好きなジャンルを書いていくため、初心者でも書きやすく続けやすいです。

本当に趣味でブログを運営するのであれば収益性は考えなくてもいいです。しかし収益を上げたいと思ってブログを始める方がほとんどなので、収益性を考えて記事を書いていった方がいいでしょう。

承太郎
収益化できるキーワード選定をするべきです!

雑記ブログはキーワード選定だけで稼げる

雑記ブログはキーワード選定だけで稼げる

雑記ブログで100記事書いても稼げない理由がなんとなくわかったと思います。

とにかくキーワード選定ができていないと稼げないのですが、逆を言えばキーワード選定ができれば稼げてしまいます

  1. キーワードは自分のブログの唯一の架け橋
  2. 読者の検索意図を考える
  3. キーワードの成約までの距離を考える

こちらの3つのテーマを一つひとつ解説していきます。

キーワードは自分のブログの唯一の架け橋

キーワードとはなんなのか?ということを改めて考えてみましょう。

キーワードは顔も名前も性別も職業も何もわからない人と、自分が書いた記事を繋げる唯一の架け橋です。

キーワード選定がしっかり出来ていないと、あなたは僕のブログにたどり着いていません。なので、この記事はキーワード選定ができているということになりますね。

しかしキーワード選定が出来ていないと、めちゃくちゃ頑張って書いた記事でも読んでくれません。

キーワードというのは、誰かもわからない人が自分のブログに訪問してくれる架け橋です。

真っ暗道の照明とも考えられますね。真っ暗道なので、そこに道があることすらわかりません。しかしキーワードという照明が照らしてくれるおかげであなたの記事に辿り着けるのです。

なので、キーワード選定が出来ていないとあなたのブログに辿り着きたいと仮に思ったとしても辿り着けないのです。

つまり、キーワード選定がしっかりできていれば多くの人を集めることが出来ますし、ターゲットを絞ることができます。

承太郎
キーワード選定が出来ていないと読者はあなたのブログに辿り着くことができません!

読者の検索意図を考える

続いて、キーワード選定をする際に読者の検索意図を考えます。

この検索意図というのは、読者はなんでこのキーワードで検索をしたのだろう?ということを考えるというものです。

例えば、あなたがマッサージ屋さんを経営しているとします。

90分間体をマッサージしているサービスの料金が3000円のお店のお客さんの意図は「安くマッサージを受けたい。」「気軽に疲れをとりたい。」だと考えられます。

そのようなお客さんに対して月額5万円のスペシャルマッサージのプランを紹介しても、おそらく契約されないと思います。

なぜならお客さんの意図は「安くマッサージを受けたい。」「気軽に疲れをとりたい。」だからです。

安くマッサージを受けたいと思っている方は、収入がそこまで高くないけど日頃の疲れを癒したいから90分3000円のマッサージに訪問したと考えられます。

しかしこれが銀座にある90分3万円のマッサージ店なら話は別です。

90分3万円のマッサージ店のお客さんはある程度収入があり、高品質のマッサージを求めていることが予想されるので、月額5万円のスペシャルマッサージのプランを紹介しても契約してもらえる可能性があるのです。

というように、同じマッサージ店でもお客さんの訪問する意図が異なれば商品の売れ行きは変わってきます

キーワード選定というのはある程度読者の方の悩みを把握することができます。

「ダイエット 1週間 お腹」で検索をする人はどんな検索意図があるのか考えてみると、近々好きな人とデートをする女性だったり、数日後に水着の撮影があるモデルかもしれません。

というように、ある程度キーワードで悩みを把握することができます

「ウォーターサーバー 子供やけど」というキーワードで検索をしてくる人は、小さな子供がいて過去に火傷したり、火傷しそうになった経験が父親か母親が検索をしていると考えられるので、チャイルドロック付きのウォーターサーバーを紹介すると成約されるかもしれません。

というように、キーワード選定をする際に読者はなぜこのキーワードで検索をするのか?という検索意図を考えてみましょう。

そうすると、記事内でどのような内容を書けばいいのか?という問題も解決させることができます。

承太郎

キーワードの成約までの距離を考える

最後にキーワードの成約までの距離を考えることも重要になります。

キーワードによって成約までの距離が近いものと遠いものがあり、以下のキーワードは成約までの距離が近いです。

  • おすすめ
  • 手順
  • 比較
  • 商品名(サービス名)
  • 始め方
  • 使い方
  • 買い方
  • 選び方
  • 最安値
  • 口コミ
  • レビュー
  • 感想

これらのキーワードで上位表示されると商品やサービスが成約されやすいのです。

「プログラミングスクール おすすめ」で検索をする人はプログラミングスクールに入ろうと考えている人ですし、「ブログ 始め方」で検索する人はブログを始めようと思っている人なので、お名前.comやサーバーの案件が成約されやすいです。

「MacBookAir 最安値」で検索する人はMacBookAirの購入を考えている人ですよね。

というように、キーワードによって成約までの距離が近いものと遠いものがあるので、雑記ブログの収益を上げたいのであれば、成約までの距離が近いものを選ぶといいでしょう。

承太郎
例えば、Amazonで販売しているモバイルバッテリーを「レビュー」「感想」「口コミ」「最安値」で記事を書くだけでも収益は上がるよ!そして書いた記事を「モバイルバッテリー 選び方」「モバイルバッテリー 比較」等のキーワードでまとめるとさらに収益が上がります!

雑記ブログで100記事以降の記事の書き方

雑記ブログで100記事以降の記事の書き方

ここまでの戦略で雑記ブログの収益は向上するはずです。

しかし100記事書いても収益が上がらなかった方もいると思いますので、もっと具体的に収益を上げる方法を解説していきます。

  1. たくさんアクセスを集めてアドセンスで稼ぐ
  2. ASPを成約させる記事を書く
  3. 収益記事を書いてみる

こちらの3つのテーマを一つひとつ解説していきます。

たくさんアクセスを集めてアドセンスで稼ぐ

まずはたくさんアクセスを集めてアドセンスで稼ぐ方法です。

この方法はライバルがあまりいない検索ボリュームがあるキーワードでひたすら記事を書く方法です。

これは数勝負にはありますが、初心者でも稼ぐことができる戦略です。

ちなみにアドセンスで稼ぐための必要なキーワード選定の3つの条件があるのですが、

  • 3語キーワード
  • 検索ボリューム100-1000
  • intitle100以下

こちらの条件を守ればアクセスが面白いように集まります。

承太郎
ブログ初心者が効率よくアクセスを集める3つのキーワード選定の条件は「【完全無料】雑記ブログで月1万円を稼ぐための完全ロードマップ【超初心者向け】」で解説しています!

ASPを成約させる記事を書く

ASPを成約させる記事を書くと収益が一気に上がります。

ASPの成約については「【報酬額35万円】VODアフィリエイトで稼ぐ方法とキーワード選定【作品名+無料は稼げない】」で詳しく解説していますが、100記事書いても稼げていない方はアドセンスに固執している可能性が高いですね。

ASPを扱うことで収益化の幅が広がります。自分が使っている商品や購入を考えている商品を欲しいと思っている人はどんなキーワードで検索をするか?を考えてみましょう。

これが検索意図を考えるということですね。

承太郎
検索ユーザーの悩みが分かればこっちのものです!

収益記事を書いてみる

収益記事を書いてみるのも収益を上げるために大事になってきます。しかし僕は雑記ブログでは収益記事を書いていないので、書かなくても収益を上げることは可能です。

ですが、収益記事を書いた方が収益は上がります。

収益記事というのは、収益化させる記事です。

例えば、「バッドマン 見る順番」で記事を書いた時に、バッドマンの映画を見る順番だけ書いてしまってはもったいないです。

そもそもバッドマンの映画を見る順番について検索くる読者はバッドマンの映画を見たいと思っている人なので、VOD案件を紹介することができます。

しかしバッドマンの映画の順番を知りたいと思って検索してきているので、いきなり「こちらのVODでバッドマンが今すぐ見れます!」と宣伝されても困ってしまう読者もいるはずです。

そこでVODの収益記事を書くのです。つまり収益記事というのはレビューや感想、使い方、始め方をまとめた読者の不安を取り除き背中を押す記事ということになります。

この収益記事があるだけでも本来は成約されるはずだった読者の取りこぼしを防ぐ効果がありますので、是非チャレンジしてみてください。

ブログは親切な人が稼げるものだと思っております。

お店の場所を聞かれて「3つ目の信号を左です」だけではなく、スマホを取り出してGoogleマップで場所を教えたり、お店まで直接案内する方がお店の場所を聞いてきた人は「この人親切だな〜。」と思ってくれると思います。

先ほどの「バッドマン 見る順番」で検索してきた人に対して「このVODで今すぐ見れます!」だけではなく、VODの登録の仕方や料金システム、無料期間や使い方をまとめた収益記事を紹介した方が読者のためになるはずです。

承太郎
ここまでの内容で100記事書いて収益が上がらなかった人も上がるようになりますね!

雑記ブログはキーワード選定次第で稼げる!

雑記ブログで100記事書いても稼げなかった方に向けて、これからどうやって稼げばいいのかについて解説してみました。

大事なのはキーワード選定です。まずはあなたのブログに検索ユーザーが訪問するための橋を架けましょう。

ブログ初心者におすすめキーワードはロングテールキーワードです。このロングテールキーワードで記事を書く方法を知っているかどうかで収益に大きな違いが生まれます。

承太郎
ロングテールキーワードについては「【選定のコツ】ロングテールキーワードの選び方【SEO対策】」で詳しく解説しています!

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】