Webライター

【文字単価1円以上】Webライターで高単価案件を獲得する方法【月収10万円稼ぐ】

Webライターで高単価案件を獲得する方法
悩み人
悩み人
Webライターで高単価の案件を獲得したいんだけど、なかなか仕事を受注できない!文字単価1円以上を目指しているんだけど、どうすればいいのかな?

こちらの疑問を解決させます。

本記事の内容
  • 初心者でもWebライターで高単価の仕事を受けられる?
  • Webライターで高単価の仕事を受ける3つのコツ
  • Webライターで高単価を獲得し月10万円を稼ぐ方法

Webライターで高単価案件を獲得する方法は、実績を出すことです。

実績を出すことで、文字単価1円以上の高単価の案件を獲得することができるので、Webライターを始めた方は、まず実績を作ることを優先させましょう。

なぜ、Webライターで実績が高単価の案件を獲得するために大事になるのかというと、

×「今日からWebライターを始めました!」

○「Webライターとして50件の案件をこなしてきました!」

こちらの二人だったら、圧倒的に後者のWebライターに仕事を任せると思います。

なので、Webライターで高単価の案件を獲得するなら、実績が大事なのです。

そこで、Webライターとして高単価の案件を獲得するコツや、月収10万円を稼ぐ方法を解説します。

初心者でもWebライターで高単価の仕事を受けられる?

そもそも、初心者でもWebライターで高単価の案件を受けられるのか?と言うと、受けることは可能です。

しかし、実績がある人を優先してクライアントはWebライターを選ぶので、いきなり文字単価1円以上の高単価の案件を獲得できるかというと、難しいです。

初心者Webライターについて、

  1. Webライター初心者の文字単価の平均は0.5円
  2. 生活できるレベルには達しない
  3. 初心者でもWebライターの高単価の仕事は受けられる

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

Webライター初心者の文字単価の平均は0.5円

まず、Webライターの初心者の平均的な文字単価は0.5円となります。

なので、3000文字書けば1500円、5000文字書けば2500円という金額を稼ぐことが可能です。

ですが、Webライターの初心者は、まだタイピングスピードが遅い人が多いため、3000文字でも5時間〜6時間以上かかる場合があります。

仮に5時間で3000文字を書いたとしたら、時給換算すると300円です。

なので、文字単価0.5円の案件をこなしても、稼ぐことは結構大変なのです。

承太郎
承太郎
初心者がいきなり高単価の案件を獲得するのは、実は難しい!

生活できるレベルには達しない

先ほどのように、時給換算すると、5時間で3000文字を書いたとしたら、時給換算すると300円になります。

仮にWebライターとして月に20記事分の執筆依頼を受けたとしても、3万円になります。

副業だったらいいのかもしれませんが、Webライターで生活をするぞ!と思っている方は、なかなかキツイ収入ですよね。

なので、初心者がいきなりWebライターで飯を食っていこうというのは、現実的ではありません。

承太郎
承太郎
Webライターで生活するレベルになるには、相当努力が必要だね!

初心者でもWebライターの高単価の仕事は受けられる

しかし、ここまで解説してきましたが、Webライターの初心者でも高単価案件は獲得することが可能です。

ただ難しいというだけで、高単価の案件を獲得できないというわけではありません。

やはり、これからWebライターで稼いでいこう!と思っている方は、どうせなら高単価の案件を攻めて、一気にWebライターとして稼ぎたいですよね。

副業レベルではなく、Webライターとして、自由に生活をしたいと思うものです。

しかし、いきなりWebライターで生活するレベルまで持っていくのは、かなり難しいので、初心者でも高単価の案件を獲得するコツを紹介していきます。

承太郎
承太郎
初心者Webライターでも高単価の案件を獲得する方法を紹介していくね!

Webライターで高単価の仕事を受ける3つのコツ

続いて、Webライターで高単価の仕事を受けるコツについて紹介します。

これからWebライターで稼いでいこうと思っているのであれば、高単価の案件を獲得したいと思うものです。

そこで、Webライターとして高単価の案件を獲得するコツを、

  1. Webライターで実績を出す
  2. WebライターとしてSEO対策の勉強をする
  3. 文字単価1円の仕事を受けてみる

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

Webライターで実績を出す

まずは、Webライターとして実績を出すことです。この実績というのは、

  1. Webライターとして仕事をこなす
  2. ジャンルを絞ってブログで運営する

この二つがあります。

Webライターとして仕事をこなす

Webライターとして仕事をこなすというのは、文字単価が1円以下の仕事でも、積極的に受注すると言うものです。

やはり、文字単価が安い案件だと、時給換算すると、時給200円とか300円くらいにしかならない場合があります。

でも仕事を受けてこなすのです。

文字単価が安くても仕事をすることによって、Webライターとしての仕事実績がドンドン溜まっていきます。

Webライターとしての仕事の実績が溜まっていくと、クライアントも信用する材料として見てくれます。

なので、初心者の方で高単価の案件を受けたい場合は、文字単価が安くても仕事をたくさんこなすというのが、とても大事になってきます。

ジャンルを絞ってブログで運営する

ジャンルを絞ってブログを運営するのも、Webライターで高単価の案件を獲得するコツになります。

Webライターの高単価の案件の代表は、

  • 転職ジャンル
  • 金融ジャンル
  • 投資ジャンル
  • 美容ジャンル
  • ITジャンル

これらのジャンルが高単価の案件になるのですが、これらのジャンルでブログを運営することで、Webライターとして高単価の案件を獲得することが可能になります。

というのも、Webライターとしての実績がなくても、ブログ記事を書いたことがあるという実績があるので、ブログ運営はWebライターの実績として使えるのです。

承太郎
承太郎
高単価の案件を獲得したいなら、Webライターとして実績を作ること!

WebライターとしてSEO対策の勉強をする

続いて、Webライターとして高単価案件を獲得するコツは、SEO対策を勉強することです。

なぜなら、記事の執筆依頼をするクライアントは、運営しているブログにアクセスを集めるために、Webライターに書いてもらったいるからです。

記事でアクセスを集めるためには、SEO対策をしなくてはいけないのですが、このSEO対策を知っているWebライターと、知らないWebライターだったら、SEO対策の知識があるWebライターに頼んだ方がいいですよね。

なので、SEO対策を勉強する必要があるのです。

SEO対策もブログを運営することで解決できます。

例えば、文字単価が高い転職系の記事を書いて、Webライターとして稼いでいきたい!と思ったら、転職系のブログを立ち上げましょう。

そこで、転職系のブログに自分で記事を書き、アクセスを集めて実績にします。

仮に転職系の記事を50記事書いて、月のアクセスが15000PVほど集まっていたら、ほぼほぼ転職系の案件をWebライターとして受けることができます。

自分が運営する転職系のブログで月に5万円、Webライターとして5万円稼げれば、月に10万円稼げることができますね。

承太郎
承太郎
WebライターもSEO対策の知識は必須!「【完全無料】月1万円を稼ぐSEO対策のロードマップ【基本から実践まで】」で詳しく解説しています!

高単価の案件を獲得したいなら高単価ジャンルでブログ運営

Webライターで高単価の案件を獲得して稼いでいきたいなら、高単価ジャンルでブログを運営しましょう。

仮に自分のプロフィール欄に、

×転職に関する記事の執筆ができます!

こちらの紹介文よりも、

○転職ブログを運営しています!参考にIT企業への転職についての記事があるので「記事URL」をご覧ください!

こちらの紹介文の方が、圧倒的にクライアントに刺さりますよね。

クライアントは転職に関する記事をWebライターに書いてもらって、自分のブログで稼ぎたいと思っています。

なので、実際に収益を上げているブログを作ってしまえば、高単価の案件を獲得するのは、そこまで難しいことではありません。

承太郎
承太郎
クライアントが求めている人材になれれば、高単価の案件の獲得も夢ではない!

Webライターで高単価案件を獲得し月10万円を稼ぐ方法

最後にWebライターで高単価の案件を獲得して月に10万円稼ぐ方法を紹介します。

もし、Webライターとして本気で稼いでいきたい方は、

  1. 高単価の案件を集中して受けてみる
  2. タイピングのスピードを速くする
  3. 月10万円稼ぐなら文字単価1.5円は欲しい

こちらの3つのテーマで解説するので、一つ一つチェックしてみてください。

高単価の案件を集中して受けてみる

まずは、高単価の案件を集中して受けてみるというものです。

しかし、初心者がいきなり文字単価3円や4円の案件を獲得するのは、実績がないと難しいので、文字単価1円を集中的に受けてみましょう。

文字単価1円の案件は、初心者でも時間をかければ書くことができるジャンルが多いので、文字単価1円を探して受注しましょう。

この文字単価1円をたくさんこなして、Webライターとしての実績を作っていきましょう。

承太郎
承太郎
文字単価1円を目安に、Webライターの仕事を探してみよう!

タイピングのスピードを速くする

続いて、Webライターで月収10万円稼ぎたいのであれば、タイピングスピードを速くしましょう。

というのも、Webライターの収入は文字単価×文字数だからです。

仮に文字単価が1円で3000文字の案件だったら、納品したら3000円になりますよね。

3000文字を6時間かけたら時給は500円になります。

しかし、2時間で書けたら時給1500円になります。

同じ仕事内容でも、タイピングスピードが違うと、時給が500円と1500円で、だいぶ差が開いてしまいます。

なので、Webライターで月収10万円を目指すなら、タイピングスピードを上げるのは必須です。

単純に1記事書くのに6時間かかってしまうと、1日にこなせる仕事量が減ってしまいます。

1記事を2時間で書けるなら、同じような仕事を3つこなせます。タイピングスピードが速いだけで、収入が3倍の差が開いてしまいます。

承太郎
承太郎
Webライターとしてタイピングスキルの向上は必須!

月10万円稼ぐなら文字単価1.5円は欲しい

Webライターで月収10万円稼ぐための、仕事時間や仕事量を計算してみましょう。

仮に、

月:20日
1日:8時間
=160時間

3000文字書くのに6時間かかる

Webライターとして、こちらの条件で仕事するなら、どのような案件を獲得すればいいのかというと、最低でも文字単価2円の案件は獲得したいですね。

月にWebライターとして働く時間が160時間なので、1記事書くのにかかる6時間で割ります。

160÷6=26記事

月に26記事書ける計算になります。

文字単価1.5円で3000文字の案件のみを受けるとしたら、

文字単価1.5円×3000文字=1記事4500円
4500円×26記事=117000円

このような計算になるので、文字単価1.5円で3000文字の案件をこなすことで、月収10万円を超える収入を得ることが可能です。

なので、Webライターとして月収10万円稼ぐなら、文字単価1.5円の案件を受けられるようになるといいですね。

承太郎
承太郎
実際に計算をすると、具体的に何をすればいいのか考えることができるね!

Webライターで高単価の案件は初心者でも獲得できる!

Webライターで高単価の案件を獲得する方法を紹介しました。

大事なのは実績ということがわかりましたね。

Webライターとしての実績を作るのと、ブログ運営をして実績を作る2つがありました。

これからWebライターで稼いで行きたいのであれば、ブログを運営することが第一歩になりますね。

承太郎
承太郎
もし、まだ自分のブログを持っていなければ「【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】」で詳しく解説しています!
WordPressブログの始め方マニュアル
【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】WordPressの始め方に関する網羅的な情報を知りたいですか?WordPressの開設の手順、サーバーのレンタル方法、独自ドメインの取得方法も全て解説します。WordPressの始め方について知りたい方は必見です。...