ブログ記事のリード文の書き方のコツ

【SEO効果あり例文】ブログ記事のリード文の書き方のコツ【WordPressライティング】

悩み人
リード文はSEOに効果があるって聞くけどどうやって書けば良いの?コツとかはあるの?

こちらの疑問を解決します。

  • リード文の意味
  • SEOに効果があるリード文の書き方
  • 誰でも書けるリード文のテンプレート
承太郎
リード文はSEOに効果がある、つまり検索上位に表示させるために結構重要です!

ライティングスキルはブログで稼ぐために必須のなのですが、初心者でもテンプレートを使えば誰でも文章を書くことができます。

リード文の書き方を身に付けることによって、

  • SEOに強いブログ記事を書くことができる
  • ブログにアクセスが集まるようになる
  • ブログで収益を上げることができる

これらができるようになります。

承太郎
リード文のテンプレートも紹介しているので、是非活用してみてください!

それでは、SEOに効果のあるリード文の書き方について紹介します。

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【収益爆増】AFFINGER6がSEOに最強な8つの理由【Action】

リード文の意味って何?

リード文の意味って何

そもそもリード文とはどのような意味があるのでしょうか?

リード文とはブログ記事の冒頭の文章のことを言い、そのブログ記事の顔と言っても過言ではないでしょう。

お店で言うと外観、人で言うと顔、ブログ記事で言うとリード文ということになります。

やはり最初の印象というのは大事なもので、リード文はそれ以降の文章を読んでもらえるかの鍵になります。

リード文は

  • リード文で読むかどうかの判断をする
  • リード文で滞在時間を伸ばしSEO対策ができる
  • リード文は適当に書くとブログの価値が下がる

こちらの3つの意味があります。

一つ一つ紹介します。

承太郎
本文をしっかり書いてもリード文がしっかり出来ていないと読んでもらえません!

リード文で読むかどうかの判断をする

まずはリード文の出来によって本文を読んでくれるかどうかが変わってきます。

リード文が書けていれば本文を読んでくれますし、リード文ができていなければ本文は読んでくれません。

めちゃくちゃ頑張って書いた本文でもリード文ができていなけえれば読んでくれないのです。

なぜなら基本的に読者はブログ記事を最初から最後まで読んでおらず、装飾されている文章や見出しを見て、その前後をなんとなく読んでいるからです。

リード文はブログ記事の顔となるので、その顔の印象が悪ければ本文を読んでなんてくれません

外観が汚いお店には入ろうと思いませんし、ムスッとしていて不機嫌な顔の人と話そうとなんてしません。

ブログ記事のリード文はそのような意味があるので、リード文はしっかり書きましょう。

承太郎
リード文は記事の顔!読まれる努力が必要だね!

リード文で滞在時間を伸ばしSEO対策ができる

SEO対策としてブログの滞在時間が関係しています。

この考え方は超簡単で、自分が欲しい情報があれば読みますし、なければすぐに離脱するので滞在時間に直結します

つまり、有益な情報がまとめてあるブログは滞在時間が伸び、有益な情報がなければ離脱率が高くなるので滞在時間が短くなります。

なので、滞在時間の向上はSEO対策になります

リード文はブログ記事の顔になるとお伝えしましたが、リード文が出来ていないとすぐに離脱されてしまうので、冒頭の記事であるリード文こそしっかり書くべきなのです。

承太郎
滞在時間を伸ばすために記事の文字数を増やそうとする人がいるけど全部読んでる人はいません!いかに読者に有益な情報を提供するか、読者に有益な情報を提供していることをリード文で示すかが重要です!なので、文字数は直接的にはそこまで関係ありません!

リード文は適当に書くとブログの価値が下がる

リード文は適当に書いてしまうとブログの価値が下がってしまいます。

なぜ下がるというと、何度もお伝えしているようにすぐに記事から離脱してしまうからです。

すぐに離脱してしまうとGoogleは価値がないブログだと判断してしまうので、リード文をしっかり書くというのはブログで稼ぐ上でとても重要なことです。

しかもリード文をしっかり書いていないブログが割と多いので、ライバルと差をつけられるのはリード文になります。

承太郎
リード文はとても重要です!上位表示されてる記事と2ページ目以降の記事を見ると、リード文の質で差が開いていることがわかります!

SEO効果のあるリード文の書き方のコツ

SEO効果のあるリード文の書き方のコツ

続いて、SEOに効果のあるリード文の書き方のコツについて紹介します。

SEOに効果があるリード文というのは、本文を読んでくれる、つまり滞在時間を伸ばすリード文の書き方ということになります。

  • 検索意図を明確にする
  • ベネフィットを伝える
  • まとめている内容を明確化する

これらのについて解説をしていきます。

検索意図を明確にする

まずは読者の検索意図を明確にしましょう。

検索意図というのは選定したキーワードで検索してくる読者は何を求めているのか?を考えるということです。

検索の意図はなんなのか?を考えるということになります。

この検索の意図はキーワード選定をしないと明確にすることができないので、リード文を書くことができません。

なので、まずは検索意図を分析する方法が必要になります。

関連記事【キーワード分析方法】検索意図がSEO対策で重要な理由と考え方【ペルソナ設定】

例えば、「MacBook 最安値」と検索をする人はMacBookを安く購入したいという検索意図が見えますよね。

「ブログ 始め方」はブログの始め方について調べている人ですし、「ブログ リード文 書き方」ならブログ記事のリード文の書き方について調べている人です。

承太郎
この検索意図が明確になれば読者にベネフィットを伝えることができます!

ベネフィットを伝える

検索意図がわかれば読者にベネフィットを伝えることができます。

ビジネス用語でベネフィットは利益をされていますが、今回の場合は検索する読者の意図が明確になれば、その答えがブログ記事にあるということがベネフィットになります。

つまり、「ブログ リード文 書き方」と検索してきた読者に対して、当ページのリード文でまとめたように、

  • リード文の意味
  • SEOに効果があるリード文の書き方
  • 誰でも書けるリード文のテンプレート

このように紹介してあげると、読者は自分が知りたい情報がここにある!と思ってくれるので本文を読んでくれるのです。

承太郎
キーワード選定→検索意図の把握の順番でやっと記事が書けるから、リード文をしっかり書くには手順が大事です!

まとめている内容を明確化する

リード文では本文で何が書かれているのか?短い文章でしっかり伝えることが重要になります。

たまにただの日記のようなリード文とも言えない冒頭文を書いている方がいますが、記事を書いている方がめちゃくちゃ有名な方なら本文を読んでくれるかもしれません。

しかしほとんどの方が有名な方ではないので、リード文では本文に何がまとめてあるのかを明確に読者に伝えることで読んでくれる可能性を高められるのです。

承太郎
リード文で読者に読むメリットを伝えることが重要です!読むメリットを伝えるには検索意図がわかっていないいけません。検索意図については「【キーワード分析方法】検索意図がSEO対策で重要な理由と考え方【ペルソナ設定】」で詳しく解説しています!

リード文のテンプレ公開

リード文のテンプレ公開

そこでリード文のテンプレートを紹介します。

読者の疑問

読者の疑問

僕の場合は会話文でリード文に読者の疑問をまとめています

こちらの方が分かりやすいと思って会話文にしているのですが、必ず会話文にする必要はありません。

リード文の最初に検索意図を考え、その疑問をそのまままとめます。

「MacBook 最安値」ならMacBookをとにかく安く買いたいんだけど良い通販サイトはないかな?できたら新品で最安値で購入できる通販サイトが知りたい!というようなリード文になるかもしれません。

承太郎
読者の疑問がズレていると読んでくれないから検索意図を把握するのはとても重要なんです!

解決策や読むメリット提示

解決策や読むメリット提示

読者の疑問を書いたら次に解決策や読者が本文を読むメリットについてまとめます。

当ページの場合は、リード文の意味やSEOに効果があるリード文の書き方、リード文のテンプレートが本文でまとめてあることを伝えています。

これが「ブログ リード文 書き方」などで検索をしてきた読者に対してのベネフィットとなります。

このように検索意図を明確にすることでベネフィットを伝えることができるので、リード文のテンプレ通りに文章を書きたいのであれば、キーワード選定からしっかりやる必要があります。

承太郎
キーワード選定についてまだ知識が浅い方は「【選定のコツ】ロングテールキーワードの選び方【SEO対策】」も合わせてご覧ください!

権威性と根拠

権威性と根拠については誰がブログ記事を書いているのか?ということを明記します。

この部分は人によって実績が変わってしまうので、ブログ初心者はまだ書かなくても良いです。

実績ができてから記載する形でも全然良いですが、自分がこれは誇れる実績ではないと思っても、読者からしたらすごい!と思われる実績の可能性もあります。

なので、小さい実績と思ってもリード文に記載するのはアリですね。

承太郎
現時点で実績がなくても今後追記すれば問題ないよ!

記事を読んだ後の読者

記事を読んだ後の読者

キーワード選定し検索意図が分かりベネフィットを伝えたら、読者にブログ記事を読んだらどうなるのか?を具体的に伝えます

記事を読んだらどうなるのかがわかると読者も本文を読み進めてくれます。

このトレーニングをしたら憧れのモデルのような体型になれる!というモチベーションでダイエットをします。

本業の収入だけでは生活が厳しいからブログを始める人がいれば、ブログを始めたらどうなるのかを具体的に記してあげないと始めません。

というように、この記事を読んだらあなたは〇〇になります!と伝えるのはとても重要なことになります。

承太郎
読者がこの記事を読んだらどうなるのか?がしっかり書かれていると読んでみよう!と言う気持ちになりますね!

読者の行動を後押し

読者の行動を後押し

最後にブログ記事を読んでくれるように後押しします。

僕の場合はテンプレートを公開しているということで、本文を読み進めていってもらおうという作戦です。

これは他の内容の記事でも応用が可能で、

  • 「たった1分で内容が理解できます!」
  • 「図解でわかりやすく解説してます!」
  • 「最後に無料でプレゼントしてます!」

などやり方は様々です。

一番リード文で使いやすいのは「たった1分で内容が理解できます!」というように、〇〇分で内容を理解できると時間を指定してあげるのが良いかもしれません。

承太郎
ここで過剰なことを書いてしまうと期待を裏切ってしまうから注意が必要です!

リード文の適切な文字数は?

リード文の適切な文字数

リード文の適切な文字数は300文字〜400文字です。

当ページのリード文は355文字でしたが、このくらいが長すぎず短すぎず読みやすいと考えております。

リード文ではダラダラ長い文章は避け、読者が本文を読んでくれるための看板として役割分担する必要があります。

リード文で有益な情報を提供しようと長々書いてしまうブログ記事をたまに見ますが、それでは読者は全部読まなくてはいけなくなるのでめんどくさいです。

有益な情報を書いていたとしても離脱されますので、リード文は、

  • 短く
  • 簡潔に
  • わかりやすく

こちらを意識して書いていきましょう。

承太郎
リード文の書き方が分かったら「【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】」で本文の書き方をマスターしましょう!

リード文の書き方のコツのまとめ

リード文の書き方のコツについてまとめました。

結論、リード文はキーワード選定と検索意図が分かっていないと書くことができないということになります。

検索キーワードに答えがあるので、しっかりキーワード選定をする必要があります。

しっかりキーワード選定をしないと、なぜこの人は僕のブログに訪れたのか?がわからないので、リード文のテンプレで紹介した、

  • 読者の疑問
  • 解決策や読むメリット提示
  • 権威性と根拠
  • 記事を読んだ後の読者
  • 読者の行動を後押し

これらを書くことができません。

キーワード選定で読者の検索意図を把握することによって本文を書くことができます。

本文でまとめる内容がわかればリード文で「このブログ記事ではこんなことについてまとめてます!」と書けるので、いきなりリード文を書くことは不可能です。

承太郎
SEO効果のあるリード文を書くならキーワード選定と検索意図をはっきりさせよう!検索意図の分析方法は「【キーワード分析方法】検索意図がSEO対策で重要な理由と考え方【ペルソナ設定】」でまとめてます!

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】