Webライターに学歴と資格は不必要の3つの理由【実績が大事】

承太郎
Webライターとして稼ぐために、学歴や資格って必要なの?何があればWebライターとして稼げるのか教えて欲しい!

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

結論、Webライターとして稼ぐなら学歴も資格も全く必要はありません

なぜなら、Webライターはライティングスキルさえあれば稼げるので、学歴や資格が必要ないのです。

しかし、ライティングスキルを身につける必要があるのですが、自転車の乗り方のように一度覚えてしまえば、半永久的にスキルを活用してWebライターとして稼ぐことが可能なのです。

Webライターで稼ぐなら学歴や資格を取らないといけないのか?と思っている方は、間違った方向に進もうとしている可能性があります。

中卒だろうが東大卒だろうが、Webライターとして稼ぐためにはライティングスキルが必要なので、今から勉強しても遅くはありません

こちらのページを読み終える頃には、Webライターで稼ぐ上で学歴も資格も必要がないということを知るだけではなく、今からどのように行動すればWebライターで稼げるのかを学ぶことができます

Webライターに学歴と資格は不必要の3つの理由

Webライターに学歴と資格は不必要の3つの理由

Webライターで稼ぐ上で、学歴と資格は全く必要がありません。

僕がWebライターさんに仕事を依頼する際も、学歴や資格を気にしたことはありません

そこで、Webライターに学歴と資格が必要がないことについて、

  1. 誰でも今からWebライターの仕事ができる
  2. 学歴と資格ではなくライティングスキルは必要
  3. Webライターは実績が本当に大事になる

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説していきます。

誰でも今からWebライターの仕事ができる

結論、Webライターは今から誰でも仕事を受けることができます。

なぜなら、Webライターの仕事は特別な資格が必要ないので、誰でも仕事を始めることができるのです。

例えば、自動車を運転するなら運転免許証が必要ですが、自転車に乗る時は資格は入りませんよね。

というように、Webライターは自転車のように何か特別な学歴や資格は必要ないのです。

承太郎
Webライターで稼ぎたいなら、今からでも稼ぐことが可能です!

学歴と資格ではなくライティングスキルは必要

Webライターは学歴や資格は必要はありませんが、ライティングスキルが必要になります。

このライティングスキルというのは、ザックリ言うと文章を書くスキルなのですが、Webライターに必要なライティングスキルというのは、読者に満足してもらう文章を書くことができるスキルということになります。

例えば、ライティングスキルを高めるぞ!と思い、毎日日記を書いても文章能力は上がるかもしれませんが、Webライターとしてのライティングスキルは全く上がりません。

Webライターに必要なライティングスキルは、読者に満足してもらえる文章を書くスキルなので、読まれる文章を書く必要があるのです。

なので、Webライターで稼ぎたいのであれば、読者に満足してもらえる文章を書けるようになりましょう。

関連記事【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】

承太郎
Webライターで必要なライティングスキルは、読まれる文章を書くことです!

Webライターは実績が本当に大事になる

Webライターとして仕事を受けるには、実績がとても大事になります。

なぜなら、仕事を依頼する側からすると、実績がある人に仕事を頼みたいからです。

悩み人
実績って学歴や資格のことを言うんじゃないの??

確かに実績というと、学歴や実績のことを思い浮かべるかもしれませんが、Webライターの実績は受注数とブログです。

受注数は今までどのくらいの仕事を受けて納品したか?の数になるのですが、Webライターとしてわかりやすい実績になります。

しかし、これからWebライターとして稼ごうと思っている人は、この受注数の実績がないので、僕はブログ運営を強くおすすめしています

基本的にWebライターはクライアントのブログの記事を代わりに書く仕事なので、自分でブログを運営してアクセスと収益を伸ばしている実績があると、即採用される場合があるのです。

例えば、仮想通貨を購入したことがあります!という人よりも、仮想通貨ブログで月に5万円をコンスタンスに稼いでいます!という人に、仕事を依頼したいものです。

× 仮想通貨を購入したことがあります!
仮想通貨ブログで月に5万円をコンスタンスに稼いでいます!

この二人が応募してきたら、後者を採用するはずです。

なぜなら、すでにブログでアクセスを集めて収益を伸ばしているからです。ということはライティングスキルがあると判断できますよね。

なので、Webライターで稼ぎたいのであれば、自分でブログを開設してアクセス数と収益を意識して運営していきましょう

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
これからWebライターとして稼ぎたいのであれば、自分のブログを準備して運営していきましょう!

Webライターが学歴と資格がなくても稼ぐ戦略

Webライターが学歴と資格がなくても稼ぐ戦略

先ほど、Webライターは学歴と資格がなくても稼げるという話をしました。

そこで、具体的にどのような戦略でWebライターとして稼いでいけばいいのか?について、

  1. ブログを運営してアクセスと収益を伸ばす
  2. ライティングスキルを身につける
  3. 高単価の案件を徐々に獲得する

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説していきます。

ブログを運営してアクセスと収益を伸ばす

Webライターは学歴と資格は必要はありませんが、実績が必要になります。

なぜなら、実績がないと仕事を依頼してもいいのか判断できないからです。

例えば、先ほども解説したように、仮想通貨を購入したことがあります!という人よりも、仮想通貨ブログで月に5万円をコンスタンスに稼いでいます!という人に、仕事を依頼したいものです。

なので、Webライターで仕事を受けるなら実績が大事になるのですが、実績はブログを運営して作ることができます

仮に株式投資に興味があるのであれば、株式投資のブログを開設してアクセスと収益を伸ばすことを意識して運営しましょう。

ダイエットに興味があるなら、ダイエットのブログを運営してアクセスと収益を伸ばしていきましょう。

というように、ブログで実績を残すことが、そのままWebライターの実績になるので、Webライターで稼ぎたいならブログを運営することも視野に入れて行動していきましょう

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
Webライターを始めるならブログも一緒に始めましょう!

ライティングスキルを身につける

ただブログを運営するだけではなく、ライティングスキルも身につけましょう。

なぜなら、Webライターの仕事はライティングスキルを使って文章を書いて納品することなので、ライティングスを勉強しましょう。

ライティングスキルは読者に満足してもらえる文章を書くことなので、どのようにしたら読者に文章を読んでもらえるのか?を考えて記事を書く必要があります。

なので、Webライターで稼いでいきたいのであれば、ライティングスキルを勉強しましょう。

ブログ運営でもめちゃくちゃ必要なスキルなので、文章を書いてお金を稼ぎたいのであれば、ライティングスキルを身につけて損は全くありません

承太郎
ライティングスキルはある程度勉強したら、実際に文章を書いていくのが一番勉強になります!

高単価の案件を徐々に獲得する

Webライターで稼いでいきたいのであれば、高単価の案件を獲得していく必要があります。

なぜなら、Webライターの収益は文字単価×文字数だからです。

以下がWebライターの1文字当たりの単価相場になります。

  • 中級者:3円〜
  • 初心者:1円〜3円
  • 未経験者:0.1円〜1円

例えば、文字単価が0.1円で3000文字の仕事を受注したら、1記事納品で300円になります。しかし文字単価が3円ので3000文字の仕事を受注したら、1記事納品で9000円になります。

  • 文字単価0.1円の場合:300円
  • 文字単価3円の場合:9000円

文字単価が少し変わるだけで、報酬がめちゃくちゃ変わるのです。

なので、Webライターは人によっては副業レベルの人もいれば、専業で生計を立てられる人もいるのです

つまり、Webライターで稼ぐには文字単価が超重要になるのですが、未経験者には文字単価が低い仕事くらいしか受けられません。

そこで大事になるのがブログで実績を作ることで、ブログ運営をして得られるアクセス数や収益がWebライターとしての実績が高単価の案件を獲得する近道になるのです。

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
Webライターで稼ぎたいなら、高単価の案件を獲得していきましょう!

Webライターで資格なしでも月収10万円稼ぐ戦略

Webライターで資格なしでも月収10万円稼ぐ戦略

最後に僕がWebライターで月収10万円を稼ぐなら、どのような戦略で行動をしていくかをまとめます。

もしWebライターで稼ごうと思っているのであれば、

  1. 高単価ジャンルのブログを運営する
  2. 高単価の案件を受注して納品する
  3. 高単価の案件を継続して受注する

こちらの順番で実践してみてください。

高単価ジャンルのブログを運営する

まずは、Webライターとして仕事を受注するのではなく、高単価ジャンルのブログを運営します。

先ほどもお伝えしたように、ブログはWebライターの実績になるので、高単価ジャンルのブログを運営していきます。

例えば、高単価ジャンルは不動産や投資関連などなので、これらのジャンルでブログを運営しアクセスと収益を伸ばしていきます。

ブログで収益を上げられるようになると、Webライターに加えてブログ収入も得られるので、ダブルで稼げるようになるのです。

どちらか一方ではなく、Webライターとブログの二つの収入の柱を構築することもできるので、Webライターで稼いでいきたいのであれば、ブログ運営は必須ということになりますね。

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
高単価ジャンルを選んでブログを運営しましょう!

高単価の案件を受注して納品する

ブログでアクセスと収益が出ていることを実績にして、高単価の仕事に応募すると受かる可能性が高くなります。

そこで一つ高単価の仕事を受注して、しっかり納品をしましょう。

適当に仕事をしてしまうと、契約が切られてしまい単発の仕事を数多く受けないといけなくなります

なので、一つ一つの仕事を丁寧にやるようにしましょう。

承太郎
文章を書くだけの仕事ですが、しっかり丁寧に仕事をしましょう!

高単価の案件を継続して受注する

丁寧に仕事をしていると継続依頼が来ることがあります。

例えば、1記事納品して1万円の仕事を受けて継続して仕事依頼が来るようになると、月収10万円を超えることも可能になります。

仮に1記事納品して1万円の仕事を月に5記事納品の仕事が継続してくるようになったら、同じようなクライアントをもう一つ捕まえれば月収10万円稼げます。

というように、戦略立ててWebライターの仕事を受けられるようになると、月収10万円を超えることが可能になります。

芸能系やガジェット系の記事など、誰でも書けそうな仕事で月収10万円を目指そうとすると、月に300記事とか400記事納品する必要が出てくるので、高単価の案件をこなす必要があります。

そのために、高単価ジャンルでブログを運営して実績を作り仕事を受けましょう

承太郎
Webライターで継続して高単価の仕事を受けられるように実績作りを頑張りましょう!

Webライターは学歴も資格も全く必要はない!

Webライターは学歴も資格も全く必要がないことがわかったと思います。

僕がWebライターさんに仕事を依頼する時も、学歴も資格も聞いたことがありません興味がありません。

大事なのはライティングのスキルがあるのか?なので、まずはライティングスキルを取得しましょう。

さらにWebライターでドンドン稼いでいきたいのであれば、高単価ジャンルのブログを運営して実績を作り、月収10万円を目指しましょう

近年在宅ワークが増えているので、Webライターをやりたい人が増えているので、単価が下がっています。

そんな中でも高単価の仕事を受けられるようになるために、実績作りのためにブログを運営してみましょう。

Webライターとブログの二つの収入があると、心に余裕が持てます。

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】