【対策アリ】専業Webライターで生計は立てられない!

悩み人
専業Webライターで生計を立てたいんだけど難しいかな?もし、可能性があるなら、どうやってWebライターをスタートさせればいいのか教えて欲しい!

こちらの疑問を解決させます。

 

本記事の結論

結論、専業Webライターとして生計を立てるのはかなり難しいです。

なぜなら、Webライターの仕事の単価が低いからです。数勝負になってしまうので、なかなか難しいのです。

しかし、Webライターで高単価の仕事を受注できれば専業で生計を立てられる可能性があります。

 

専業Webライターとして稼ぐなら、高単価の仕事を受注できれば生計を立てられる可能性が高まります。

なので、1日に執筆できる記事数は決まっているので、数ではなく単価で勝負する必要があります。

こちらのページを読み終える頃には、Webライターの専業で生計を立てる方法だけではなく、高単価の仕事を受注する方法も併せて知ることができます

専業Webライターで生計を立てることは難しい理由

専業Webライターで生計を立てることは難しい理由

結論、専業Webライターで生計を立てるのは、結構難しいです。

なぜなら、Webライターは参入障壁が低くライバルが多いので、一つ一つの仕事の単価が下がってしまうからです。

そこで、専業Webライターで生計を立てるのが難しいことについて、

  1. いきなり高単価の仕事を受けられない
  2. ライティングスキルを取得できるまで時間がかかる
  3. Webライターで一人暮らしできる月収を稼ぐまでのハードル

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説します。

いきなり高単価の仕事を受けられない

Webライターの仕事はいきなり高単価の仕事を受けることは、かなり難しいです。

なぜなら、高単価の仕事は専門的なジャンルの案件が多いので、いきなりWebライターで稼ごう!と思っている人が受けられる仕事は、かなり少ないのです。

例えば、Webライターの高単価のジャンルは株式投資や不動産の記事執筆ですが、これからのジャンルの仕事を受けるのは専門的な知識がないと難しいです。

なので、Webライターでいきなり高単価の仕事を受けることは難しいので、安い単価の仕事を数こなす必要が出てくるのです。

しかし、1日に執筆できる記事は決まっているので、専業Webライターで生計を立てたいなら、高単価の仕事を受ける必要があるのです。

承太郎
専業Webライターで生計を立てる条件の「高単価の案件を受注する」が難しいです!

ライティングスキルを取得できるまで時間がかかる

Webライターとしてライティングスキルを取得するのは、絶対に絶対に必須です。

なぜなら、Webライターとして求められているスキルは、読者の満足度を上げる記事を作成することだからです。

例えば、日記のような文章を書いたとしても読者は満足しませんが、悩みを明確にして解決策を記事にまとめてあげると、読者は満足します。

さらにライティングスキルを駆使して読者が読みやすい記事作りをすることで、滞在時間や直帰率を改善することができるので、Webライターの専業で生計を立てたいなら、ライティングスキルを勉強するのは必須なのです。

言ってしまえば、仕事を依頼する人は、ライティングスキルを取得している人に仕事を頼みたいのです。

承太郎
ライティングスキルは徐々にレベルアップする必要があるので、下手でもドンドン記事を書いていきましょう!

Webライターで一人暮らしできる月収を稼ぐまでのハードル

Webライターで一人暮らしできる月収を稼ぐためには、どのくらいの記事を書かなければならないのでしょうか。

例として、誰でも書けて単価が低い芸能系と、専門的な知識が必要で単価が高い不動産のジャンルの仕事を受けることを想定します。

芸能系:1記事600円
不動産:1記事7000円

クラウドワークスで実際にあった仕事を参考にしています。

東京で一人暮らしできる平均月収が20万円なので、Webライターで20万円稼ぐまで、どのくらいの記事を書かないといけないのか?を確認していきましょう。

  • 20日労働
  • 1日8時間
    =1ヶ月160時間執筆
  • 1記事4時間執筆

こちらの条件で計算していきます。

単価が低い芸能系の記事でサラリーマンの月収を目指す場合

  • 200万円÷600円=333記事
    →1ヶ月で333記事執筆する必要がある
  • 333記事×4時間=1332時間
    →583記事書くのに1332時間必要

結論、芸能系のような低単価の案件だけでサラリーマンの月収を超えることは不可能だということがわかりました。

単価が高い不動産の記事でサラリーマンの月収を目指す場合

  • 20万円÷7000円=28記事
    →1ヶ月で28記事執筆する必要がある
  • 28記事×4時間=112時間
    →28記事書くのに112時間必要

結論、不動産のような高単価の案件を受注することができれば、東京で一人暮らしができるくらいの収入を得ることが可能です。

1ヶ月のWebライターとしての労働時間が160時間取れる場合、112時間で20万円稼ぐことができるので、結果的に20万円以上稼げる計算になりましたね。

承太郎
Webライターで専業で生計を立てる場合は、絶対に高単価の仕事を受注することを頭に入れる必要があります!

専業Webライターで生計を立てるまでの手順

専業Webライターで生計を立てるまでの手順

先ほど、Webライターを専業で生計を立てるのは、高単価の案件を受ける必要があるということをお伝えしました。

やはり専業で生計を立てるなら、低い単価の仕事だけを受けていると難しいです。

そこで専業Webライターで生計を立てるまでの手順として、

  1. 副業でWebライターを始める
  2. ブログを開設して実績を作る
  3. ブログの実績を元に高単価の仕事を受ける

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説していきます。

副業でWebライターを始める

結論、Webライターで稼ぎたいのであれば、まずは副業から始めることをお勧めします。

なぜなら、いきなり高単価の仕事を受注することはかなり難しいですし、先ほど計算で出したように、高単価の仕事を受けても継続して納品する必要があるからです。

例えば、副業でWebライターを始めて一人暮らしができる20万円をコンスタンスに稼げるようになったら、専業Webライターになった方がいいですね。

しかし、個人的な意見ですがWebライターの収入に加えて会社の給料をもらっている状態の方が、精神的に安定すると思うので、一人暮らしができるくらいWebライターで稼げたとしても、副業として続けていく方がいいと思います。

関連記事【文字単価1円以上】Webライターで高単価案件を獲得する方法【月収10万円稼ぐ】

承太郎
Webライターで稼ぎたいのであれば、まずは副業から始めましょう!

ブログを開設して実績を作る

副業でWebライターで稼ぎたいのであれば、早めに高単価の仕事を受注していく必要があります。

理由は単純で、1記事500円の仕事を受けるよりも1記事5000円の仕事を受けた方が稼ぎやすいですよね。

そこで重要になってくるのが、ブログを開設して実績を作ることです。

例えば、不動産系の仕事をしている、または不動産に興味があるのであれば、自分で調ならがら不動産ジャンルのブログを運営します。

すると、そのブログが実績になるので、いきなりWebライターとして高単価の不動産記事の案件を獲得できる可能性がグッと上がるのです。

仮に、不動産に興味があります!という人よりも、不動産のブログで月間1万アクセス集めて収益5万円を稼いでいます!という人の方が、仕事を依頼する側からすると、後者を選びます。

なので、自分でブログを運営することもWebライターで高単価の仕事を受けるために重要なので、今後、専業Webライターで生計を立てたいのであれば、ブログを開設しましょう。

そのブログが後々、高単価の案件を獲得する超重要な履歴書になるのです。

承太郎
本記事を開設した方法をまとめている「【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】」を参考にしてみてください!

ブログの実績を元に高単価の仕事を受ける

専業Webライターで生計を立てたいなら、高単価の仕事を継続的に受ける必要があります。

そこで重要なのが、ブログでアクセスを収益を伸ばして実績を作ることです。

なぜなら、ブログで実績を作ることが高単価の案件を獲得する一番簡単な方法だからです。

つまり専業Webライターで生計を立てたいのであれば、高単価の仕事を受ける必要があり、高単価の仕事は実績があった方が採用率が高まります。

なので、ブログを開設してWebライターとして不動産の記事を書いて稼ぎたいのであれば、不動産ジャンルのブログを運営すべきですし、株式投資の記事を書いて稼いでいきたいのであれば、株式投資ジャンルのブログを運営すべきです。

そのブログを持って「不動産ジャンルのブログで月間1万アクセス集めて5万円稼いでいます!」と言った方が、クライアントもわかりやすいです。

ブログを見れば一発で判断できますからね。

なので、ブログで実績を作ることで高単価の仕事を受けられるようにしましょう

実績作り【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
ブログ運営はWebライターで高単価の仕事を受けられるようになるだけではなく、ブログ収入も得られますし、ライティングスキルも取得できるので一石三鳥です!

専業Webライターが持ってると便利な実績とスキル

専業Webライターが持ってると便利な実績とスキル

Webライターを専業で生計を立てる時に便利な実績とスキルを紹介します。

そこで、持っていると便利な実績とスキルについて、

  1. 基本的なライティングスキルを身につける
  2. ブログを運営してアクセスと収益を伸ばす
  3. Webライターの仕事で高単価の案件を獲得する方法

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説していきます。

基本的なライティングスキルを身につける

まずは、Webライターを専業で生計を立てたいのであれば、基本的なライティングスキルは必ず身につけましょう。

なぜなら、Webライターは基本的なライティングスキルに沿って記事を書いていくからです。

文章を書くと言っても、日記の文章と人に読んでもらう文章は全然違います。

当ブログで書いている文章は日記ではなく、ライティングスキルを使って読まれるように書いています。

というように、文章でアクセスを集めたり商品やサービスを販売する場合、ライティングスキルに沿って記事を書いていくべきですし、Webライターに求められているものでもあるのです。

つまり、Webライターを専業で生計を立てたいのであれば、基本的なライティングスキルを身につけるべきなのです。

承太郎
基本的なライティングスキルについては、「【例文あり】ブログで使えるPREP法の具体例と書き方【SEO対策】」で詳しく解説しています!

ブログを運営してアクセスと収益を伸ばす

専業Webライターで稼いでいきたいのであれば、自分でブログを運営してアクセスと収益を伸ばしていくべきです。

なぜなら、自分が運営しているブログがそのまま実績に使えるので、Webライターとして高単価の仕事を受注しやすくなるのです。

僕が専業Webライターで生計を立てるなら、絶対にブログを開設して運営していきます。

Webライターでは不動産や株式投資に関するジャンルが高単価なので、ブログで不動産や株式投資のジャンルを運営してアクセスと収益を伸ばしていきます。

そしてWebライターとブログ収入の柱を二本を副業で作り、月収30万円をコンスタントに稼げるようになったら会社を辞めて独立します

というような手順で、僕なら専業Webライターになって生計を立てます。

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
戦略立てて行動をしていくと、専業Webライターになることも可能です!なのでまずは、ブログを開設して運営していくことを強くお勧めします!

Webライターの仕事で高単価の案件を獲得する方法

Webライターの仕事で高単価の案件を獲得する方法を順番に解説します。

  • クラウドワークスで高単価の仕事を探す
    →高単価の目安は文字単価2.5円〜3円!
  • ブログを開設して運営し始める
    →初心者はWordPressを開設しましょう!
  • ある程度アクセスと収益が伸びたらクラウドワークスで応募
    →実績を最大限にアピールする!

このような流れで高単価の仕事を受注していきましょう。

しかし高単価の仕事を受けるだけではなく、ライティングスキルを取得することで、継続して仕事をもらえるようにしましょう

クライアントによっては単価を上げてくれる場合もあるので、専業Webライターで生計を立てたいのであれば、ブログ開設とライティングスキルの取得に力を入れましょう

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
専業Webライターになる=高単価の仕事を継続して受注すること!

いきなり専業Webライターで生計を立てられないので、ブログから始めよう!

専業Webライターで生計を立てる必須条件は、高単価の案件を継続して獲得することです。

これができれば専業Webライターとして生計を立てられるので、まずはどうやったら高単価の案件を獲得できるか?を目標にすべきです。

高単価の案件を獲得する一番簡単な方法は、自分でブログを運営してアクセスと収益を伸ばすことです。

なので、ブログを開設して実績を作りましょう

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
ブログ収入とWebライターの収入の二つが手に入るので、やらない理由はないですね!

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】