ブログ記事の読みやすい文章構成の手順

【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】

悩み人
ブログで稼ごうと思ってブログ開設したのだが記事を書くのが難しくて苦戦してる。どうやって書けばいいのかな?

こちらの疑問を解決します。

  • 読みやすい文章を書くテンプレート公開
  • 記事を書く前に必ずやるべき2つのこと

ブログの記事を書くのはセンスが大事だと思われるかもしれませんが、テンプレートがあれば誰でも記事を書くことができます

このテンプレートは読みやすい文章を書くのにめちゃくちゃ便利なので、構成を0から考える必要がありません。

ブログ初心者の方は当ページで紹介しているブログ記事の書き方テンプレートを参考にして記事を書いてみてください。

承太郎
テンプレートはコピペしてパソコンのメモ帳に貼り付けていつでも使えるようにしておいてください!

では、ブログ記事の読みやすい文章を書く方法を紹介していきます。

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【収益爆増】AFFINGER6がSEOに最強な8つの理由【Action】

【テンプレート】ブログ記事の読みやすい文章構成

ブログ記事の読みやすい文章構成

まずブログ記事のテンプレートを紹介します。

最後まで読まれる記事のテンプレート

最後まで読まれる記事のテンプレート

(0)タイトル

(1)冒頭
リード文

(2)本文
H2見出し
リード文
H3見出し
本文
H3見出し
本文
H3見出し
本文

H2見出し
リード文
H3見出し
本文
H3見出し
本文
H3見出し
本文

H2見出し
リード文
H3見出し
本文
H3見出し
本文
H3見出し
本文

(3)まとめ
記事のまとめ

承太郎
コピペしてメモ帳に保存しておいてください!

こちらのテンプレートをもとに記事を構成すると簡単に文章を書けるようになります

承太郎
(0)アクセスが集まるタイトルの付け方については「【SEO効果あり】ブログ記事のタイトルの決め方のコツと文字数」で詳しく解説しています!

【テンプレート】ブログ記事の読みやすい文章構成 2

こちらの【選定のコツ】ロングテールキーワードの選び方【SEO対策】の目次なのですが、テンプレート通りに文章が構成されています。

冒頭のリード文は記事の内容について触れて、どんなことがまとめているのかについて簡単に読者に伝えます。

どんなことが書かれているのかわからない記事は読者は読みませんし、自分が探している情報がないと判断したら離脱されます。

なので、選定したキーワードをもとに検索意図を考え冒頭のリード文で読者が逃げないように「この記事にはあなたが探してる情報があるよ!」と知ってもらう必要があります。

経験があると思いますが、検索して出てきた記事を最初から最後までしっかり読んだ事はないと思います。

というように、あなたのブログも例外ではなく、最初から最後まで読んでくれる事はありません。

承太郎
リード文で読者に知りたい情報があることを伝え記事を読んでもらいましょう!詳細は「【SEO効果あり例文】ブログ記事のリード文の書き方のコツ【WordPressライティング】」で!

H2見出しは基本的に3つ入れると文章が読みやすくなりますし、文字数も3000文字を超えるような記事ができるはずです。

さらにH3見出しを準備することによって、読者が読み安くなります。

一つのH2見出しで1500文字でまとめるよりも、H3見出しで500文字ずつまとめた方が読者は読みやすくなります。

この読みやすくなるというのがポイントで、文字で埋められている記事はあまり読まれません。

画像を入れたり装飾をしたり、僕の場合は会話文を入れることによって読者が読みやすい文章というのを心がけています

承太郎
会話文は目に止まりやすいから読んで欲しい文章を入れると読まれる確率が上がります!

テンプレートを用いて読みやすい記事を書く手順

テンプレートを用いて読みやすい記事を書く手順

続いて、先ほどのテンプレートを用いて読みやすい文章を書く手順を紹介します。

手順と言っても上から、

  • 冒頭
  • 本文
  • まとめ

こちらの順番で記事を書いていきます。

ブログ記事構成:冒頭

冒頭はリード文を書きますが、このリード文は記事を読んでくれるかどうかを判断する大事な箇所なので、しっかり書いていきましょう。

具体的にリード分は、

  • 読者が抱える疑問や悩みは?
  • 疑問や悩みを解決する方法は?
  • 記事を読んだら読者はどうなるのか?

記事の冒頭であるリード分はこれらのことについてまとめるようにしましょう。

当ページを読んでくださっている方の悩みは「読みやすい文章が書けずに悩んでいる」というものです。

さらに言うと、もっと簡単に読みやすい文章を書きたい、テンプレートがあれば欲しいと思っている方がこちらの記事を読んでくださっていると思うので、冒頭で読みやすい文章のテンプレートを紹介することをリード文で書きました。

こうすることによってリード文以降の文章を読んでくれるようになるのです。

承太郎

ブログ記事構成:本文

本文は見出しと本文で構成されていますが、H2見出しの後にリード文を入れていきます。

冒頭のリード文と一緒で、

  • 読者が抱える疑問や悩みは?
  • 疑問や悩みを解決する方法は?
  • 記事を読んだら読者はどうなるのか?

これらをまとめてリード文にしましょう。

本文は検索してきた読者に対して疑問や悩みを解決させる大切な文章なので、しっかり書きたいところですが、こちらも書き方があります。

PREP法(プレップ)と呼ばれる構成で文章を書くことによって読者にわかりやすく記事の内容を伝えることができます。

  • 結論(Point)
  • 理由(Reason)
  • 具体例(Example)
  • 結論(Point)

こちらの順番で記事を構成することによって読者にわかりやすい文章を書くことができます。

承太郎
PREP法の詳しい使い方は「【例文あり】ブログで使えるPREP法の具体例と書き方【SEO対策】」をご覧ください!

ブログ記事構成:まとめ

最後にブログのまとめを書いていくのですが、ここまで読んでくださった読者は次の行動を起こしてくれる可能性が高いです。

次の行動というのは人によってはアフィリエイト広告で紹介している商品やサービスの成約に繋がったり、Twitterをフォローしてくれたり、関連記事を読んでくれたりと、読者の方が次に何かしらの行動をしてくれる可能性が高いです。

そこでまとめでは、

  • 記事の要約
  • 読者が起こすべき行動を指示
  • 関連記事の紹介

この3つをまとめでまとめてあげます。

記事の要約というのは、記事を書いた大事なところを簡潔にまとめてあげます

読者が起こすべき行動を指示というのは、当ページであれば文章の構成をまとめテンプレートも紹介したので、「文章が書けない」から「書き方がわかった」にレベルアップしたので、実際に文章を書くような行動を指示、後押ししてあげると読者は行動に移してくれるかもしれません。

さらに読者は文章の書き方がわかったものの、何を書いたら良いのかわからないという状況に陥っている可能性も考えると、まとめに「アクセスが集まるキーワード選定方法」というような記事を紹介すると読んでくれる可能性が高まります。

これが関連記事の紹介というものですね。

人は何か知識を得たらそれを実践したいと思うものですし、新しい知識を得たら再び疑問が生まれるものです。

このまとめで読者の行動をこちらである程度操ることが可能になるので、「この記事を読んだ読者は次に何が気になるか?」をしっかり考えてあげて関連する記事を内部リンクすると読んでくれる可能性が高まります。

承太郎
読まれている記事だけで完結させず、読者は次に何が気になるのか?を徹底的に考えてみましょう!

読みやすいブログ記事を前にやるべきこと

読みやすいブログ記事を前にやるべきこと

テンプレートで読みやすい記事の書き方について紹介しました。

ですが、もっと読みやすいブログ記事を作成するために大切な、記事を書く前の準備について解説します。

  • キーワード選定
  • 検索意図

こちらの2つをしっかり行っていくことで、読みやすいブログ記事を作成することができます。

一つ一つ解説していきます。

記事を書く前の準備:キーワード選定

ブログ記事を作成する前に必ずキーワード選定を行いましょう。

キーワード選定を行わないとタイトルも見出しも決まりませんので、テンプレート通りに記事を作成することができません。

なので、記事を書く前にキーワード選定を行いましょう

キーワード選定というのはアクセスを集めるためにとても重要で、ブログ初心者はロングテールキーワードで記事を書く必要があります。

承太郎
ロングテールキーワードについては「【選定のコツ】ロングテールキーワードの選び方【SEO対策】」で詳しく解説してます!

記事を書く前の準備:検索意図

キーワード選定ができたら次に検索意図を考えていきます。

検索意図というのは検索ユーザーが何を考えているのか?を考えることを言います。

つまりキーワードというのは検索ユーザーの考えをキーワードにしたものなので、キーワードから読者のある程度の悩みを考えることができるのです。

承太郎

検索意図には2種類あり、

  • 顕在ニーズ:読者が自身で把握しているニーズ
  • 潜在ニーズ:読者が自身で把握していないニーズ

この2つがあります。

当ページ「【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】」で言うと、

  • 顕在ニーズ:ブログ記事を書けるようになりたい
  • 潜在ニーズ:記事を書く時間を短縮したい

こんな感じです。

本来はブログ記事を書けるようになりたいと思って当ページを読んでくださっていると思いますが、本当は記事を書く時間をもっと短縮させたい!という潜在ニュースがある場合があります。

このようにキーワード選定をすることにより検索意図がわかるようになるので、どのような文章を構成していけば良いのかがわかるようになるのです。

承太郎
キーワード選定→検索意図の把握→記事を書く、この順番じゃないとブログで稼ぐことは不可能です!

ブログ記事の読みやすい文章構成のまとめ

読みやすいブログ記事の書き方についてまとめました。

テンプレートは、

(0)タイトル

(1)冒頭
リード文

(2)本文
H2見出し
リード文
H3見出し
本文
H3見出し
本文
H3見出し
本文

H2見出し
リード文
H3見出し
本文
H3見出し
本文
H3見出し
本文

H2見出し
リード文
H3見出し
本文
H3見出し
本文
H3見出し
本文

(3)まとめ
記事のまとめ

承太郎
テンプレは是非保存しておいてください!

次の記事【徹底解説】初心者が1万円のブログ収益化を実現させるロードマップ

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】