ブログアフィリエイト

【思わず買っちゃう】レビュー記事の書き方と収益の上げ方【ブログアフィリエイト】

レビュー記事の書き方と収益の上げ方
悩み人
悩み人
アフィリエイトで稼ぐためのレビュー記事の書き方がわからない!収益が上がる書き方を教えて欲しい!

こちらの疑問を解決させます。

本記事の内容
  1. アフィリエイトのレビュー記事の4つの書き方
  2. アフィリエイトのレビュー記事で収益を上げる書き方
  3. レビュー記事を書いたらランキングページを作成する

本記事では、アフィリエイトで稼ぐためのレビュー記事の書き方を徹底的に解説します。

レビュー記事の収益アフィリエイトのレビュ記事の報酬(220,239円)

僕はレビュー記事で220,239円稼ぐことができました。

結論を言うと、アフィリエイトのレビュー記事は、正しい書き方があり、さらにテンプレ化させることで、初心者でも記事にすることが可能です。

なぜなら、レビュー記事の型は決まっているからです。

型どおりに記事を書けば、誰でもレビュー記事を書くことが可能です。

例えば、初心者がMacBookのレビューをするとしたら、

  • スペック
  • 価格
  • 購入サイト

この程度をまとめて、レビュー記事にするかと思います。

しかしこれでは、稼ぐことは難しいです。

なので、レビュー記事は正しい書き方があり、それをテンプレ化させることが重要です。

本記事を読み終えると、レビュー記事を書く方法が理解でき、明日からレビュー記事で収益を上げることが可能になります。

承太郎
承太郎
テンプレも公開するので、参考にしてみてください!

アフィリエイトのレビュー記事の5つの書き方

アフィリエイトのレビュー記事の書き方は、大きく分けて5つあります。

  1. 何を誰に売るのか具体的に決める
  2. 商品を購入した後に得られる価値を示す
  3. メリットだけではなく、デメリットも書く
  4. リード分に命をかける
  5. 読者は機能ではなく感情で購入する

こちらの5つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

何を誰に売るのか具体的に決める

まずは、レビュー記事で稼ぐには、どんな商品を誰に販売するのか?ということを考えていきます。

この、どんな商品を誰に売りたいのかがわかっていないと、どのようなタイトルや文章を書けばいいのか、決まりません。

例えば、10万円のオフィスチェアを売りたいとします。

10万円のオフィスチェアを売りたいのであれば、普通にスペックや価格を紹介するだけでは、売れませんよね。

価格が高いからだけではなく、なぜこんな高い10万円のオフィスチェアを買わなくてはいけないのか?が読者は理解できません。

なので、読者に買わないといけないと思わせるように、文章を構成する必要があるのです。

10万円のオフィスチェアのダメなレビューとして、

「腰痛持ちのデスクワーカーのあなたへ」

このようなレビュー記事は、売れない典型ですね。誰に向けて書いているのか、はっきりしていません。

確かに、腰痛持ちのデスクワーカーに向けてのレビュー記事ですが、ターゲットが幅広すぎです。

誰でも刺さる記事は、誰にも刺さらない記事です。

「毎日7時間以上のデスクワークをするプログラマー」このような方をターゲットにするとしたら、

「毎日7時間以上のデスクワークをする腰痛プログラマーのあなたへ」

このようなレビュー記事だと、特定の人に向けての記事になるので、ターゲットは少ないけど、強烈に刺さるレビュー記事を書くことができます。

人間は自分に関係のあるキーワードを見ると、無意識に反応してしまうものなのです。

  • 29歳から始める英会話
  • 昨日フラれたあなたが読むべき本
  • 100記事書いても収益が1万円以下の人がやってしまう5つの間違い

このように、

  • 29歳
  • 昨日フラれた
  • 100記事書いた

このように、自分に関係のあるキーワードを目にするだけで、無意識に気にしてしまうものなのです。

承太郎
承太郎
レビュー記事は、多くの人ではなく、特定の一人に手紙を書くイメージ!

商品を購入した後に得られる価値を示す

レビュー記事は購入した後に得られる、価値を示す必要があります。

レビュー記事はスペックや価格など、Amazonや楽天の販売ページで書いてあるようなことを、まとめている記事が多くあります。

しかしこれでは、あなたのブログから商品を購入する必要が全くありません。

他に、良いレビュー記事はないかな?と他のブログに移ってしまいます。

レビュー記事を書くなら、購入後の価値を示す必要があります。

この購入後の価値は、ベネフィットとも言われ、お客さんが商品を購入後に得られる価値のことを言います。

例えば、髪の毛のトリートメントのベネフィットは、

  • 綺麗だと思われたい
  • 年齢を若く見られたい
  • 彼氏が欲しい

など、こちらがベネフィットになります

プログラミングスクールは、

  • エンジニアになって年収を上げたい
  • フリーランスになって会社を辞めたい
  • 自分だけの力でお金を稼いで自由に暮らしたい

こちらがベネフィットになります。

レビュー記事はスペックや価格など、誰でも書けるレビューは価値がなく、この商品を購入した先の未来を、読者は知りたいのです。

この商品を購入すると、自分の生活はどう良くなるのか?をしっかりまとめましょう。

承太郎
承太郎
レビュー記事は、購入後の未来を想像させよう!

メリットだけではなく、デメリットも書く

アフィリエイトのレビュー記事はメリットだけではなく、デメリットも書いた方が成約率が上がります。

なぜなら、メリットだけのレビュー記事を誰が信用するのでしょうか。

さらに、商品のレビューを気にして調べてみると人は、どんなメリットがあるのか?よりも、どんなデメリットがあるのか?を気にしている人の方が多いです。

例えば、あなたが20万円のMacBookを購入しようと考えているとします。

この時に20万円のMacBookのメリットよりも、デメリットの方が気になりませんか?

  • バッテリー持ちは?
  • どんな機能が使えないのか?
  • 他のパソコンよりも重いか?
  • 実際に使った人が感じたデメリットは?

20万円のMacBookのパソコンを購入しようと思ったら、このようにメリットよりも、デメリットの方が気になると思います。

レビュー記事を訪れた読者も同じ気持ちです。

どんなデメリットがあるんか?を調べにきています。

そして、そのデメリットを許容することができれば、購入に踏み切れるのです。

例えば、筋トレをしようと、ぶら下がり棒の購入を考えている人に、メリットばかり書くのではなく、

  • 価格は結構高めです
  • 重量が重いので運びにくいです
  • 組み立てるのがかなりめんどくさいです

このように、使ってみないとわからない、デメリットを読者は求めているのです。

デメリットを書いたら購入してもらえない・・・と考えている方は、今すぐにデメリットも書きましょう。

承太郎
承太郎
良いことばかり書かれたレビュー記事は信用できない!

リード分に命をかける

リード文に命をかける必要があります。リード文とは冒頭の文章のことです。

先ほど、ターゲットを広げすぎてはいけない!とお伝えしました。

誰でも刺さる記事は、誰にも刺さらない記事になる。

このようにお伝えしましたが、リード分でターゲットに刺さる文章を書かないと、本文を読んでくれません。

本文を読んでくれないと、商品を購入してくれるわけがないですよね。

なので、アフィリエイトで収益を上げるなら、リード文に命をかけて書く必要があるのです。

承太郎
承太郎
リード文を読んでくれないと、本文を読んでくれない!

読者は機能ではなく感情で購入する

読者は機能ではなく、感情で購入するかどうか決めます。

機能面で、「〇〇が優れているから購入しよう!」とは思いません。

「〇〇が優れているとうことは、購入したら△△がマシになるな・・・買ってみよう。」

というように、機能が優れているから購入をするのではなく、感情が揺さぶられると、読者は購入をします。

この感情が揺さぶられるというのは、読者の頭に映像が浮かぶレビュー記事ということになります。

例えば、

ウォーターサーバーを売りたいと思ったら、毎月かかる金額やどのくらいのペースで水を運んでくれるのか、電気代はどれくらいかかるのか、だけをまとめたレビュー記事は感情が動きません。

しかし、

ウォーターサーバーをレンタルするということは、赤ちゃんの愛着形成に関係します。

粉ミルクを作ることをストレスに感じているパパさんママさんは多くおり、そのストレスが赤ちゃんに直接、愛着形成に影響を与える可能性があります。

もし愛着形成がうまくいかないと、友達ができなかったり、仕事が長続きしない人になる可能性があるのです。

あなたの笑顔が、赤ちゃんの将来に影響するのです。

ウォーターサーバーは綺麗な水だけではなく、可愛い我が子の素敵な未来も手にすることにつながります。

このようなリード文だと、我が子のこれからの未来を映像で想像することができます。

この読者の頭に映像が浮かぶことによって、感情が揺さぶられ、商品の購入率を上げてくれます。

承太郎
承太郎
レビュー記事は、伝える文章ではなく、行動させる文章を書こう!

アフィリエイトのレビュー記事で収益を上げる書き方

アフィリエイトのレビュー記事で収益を上げる書き方を紹介します。

レビュー記事で収益を上げるなら、レビュー記事にアクセスを集めることが重要ですよね。

そこでレビュー記事にアクセスを集めるために、

  1. レビュー記事でアクセスを集める
  2. 集客記事からレビュー記事にアクセスを流す
  3. 集客記事とレビュー記事の役割を理解する

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

レビュー記事でアクセスを集める

まずは、レビュー記事でアクセスを集める方法です。

そのままですが、レビュー記事でアクセスを集めて、商品を買ってもらい収益化するものです。

商標キーワードでアクセスを集めるので、成約に近いキーワードということになりますね。

商標キーワードとは、商品の名前のことで、成約に近いキーワードというのは、購買欲が高い読者が検索をするキーワードということになります。

例えば、「MacBook レビュー」と「MacBook 強制終了」だと、どっちが、成約に近いキーワードかというと、「MacBook レビュー」ですよね。

「MacBook 強制終了」はすでに購入している人の可能性が高いので、成約に近いキーワードではありません。

というように、商標キーワードで成約に近いキーワードで上位表示させることができれば、レビュー記事にアクセスを集めて稼ぐことが可能です。

承太郎
承太郎
レビュー記事にアクセスを集めて稼ぐなら、ライバルが少ないキーワードがおすすめ!

集客記事からレビュー記事にアクセスを流す

続いて、集客記事からレビュー記事にアクセスを流して稼ぐ方法です。

例えば、「プログラミングスクール おすすめ」で検索をすると、めちゃくちゃライバルが強いので、記事を書いても上位表示されるのは、かなり難しいです。

しかし、集客記事でアクセスを集めてから、「プログラミングスクール おすすめ」の記事に流すことにより、「プログラミングスクール おすすめ」で上位表示させなくても、収益化させることが可能なのです。

集客記事からレビュー記事にアクセスを流して、アフィリエイトで稼ぐ方法は、以下の通りです。

  1. ペルソナを設定して「プログラミングスクール おすすめ」で記事を書く
  2. 「プログラミングスクール おすすめ」で検索する人の検索意図を考える
  3. 集客記事のキーワード選定をする

この流れです。

レビュー記事が誰に向けて書かれたものなのか?がはっきりしていないと、集客記事は書けません。

仮に、「プログラミングスクール おすすめ」を大学生向けに書いたとしたら、集客記事は大学生が検索をするようなキーワードで集客をする必要があります。

主婦なら主婦、サラリーマンならサラリーマンです。

一つの例を挙げると、副業でプログラミングを始めようと思っている30代男性に向けて「プログラミングスクール おすすめ」の記事を書いたとします。

すると、集客記事は「30代男性の平均貯金を調べて、少ないな〜と感じた人」に向けて書いたとします。

集客記事のキーワードは「30代男性 平均貯金」になりますね。

まとめると、30代男性が自分の貯金額が一般的な貯金額と比べて、どのくらいの差があるのか教えてあげ、少ない場合は「副業でプログラミングを始める人が多いんですよ〜」と伝えます。

そして最後に「プログラミングスクール おすすめ」のレビュー記事にアクセスを流すのです。

レビュー記事のキーワードでライバルが強かったとして、稼ぐことは可能です。

承太郎
承太郎
集客記事のキーワードが重要になるね!

集客記事とレビュー記事の役割を理解する

最後に集客記事とレビュー記事の役割についておさらいします。

集客記事はアクセスを集めるだけの記事なので、しっかりSEO対策をします。

さらに、ライバルの少ないロングテールキーワードで記事を書き、確実にアクセスを集めていきます。

集客記事はPREPの法則とSDSの法則を使うと、読まれやすい記事を書くことができます。

レビュー記事はSEO対策のことはあまり考えず、商品を売ることに重視して記事を書きます。

スペックや機能面だけをまとめた記事ではなく、レビュー記事は読者の感情に訴えかけるような文章を書く必要があります。

レビュー記事はPASONAの法則で記事を書くと、成約率が上がります。

承太郎
承太郎
集客記事とレビュー記事の、それぞれの役割を理解しよう!

レビュー記事を書いたらランキングページを作成する

レビュー記事を書いたら、ランキングページを作成しましょう。

ランキングページは成約率が上がるので、レビュー記事を5記事ほどかたら、ランキングページを作りましょう。

そこで、ランキングページで稼ぐ方法を、

  1. レビュー記事からランキングページにアクセスを流す
  2. ランキングページはキーワード選定は無視する
  3. ランキングページはターゲットを限定する

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説します。

レビュー記事からランキングページにアクセスを流す

レビュー記事にアクセスを集めたら成約されるか?というと、そんなことはありません。

読者は「他の商品も知りたいな・・・」と感じるものなので、ランキンページで他の商品と比較ながら、商品を紹介します。

仮に、2万円のワイヤレスイヤホンのレビュー記事でアクセスを集めても読者は「もっと安いワイヤレスイヤホンないかな・・・?」と思う方も出てくるはずです。

そのような方に向けて「5000円以下のワイヤレスイヤホンランキングはこちら」というリンクがあれば、クリックしてくれるはずです。

このように、レビュー記事で成約をさせるだけではなく、ランキングページを作成して、収益を最大化させましょう。

承太郎
承太郎
5記事ほどレビュー記事ができたら、ランキングページを作成しよう!

ランキングページはキーワード選定は無視する

ランキングページではキーワード選定は無視をして、記事を作成します。

ランキングページで集客をしないので、SEO対策も無視して問題ありません。

とにかく、集客記事とレビュー記事からアクセスを流すことだけを考えます。

承太郎
承太郎
ランキングページはクリックされやすいタイトルをつけるのもコツだよ!

ランキングページはターゲットを限定する

ランキングページはターゲットを限定して作成しましょう。

限定した方が、読者に刺さるので、ターゲットを限定します。

例えば、ワイヤレスイヤホンランキングではなく、5000円以下のワイヤレスイヤホンランキングの方が、ターゲットに刺さりやすいです。

ゲーミングモニターランキングよりも、フォートナイト向けのゲーミングモニターの方が、読者に刺さりやすいです。

ニッチな分野で上位表示できる可能性があるので、初心者の方は、ターゲットを限定しましょう。

承太郎
承太郎
「5000円以下」「女性限定」「就活生限定」「FPS向け」「無料期間あり限定」など、ターゲットを限定してランキングページを作成しよう!

アフィリエイトのレビュー記事はテンプレ化すると書きやすい!

アフィリエイトのレビュー記事はテンプレ化させることで、記事を書きやすくなります。

レビュー記事のテンプレはnoteでまとめています。

» 無料のレビュー記事テンプレはこちら