ブログで使えるPREP法の具体例と書き方

【例文あり】ブログで使えるPREP法の具体例と書き方【SEO対策】

悩み人
ブログでPREP法を使うと質の高い記事が書けると聞いたけどどうやって活用すればいいの?

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

  • PREP法の意味
  • PREP法を使ってブログを書く方法
  • PREP法を使うメリット3選
  • PREP法とペルソナ設定でGoogleに評価される方法

ブログの記事を書く方法で有名なのがPREP法ですが、稼いでいる方はほとんどの記事で意識して取り入れています

しかし初心者の方は思いつくままに記事を書いている人が多いと思うので、この機会にPREP法を自分のブログに活用してみましょう。

活用することで記事をスラスラ書くこともできますので、記事を書くスピードを早めたいのでればPREP法は絶対に使うべきです。

承太郎
PREP法は「Point:結論」「Reason:理由」「Example:具体例」「Point:結論」を記事に用いて書いていく方法です!

では、この記事を読み終えた頃にはPREP法を使えるようになるはずです。

PREP法とは?

PREP法とは

PREP法というのはブログ記事を書くときだけではなくプレゼンテーションなどにも使われる方法です。

つまり、PREP法は相手に何か情報を伝えたいときに使われる文章フォーマットなので、ブログ記事やプレゼンの時に使われるのです。

  • PREP法は4つの項目に分けられる
  • PREP法を使った簡単な例文

こちらの2つについて一つ一つ解説していきます。

PREP法は4つの項目に分けられる

PREP法は4つの項目に分けることができ、

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:具体例
  • Point:結論

この4つに分けられます。

この4つに分けて文章を構成することによって相手により伝わりやすい文章を書くことができますし、ブログ記事だと相手に商品やサービスを販売する時や悩み、疑問を解決させるお役立ちブログを最大限の価値を提供することができます

PREP法をさらに詳しく解説すると、

  • Point:結論
    → 冒頭で結論を言います。
  • Reason:理由
    → その結論になった理由を解説します。
  • Example:具体例
    → その結論になった理由を具体的な例を交えて解説します。
  • Point:結論
    → 最後にもう一度結論を言います。

この流れで文章を構成することでブログ記事を簡単に書くことができるのです。

承太郎
PREP法はそこまで難しい文章フォーマットではないですね!

PREP法を使った簡単な例文

先ほどのPREP法を使って簡単な例文を一つ紹介します。

  • Point:結論
    → 僕は様々なワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、結局AirPodsを使っています。
  • Reason:理由
    → なぜなら、AirPodsはノイズキャンセル機能があり外部の音を遮断してくれるのです。
  • Example:具体例
    → 例えば、仕事をしている時に外部の音が気になることがあると思います。そんな時にAirPodsで仕事が捗る音楽を流しながらノイズキャンセルをすると目の前の仕事に集中することができるのです。
  • Point:結論
    → だから僕は数あるワイヤレスイヤホンの中からAirPodsを選んだのです。

このようにPREP法を使うことで読者にわかりやすく内容を伝えることができるので、最後まで読んでくれる可能性が高まります。

初心者でもPREP法を使うことによってブログ記事を書く際に悩むことはなくなりますし、テンプレ化させることでスラスラ文章を書くことができるでしょう。

最初のPointで結論を言い、

Reasonでなぜなら

Exampleで例えば

最後のPointでつまり

このように

  • 「なぜなら」
  • 「例えば」
  • 「つまり」

を使うことによって文章をスムーズに書くことができます。

承太郎
例文を見るとPREP法がシンプルなのに読者に刺さる文章を書けるのかがわかりますね!

PREP法をブログ記事で使うメリット

PREP法をブログ記事で使うメリット

続いて、PREP法をブログ記事で使うメリットについて解説していきます。

  • 記事の内容が分かりやすい
  • 離脱率を改善できる
  • 大事なポイントが読者に伝えられる

こちらの3つについて一つ一つ解説していきます。

記事の内容が分かりやすい

PREP法を使うと読者に内容を適切に、しかもシンプルでわかりやすく伝えることができます

このPREP法を使うことで、読者が子供でお年寄りの方でもわかりやすく内容を伝えることができます。

さらに先に結論を言うことで、その理由に至った経緯について読者は気になるものです。

なので、PREP法で記事を書くと最後まで読んでくれる可能性が高まるのです。

承太郎
最後までブログ記事を読んでくれると言うのは、次の離脱率を改善できるに繋がります!

離脱率を改善できる

PREP法を使うことによって読者が最後まで読んでくれる可能性が高まるということは、ブログ記事の離脱率を下げることができます。

もちろんブログ記事の離脱率は低い方がいいです。

読者が最初に読んだ記事だけで帰ってしまってはGoogleの評価的に良いものではありません。

1ページ目を読んで2ページ目を読んでもらう、さらに3ページ目4ページ目と言うように記事を読んでもらえば、そのブログは質の高いブログだとGoogleは判断します。

記事の中身だけで離脱率を下げるのではなく、PREP法を使った読者に分かりやすい文章構成で書くことも離脱率を下げる一つの戦略なのです。

承太郎
質が高い記事は内容がしっかりまとまっていることも大事だけど、読みやすい文章というのもとても大事です!

大事なポイントが読者に伝えられる

さらにPREP法を使うと大事なポイントを読者に伝えられると言うこともメリットです。

PREP法は冒頭と最後に結論を書きますが、これは心理学的に言うと「初頭効果」「親近効果」があります。

初頭効果は簡単に言うと第一印象のことです。

仕事や異性などでも第一印象はとても大事ですし、その一番最初に抱いた記憶がイコールその人になることも珍しくありません。

と言うように、ブログ記事でも先に結論を書くことによって結論が印象づけられるので記憶に残りやすく読者に大事なことをポイントを伝えられやすいのです。

親近効果は最後に言われた、または書かれたものは印象に残りやすいと言うものです。

例えば、映画で言うならラストシーンは結構記憶に残っているのに冒頭の部分はあまり記憶にないと言うことがあると思います。

「あの映画最後はこうなったんだけど、最初の方は覚えてないな〜」なんてことは結構あります。

これが親近効果です。

つまり、初頭効果で最初に大きな印象をつけ、親近効果で再度大きな印象をつけることで、読者に内容をしっかり伝えることができるのです。

承太郎
記憶に残すって大事なことです!

PREP法で書いた記事と書かなかった記事の比較

PREP法で書いた記事と書かなかった記事の比較

続いて、PREP法で書いた記事と書かなかった記事を比較してみましょう。

どのくらい読みやすさに変わりがあるのか、その変化をみていきます。

PREP法を使っていない記事例文

今日は水曜日なのですが会社が休みだったので、溜まっていた仕事を自宅でやることにしました。しかし平日ということもあり、家に面した道路が工事をしており集中することができません。

そんな時に僕は最近購入したAirPodsを使って音楽を聴きながらノイズキャンセルという機能を使って仕事をしました。

ノイズキャンセルは外部の音を遮断してくれるので、周りの雑音が聞こえなくなるので集中したい方にお勧めです。

→ AirPodsはこちらで購入できます。

これがPREP法で書かなかった記事です。

途中まで何を紹介している記事なのかわかりませんでしたし、ほぼ日記みたいな感じなので読まれません。

素人の日記は基本的に読まれないので、このような記事の書き方は絶対に辞めましょう

読まれないと商品も成約されないので、ブログで稼ぐことができません。

承太郎
途中まで何を紹介している記事なのか全くわからないですよね!冒頭の文章で読者は離脱しちゃいます!

PREP法を使った記事例文

仕事に集中したい方はAirPodsがめちゃくちゃおすすめです。

なぜならノイズキャンセル機能で外部の音を遮断してくれるのです。

例えば、僕は平日休みの日に家の前で工事をしていました。音がうるさくて仕事にならないと思ったのですが、AirPodsを使うことによって工事の音が全然聞こえず目の前の仕事に集中することができました。

なので、仕事に集中したい方はAirPodsがおすすめです。

→僕はこちらでAirPodsを購入しました

PREP法を使って記事を書くと何を紹介しているのか冒頭部分でわかるので、読者は読み進めていってくれます。

冒頭部分で結論を言っているので、先ほど紹介した初頭効果により、AirPodsを紹介している記事だという印象が強く残るので、AirPodsに関しての記事だと思って読者は読んでくれます。

しかしPREP法を使わないで記事を書いてしまうと、何について書いているのかわからないので、何の内容をまとめた記事なのだろう?と読者に疑問を抱えさせたまま読ませることになってしまいます。

めちゃくちゃ面白く多くの人が読んでいる記事なら話は別ですが、素人の書いた記事を疑問を持ったまま読み進めていってくれる読者なんていません

なので、冒頭で結論をいうことはとても大切なことなのです。

承太郎
PREP法を使うことによって読んでくれる可能性が高まりますね!

PREP法+ペルソナ設定は最大の効果を発揮!

PREP法+ペルソナ設定は最大の効果を発揮

PREP法を使って文章を書くときはペルソナ設定をすることによって、さらに読まれやすい文章を書くことができます

ペルソナというのは簡単に言うと、架空の人物のことで、読者がどのような人物なのかを設定するということです。

  • ペルソナ設定の必要性
  • PREP法とペルソナ設定を使った書き方

こちらの2つを一つ一つ紹介します。

ペルソナ設定の必要性

ペルソナの設定の必要性に関して解説します。

PREP法を書くときペルソナを設定しているのと設定していないのでは、明らかにペルソナ設定をした方が読者に刺さる記事を書くことができます

なぜなら、ペルソナを設定することによって記憶に残る記事を書くことができるからです。

例えば、先ほどのAirPodsの記事ですが、何も考えずにAirPodsを購入したからと「AirPods レビュー」というレビュー記事を書くのと、「仕事 集中できない 騒音」というキーワードを狙って記事を書くのでは明らかに読者の層が違います。

ブログを運営している人は基本的に稼ぎたいから始めていると思いますので、商品やサービスが売らないといけないのです。

なので、今回の場合はAirPodsを売れることがゴールになります。

そこでペルソナを設定せずに「AirPods レビュー」というキーワードで集客をするとの「仕事 集中できない 騒音」で集客するのでは、どちらの読者に先ほどのAirPodsの記事が刺さるかと言うと、明らかに「仕事 集中できない 騒音」です。

なぜなら、僕は騒音で仕事が集中できず悩んでいましたが、AirPodsがその問題を解決させたからです。

「仕事 集中できない 騒音」の方がアクセスは少ないと思いますが、成約率は桁違いになるはずです。

ペルソナ、つまりどんな人が自分のブログに訪れるのか?を一度考えて記事作成することによって、PREP法を最大限に活用することができるのです。

承太郎
ペルソナの設定方法に関しては「【キーワード分析方法】検索意図がSEO対策で重要な理由と考え方【ペルソナ設定】」で詳しく解説してます!

PREP法とペルソナ設定を使った書き方

PREP法とペルソナを使った記事の書き方は以下の人物分析が必要になります。

  • 年齢
  • 性別
  • 趣味
  • 仕事
  • 家族
  • 年収
  • 住まい

こちらの7つの項目を考えることで、AirPodsを売ることができます。

今回の場合だと、

27歳男性。趣味はプログラミングでappStoreで上位のアプリの模写にハマっている。仕事はIT企業でプログラミングをしていて年収は500万円ほど。彼女と同棲をしているが結婚の予定はまだない。大学に進学する際に宮崎県から東京に越してきて、卒業後は都内のIT企業で勤めて6年。

こんな感じでペルソナを設定します。

ここまでペルソナを設定することで、この人に刺さる記事を書き方を見つけることができます。

例えば、プログラミングの勉強をYouTubeでする時に、彼女に音を小さくして!だとかイヤホン使って!など言われてることを考えてAirPodsを紹介するのも良いでしょう。

と言う感じで、ペルソナを設定することによって「仕事 集中できない 騒音」のキーワードを見つけることができるので、記事を書く際にPREP法と合わせると読者に刺さる文章を書くことができます

承太郎
ペルソナ設定もPREP法と同じくらい大事です!

ブログでPREP法を使うとSEO対策になる

ブログでPREP法を使うとSEO対策になる

PREP法はブログで使うと読者に読まれる文章を書くことができると言うことをお伝えしてきました。

この読者に読まれると言うのがブログで稼ぐためにかなり大事なポイントで、読まれるブログはSEO的にかなり有利になるのです。

  • 滞在時間と直帰率を改善できる
  • ページの回遊率を上げることができる
  • 結果的にGoogleに評価される記事を書くことができる

こちらの3つを一つ一つ紹介します。

滞在時間と直帰率を改善できる

PREP法を使うことによって読者に読んでくれる文章を書くことができるのですが、読まれると言うことはブログの滞在時間と直帰率を改善させることができます。

単純に読まれる記事というのはそれだけ読者に対して有益な情報を与えているとGoogleは評価してくれるので、滞在時間と直帰率を向上させるために記事はPREP法を用いて書くべきです。

承太郎
PREP法は綺麗な文章を書くだけではなく、Googleの評価も得られます!

ページの回遊率を上げることができる

直帰率に繋がりますが、PREP法を使うとブログの回遊率が上がります。

回遊率というのは読者はどのくらいブログページを読んでくれたのか?という率なのですが、回遊率が上がれば上がるほど、他の記事も読んでくれているということになります。

なので、PREP法で記事を書くことによって、

  • 滞在時間
  • 直帰率
  • 回遊率

これらの数値を向上させることができるので、初心者の方はPREP法で記事が書けるようにな李ましょう。

承太郎
書けるようになるまで時間がかかるかもしれないけど、何事も練習が必要です!

結果的にGoogleに評価される記事を書くことができる

先ほどの、

  • 滞在時間
  • 直帰率
  • 回遊率

これらの数値が向上するのでGoogleからの評価が上がります。

Googleからの評価が上がるということは、狙ったキーワードで上位表示される可能性が高まるので稼ぎやすくなるのです。

PREP法で記事を書けば質の高い記事になるのか?というとそんなことはありません。

しっかり情報を調べてまとめて記事を書く必要がありますが、PREP法は読者に伝えたいことを伝えるために必要なものなのでマスターしましょう。

承太郎
稼ぎたかったらPREP法で記事を書きましょう!

PREP法を使って質の良いブログを書こう!

PREP法を使って記事を書く方法を紹介しました。

結論、PREP法で記事を書くとGoogleからの評価が上がるということになります。

Googleからの評価が上がるということは、読者に質の高いコンテンツを届けられているということになります。

PREP法を使って質の高い記事を書きましょう。

承太郎
ブログ記事の読まれやすい文章構成に関しては「【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】」で詳しく解説してます!

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】