初心者がブログで1000文字書けない4つの原因

【テンプレ公開】初心者がブログで1000文字書けない4つの原因

悩み人
ブログで1000文字書けない時はどうすればいいの?ものすごい時間がかかっちゃうから、記事を書くのが大変・・・。

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

結論、ブログで1000文字書けない原因はリサーチ不足です。

リサーチすれば書けますし、しなければ書けません。

そこでブログで1000文字書けない原因や対処法について解説していきます。

本記事では、ブログで1000文字書けない方に、原因やコツを解説します。

こちらのページを読み終える頃には、ブログで1000文字以上書けるようになり、ブログで収益化させることが可能になります。

承太郎
もし文字数が増やせない方は参考にしてみてください!

ブログで1000文字以下の記事は意味がない

ブログで1000文字以下の記事は意味がない

そもそもブログで1000文字以下の記事は書いてもあまり意味がありません。

日記ならいいのですが、ブログで稼ごうと思っているなら、1記事1000文字では足りません。

その理由として、

  1. SEO的に良くない
  2. 読者が満足しない
  3. 最低でも2000文字は書く

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

SEO的に良くない

まずは1000文字以下の記事はSEO的によくありません。

狙ったキーワードにもよるかもしれませんが、1000文字程度ではGoogleは良い評価をしてくれません

なので、記事を書いたとしても上位表示されず、誰にも読まれない記事が完成してしまいます。

解決策としては、1000文字程度の記事を3つ作るのがいいでしょう。

もちろんテーマを合わせる必要がありますが、1日に1000文字程度の文章を3つ合わせれば、3000文字の記事が完成します。

本記事を例に挙げると、

  • 見出し:ブログで1000文字以下の記事は意味がない
  • 見出し:初心者がブログで1000文字書けない4つの原因
  • 見出し:初心者がブログで1000文字以上書く3つのコツ

見出しはこちらの3つです。

この見出しを一つの記事として、1日に一つ書いていくといいです。

スケジュールとしては、

  • 1日目:タイトルと3つの見出し作成
  • 2日目:一つ目の見出し(1000文字)
  • 3日目:二つ目の見出し(1000文字)
  • 4日目:三つ目の見出し(1000文字)
  • 5日目:文字の装飾や画像挿入

このようなスケジュールで記事を書いていくといいですね。

1記事1000文字程度で投稿していくなら、5日かけて3000文字の記事を書いた方がGoogleから評価されやすいです。

承太郎
上位表示を狙うなら、ある程度の文字数が必要です!

読者が満足しない

続いて、文字数が1000文字程度だと、読者が満足しません。

こちらもキーワードによりますが、仮に「スマホ おすすめ」というキーワードを狙ったとして、1000文字でおすすめのスマホを紹介することができるでしょうか。

かなり難しいですよね。

無理矢理1000文字でまとめても、かなり情報が薄くなるので、1000文字では読者が満足する記事作りはできません

なので、読者が満足する記事を書くためにも、ある程度文字数が必要になるのです。

承太郎
1000文字では読者が満足する記事は作れません!

最低でも2000文字は書く

もし1000文字程度くらいで伸び悩んでいる方は、2000文字を目標に記事を作成していきましょう。

次に3000文字と、だんだんと多くの文字数の記事を書けるようになりましょう。

なので、初心者の方は、まず2000文字を目標に記事を書きましょう。

ちょっと宣伝

1000文字程度しか書けない・・・と悩んでいる方は、「【240万円稼いだプロブロガーが教える】50記事以上書いても1万円に届かない人がやるべきSEO文章術」で僕が1記事平均5000文字書いている戦略と実際の記事を公開しています。

初心者がブログで1000文字書けない4つの原因

初心者がブログで1000文字書けない4つの原因

初心者の方がブログで1000文字書けない4つの原因を紹介します。

こちらの原因が当てはまっているのであれば、克服していきましょう。

  1. 知識が頭に入っていない
  2. 読者のことを考えていない
  3. 適当にキーワードを選んでいる
  4. 稼ぎたい欲がダダ漏れ

これらの原因を一つ一つ解説していきます。

知識が頭に入っていない

まずは、記事にする内容が頭に入っていないことが原因だと考えられます。

  • アクセスが集まるから
  • ライバルが少ないから
  • 収益化されるから

このような理由でキーワードを選定し、特に調べもせず、上位に表示されている記事を参考にしていると、文字数がかなり少なくなります。

なぜなら、参考にしている記事の文字数が3000文字なら、絶対に3000文字以上は書けないからです。

予備知識があれば、参考にしている記事に加えて情報を書くことができるので、文字数は増えます。

しかし知識がない状態で参考にしている記事よりも、多くの文字数で記事を書くことは絶対にできません。

なので、記事を書く前に一度調べる癖をつけるべきです。

僕の場合は、キーワード選定をしたら、

  • 上位のサイトを10個ほど読む
  • 書籍や雑誌を読む
  • YouTubeで動画を見る

これらのことは最低限します。

個人的にはYouTubeを参考するのがいいと思っています。

めちゃくちゃわかりやすいですし、動画配信をしている人の経験を用いて話していることが多いので、参考になります。

承太郎
記事を書く前に、まずは知識をつけよう!

読者のことを考えていない

読者のことを考えないで記事を書くと、文字数が極端に少なくなる場合があります。

読者にわかりやすく記事を書くなら、こちらでまとめている「【例文あり】ブログで使えるPREP法の具体例と書き方【SEO対策】」などのフォーマットを使うといいです。

しかし、このようなフォーマットを使うと、ある程度文字数が必要になります。

PREP法は、

「Point:結論」
「Reason:理由」
「Example:具体例」
「Point:結論」

PREP法

こちらの順番で記事を書いていくのですが、1000文字程度だと具体例が入っていなかったり、結論を2回入れなかったりなど、読者に伝わりづらい文章構成になってしまう可能性があります。

なので、読者のことを思った記事を書こうと思ったら、自然と1000文字は超えます。

PREP法を使うと、1000文字以上の記事を書くことが可能になります。

承太郎
読者のことを思った記事作りも意識しましょう!

適当にキーワードを選んでいる

もしかしたら適当にキーワードを選んでいるから、1000文字も書けないのかもしれません。

やはり記事を書く上で、キーワード選定はめちゃくちゃ重要です。

むしろをキーワード選定ができれば、ブログである程度稼ぐことが可能になります。

このキーワードを適当に選んでしまうと、記事にする情報が少なすぎて、1000文字も届かない記事になってしまうのです。

例えば、こちらの記事は「ブログ 1000文字 書けない」で集客をしているので、こちらのキーワードに近しいキーワードで検索をしてくださったのだと思います。

「ブログ 1000文字 書けない」で記事を書くということは、こちらのキーワードで検索をする人はどのような悩みがあるのか?を考える必要があります。

  • 最近ブログを始めたけどどうやって記事を書けばいいの?
  • 1記事で1000文字以上書けないんだけどどうすればいいの?
  • 1000文字以上書くためのコツって何かないかな?

このような悩みがあって検索をします。

なので、検索ユーザーに対して最低限、

  • ブログで1000文字以上書けない原因
  • ブログで1000文字以上書くためのコツ

こちらの2つは絶対に入れるべきです。

というように、キーワードを選定すると、検索ユーザーの悩みが浮き彫りになります。

なので、その検索ユーザーの悩みに回答する記事を作成することで、1000文字以上の記事を書くことが可能になるのです。

つまり、検索ユーザーが求めていることがわかれば、自然と文字数が1000文字を超えます。

承太郎
稼ぐキーワード選定については「【完全マニュアル】ブログ収益化させるキーワード選定の3つの戦略【徹底解説】」で詳しくまとめています!

稼ぎたい欲がダダ漏れ

ブログで稼ぎたい気持ちが強すぎて、収益キーワードで記事を書いている可能性があります。

収益キーワードとは、収益が上がるキーワードということになります。

つまり、成約されやすく読者の購買意欲が高いキーワードです。

「ニキビ 原因」よりも、「ニキビ 治し方」の方が、ニキビを治す商品が売れやすいです。

なので、ブログで稼ぎたいのであれば、収益キーワードでも記事を書くべきなのですが、商品について詳細を知らないと、文字数は少なくなります。

売れやすい商品を選んでからキーワード選定をするのは間違っていません。

ですが、自分が使ったことがある商品や、今後購入しようと思っている商品に限定して記事を書いてみるといいかもしれません。

承太郎
稼ぎたい気持ちはわかるけど、先に読まれる記事作りをマスターしましょう!

初心者がブログで1000文字以上書く3つのコツ

初心者がブログで1000文字以上書く3つのコツ

初心者がブログで1000文字以上書くコツについて紹介します。

  1. 記事のテンプレートを作成する
  2. 上位3つのブログをじっくり読む
  3. 周りの人より詳しくなる

こちらの3つのコツを一つ一つ解説していきます。

記事のテンプレートを作成する

まずは記事のテンプレートを作成するのが一番いいです。

テンプレートは「【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】」で紹介しています。

テンプレートがあると、ゼロから文章の構成を考える必要がなくなるので、時間短縮にもなります。

さらに、見出しを先に設定しておくと、自然と文字数が増えます。

僕の場合だと、見出し群を3つ作っています。

h2
-h3
-h3
-h3

この見出し群を3つ作成します。すると、自然と文字数が増えます。

本記事も見出し群が3つありますよね。他の記事も同じようにテンプレートをもとに記事を書いています。

承太郎
テンプレートがあると記事が書きやすいし、文字数も自然と増えます!

上位3つのブログをじっくり読む

文字数が少ない原因で「知識が頭に入っていない」とお伝えしました。

なので、記事を書く前に知識を入れます。

先ほど解説した、

  • 上位のサイトを10個ほど読む
  • 書籍や雑誌を読む
  • YouTubeで動画を見る

こちらの3つはやった方がいいですが、まずは狙ったキーワードで検索をして、上位3つのサイトをじっくり読んでみてください

そこから知識を得て、わからないことがあれば、その都度、調べて知識を入れていきましょう。

承太郎
記事を書くために、知識は絶対に必要です!

周りの人より詳しくなる

どのくらい知識を貯めればいいのかというと、周りの人よりも詳しくなる程度で十分です。

専門家並みに調べた方が稼ぎやすくなりますが、周りの人よりも詳しくなるくらいで十分だと思います。

例えば、僕は他のブログで、ゲーミングモニターについて記事を書いているのですが、

  • 応答速度の速さ
  • リフレッシュシート
  • 液晶パネルの種類

これらの詳細は省きますが、このくらいの知識があれば、記事を書くことができます。

他に、画面の大きさや入力端子、付属品、保証期間など、その都度調べていくだけでも、十分な記事が出来上がります。

なので、記事を書く前に少し調べるだけでも、全然違った記事が出来上がります

承太郎
周りの人に説明できるくらい、情報を調べよう!

初心者でもブログで1000文字以上書ける!

本記事でまとめた内容だけでも、1000文字以上の記事を書くことができます。

まずはテンプレートを活用してみてください。

テンプレを使うだけで、自然と2000文字〜3000文字くらい書くことができるます。

ちょっと宣伝

1000文字程度しか書けない・・・と悩んでいる方は、「【240万円稼いだプロブロガーが教える】50記事以上書いても1万円に届かない人がやるべきSEO文章術」で僕が1記事平均5000文字書いている戦略と実際の記事を公開しています。

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】