【高単価案件】Webライターの稼げる5つのジャンル暴露

悩み人
Webライターの稼げるジャンルで仕事を受けたいんだけど、どうすればいいかな?そもそも稼げるジャンルってどんなものがある

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

結論、Webライターの稼げるジャンルは5つあります。

そこで、その5つの稼げるジャンルで仕事を受けられるようになるために、Webライターとしてどのような行動をしていいのか?について解説します。

もし、Webライターで稼いでいきたいのであれば、本記事を参考にして作業を進めてみてください。

Webライターで稼げるジャンルというのは、高単価のジャンルのことを言います。

しかし高単価のジャンルは専門性が高いことが多いので、初心者がいきなり仕事を受注することが難しいです。

そこで、Webライター初心者でも高単価で稼げるジャンルの仕事を受注できる戦略について紹介します。

こちらのページを読み終える頃には、Webライターの稼げるジャンルではなく、高単価で稼げるジャンルの仕事を受けられるようになるまでの行動を知ることができます

Webライターの「稼げる」と「稼ぎやすい」ジャンルは全然違う

Webライターの「稼げる」と「稼ぎやすい」ジャンルは全然違うWebライターには稼げるジャンルと稼ぎやすいジャンルがあります。

初心者は稼ぎやすいジャンルで仕事を受けて実績をつけ、後々稼げるジャンルを徐々に増やすいていくのが一般的だと言われていますね。

そこで、Webライターの稼げるジャンルと稼ぎやすいジャンルについて、

  1. Webライターの稼げるジャンルとは?
  2. Webライターの稼ぎやすいジャンルとは?
  3. Webライターで稼ぐなら高単価のジャンルを選ぶべき

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説していきます。

Webライターの稼げるジャンルとは?

結論、Webライターの稼げるジャンルというのは、高単価で専門性が高いジャンルのことを言います。

この高単価というのは文字単価3円ほどの案件のことを言い、文字単価3円の案件を継続的に受注できるようになると、Webライターとして稼げると言ってもいいかと思います。

例えば、文字単価3円で3000文字の案件を一つ納品すると、9000円の報酬を受け取ることができます。

このような仕事を月に20件こなすだけで、18万円稼ぐことができるので、東京暮らしの方でも、ギリギリ生活ができるくらい稼げるかと思います。

というように、Webライターの稼げるジャンルは高単価の案件があるジャンルということになるます。

承太郎
Webライターで稼ぐなら、今後稼げるジャンルで仕事を受けられるようになりましょう!

Webライターの稼ぎやすいジャンルとは?

Webライターの稼ぎやすいジャンルというのは、単価が低く誰でも記事が書けるジャンルになります。

この稼ぎやすいジャンルというのは、誰でも記事が書けるのでどうしても単価が低くなってしまいます。

例えば、稼ぎやすいジャンルの中で芸能系の記事を書く仕事があります。

芸能系の記事は誰でも書けるので、文字単価が0.1円ほどの仕事が多いので3000文字書いても300円にしかなりません

先ほどの文字単価3円の案件と比べると、9000円と300円なので雲泥の差ですよね。

芸能系の記事を30記事書いて、やっと文字単価3円の案件と同じ額を稼げるので、稼ぎやすいジャンルを選んだら数をこなす必要があります。

確かに空き時間でちょっとした額を稼ぎたいのであれば、誰でも記事にできる低単価の稼ぎやすいジャンルを選べばいいのですが、Webライターをやるなら稼ぎたいですよね。

Webライターで稼ぎたいのであれば、高単価のジャンルを選ぶべきです。

承太郎
Webライターの稼ぎやすいジャンルを数こなすのも、悪い戦略ではありません!しかし空き時間で大きな額を稼ぎたいなら向いていません!

Webライターで稼ぐなら高単価のジャンルを選ぶべき

結論、Webライターで稼ぎたいのであれば、高単価のジャンルを選ぶべきです。

なぜなら、Webライターの報酬は文字単価×文字数で決まるからです。

例えば、先ほども例に挙げましたが、文字単価3円の案件と0.1円の案件を比べると、仮に3000文字書いたら9000円と300円と、報酬に差が開いてしまいます。

同じ作業をするなら、絶対に文字単価が高いジャンルを選ぶべきなのですが、高単価のジャンルは専門性が高いことが多いです。

後ほど解説しますが、投資や金融系、不動産など、専門的な知識が必要になるジャンルなので、誰でも書けるわけではありません。

なので、このようなジャンルは高単価になるのです。

しかし、Webライターで稼いでいきたいのであれば、高単価のジャンルで仕事を継続して受けるべきなのです。

承太郎
Webライターでサラリーマン以上に額を稼ぎたいのであれば、高単価のジャンルを選んで仕事を受けましょう!

Webライターの稼げるジャンルの3つの特徴

Webライターの稼げるジャンルの3つの特徴

Webライターの稼げるジャンルを特徴について解説します。

そこで、稼げるジャンルの特徴について、

  1. 案件の単価が高い
  2. ジャンル内の案件数が多い
  3. ジャンルの専門性が高い

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説します。

案件の単価が高い

先ほども解説しましたが、Webライターの稼げるジャンルは案件の単価が高いものです。

案件の単価が高いというのは、文字単価3円以上のことを言い、Webライターで稼ぎたいのであれば文字単価3円以上の案件を受注するようにしましょう

例えば、文字単価3円で5000文字で納品する案件だとしたら、1件で15000円稼ぐことができます。

というように、案件の単価が高いとWebライターとして稼ぎやすくなります。

しかし、高単価だからと言って専門性が高く、多く勉強の時間をとる必要がある場合、時給換算すると、そこまで稼げなかった・・・という場合もあるのです。

ですが、稼げる一つのジャンルに絞って勉強を続けていくと、後々時給換算した時に、劇的に稼げるようになるはずです。

関連記事【文字単価1円以上】Webライターで高単価案件を獲得する方法【月収10万円稼ぐ】

承太郎
Webライターは高単価の案件をこなす必要がありますが、時給換算すると、人によってはそこまで稼げない可能性も出てきます!

ジャンル内の案件数が多い

Webライターで稼ぐなら、ジャンル内の案件の数が多いものを選びましょう。

なぜなら、選んだ高単価のジャンルの仕事が3つしかなかったら、継続して仕事を受注することができないので、結果的に時給が高いバイトを単発で入れたという感じになります。

例えば、投資信託についての案件が3つしかなかった場合、最大で3つの仕事しか受けられないということになります。

1件こなして1万円だった場合、最大で3万円しか稼げないということになりますね。

これはかなり極端な例ですが、ジャンル内の案件数が少なすぎると、稼ぎ続けることができないのです。

なので、選んだジャンルで仕事がどのくらいあるのか?を確認してから勉強をしたり仕事を受注することをお勧めします。

承太郎
Webライターの仕事をする前にクラウドワークスなどで、「投資信託」「仮想通貨」などで検索をして、どのくらい案件がヒットするのか調べましょう!

ジャンルの専門性が高い

最後にWebライターで稼ぐなら、専門性が高いジャンルを選定すべきです。

なぜなら、専門性が高いジャンルということは、多くの人が参入することができないので、それだけ価値があるということになるのです。

しかし、そのジャンルに需要がなければなりません。需要がなくWebライターの数が少なくても稼ぐことはできません。

例えば、「FXで100万円から資金を2倍にした時の具体的な資金管理について」という案件は、実際にFXで取引をしないと書けない仕事になります。

FXをやっているとわかるのですが、資金管理はブログでいうところのエックスサーバーをレンタルしてドメインを取得するくらい超重要なことで、資金管理を知らないとFXで稼げません。

というくらい重要なので、「FXで100万円から資金を2倍にした時の具体的な資金管理について」という案件は需要があると考えられます。

しかし、こちらの案件で記事を書けるのは、実際にFXで取引をしないと書けないので、専門性が高く高単価の案件になり得るのです。

といった感じで専門性が高いジャンルでも、需要がなければ意味がないので、先ほどのお伝えしたジャンル内の案件数と合わせてジャンルを選定してみましょう。

承太郎
専門的な知識がなければ勉強すれば問題ありません!

Webライターが稼げる5つの高単価ジャンル

Webライターが稼げる5つの高単価ジャンル

Webライターで稼げる高単価のジャンルを紹介します。

しかし、専門性が高いので、勉強やWebライターとしての実績が重要になります。

ですが、専門的な知識や実績があるのなら、ガンガン攻めていきましょう。

  1. ジャンル①:投資・金融系
  2. ジャンル②:不動産系
  3. ジャンル③:医療系
  4. ジャンル④:転職系
  5. ジャンル⑤:美容系

こちらの稼げるジャンルを5つ紹介していきます。

ジャンル①:投資・金融系

  • FX
  • 株式投資
  • カードローン
  • クレジットカード

金融系や投資系のジャンルは銀行や証券会社に勤めている人が、かなり有利になるジャンルになりますね。

しかし、自分で投資をしている方だったり、これから勉強をしていくのであれば、狙えるジャンルになります。

さらに、ライティングスキルを持ち合わせているのであれば、サラリーマンの月収以上を稼ぐことも可能になってきます。

承太郎
金融系や投資系のジャンルは専門性が高いので、狙える人はチャンスです!

ジャンル②:不動産系

  • 不動産投資
  • リフォーム
  • 空き家買取

不動産系のジャンルも高単価の案件が多いので、稼げるジャンルの一つと言ってもいいですね。

住宅の購入などの記事も専門性が高くなりますし、実際に住宅を購入した人しか気付けないポイントもたくさんありますよね。

それらをライティングスキルを駆使して文章を書くことで、高単価の報酬を得られる可能性が高いです。

承太郎
不動産会社で働いていたり、宅建の資格があると有利になる可能性があります!

ジャンル③:医療系

医療系はかなり専門的な知識が必要になるので、初心者の方はあまり狙わない方がいいでしょう。

しかし、医者や看護師の方は専門的な知識もあると思いますし資格もあるでの、Webライターで稼ぎたいのであれば、優先的に案件を獲得できるはずです。

なので、医療系の資格を持っているのであれば、積極的に狙ってみるといいかもしれません

承太郎
情報を間違えられないジャンルなので、専門的な知識がある方以外は手を出さない方がいいかもしれません!

ジャンル④:転職系

  • 看護師への転職
  • IT業界への転職
  • 第二新卒

転職系のジャンルは高単価ですし、比較的多くの方が文章を書きやすいジャンルになります。

専門的な知識もそこまで必要がありませんし書きやすいので、もしWebライターで稼ぎたいのであれば転職系のジャンルを攻めてみるといいかもしれません。

転職という大きなジャンルではなく、IT業界や看護業界など、業界ごとに知識を深めていき、徐々にジャンルを広げていくといいかもしれません。

承太郎
転職系のジャンルは本やYouTube動画で勉強ができるので、Webライターで稼ぎたいのであれば転職系のジャンルから始めるといいかもしれません!

ジャンル⑤:美容系

  • 脱毛
  • ダイエット
  • 髪の毛

美容系でも単価が安いジャンルもあれば高いジャンルもあるので、自分が書こうと思っているジャンルがどのくらいの文字単価なのか?を調べてみましょう

美容ジャンルの中だと脱毛が高単価なので、実際に脱毛を経験したことがある方なら、狙ってみるといいかもしれません。

Webライターで収益を上げるために脱毛に行くのもありですし、クライアントと相談してどのような記事内容を求めているのか?を聞いてから脱毛に行くのもいいと思います。

承太郎
美容系のジャンルは女性におすすめです!

Webライターの稼げる高単価ジャンルの案件を獲得する戦略

Webライターの稼げる高単価ジャンルの案件を獲得する戦略

最後にWebライターの稼げる高単価のジャンルの案件を獲得する戦略について解説します。

まだ知識も実績もない方でも稼げるジャンルの案件を獲得できるように、

  1. 専門性の高いブログを運営する
  2. ライティングスキルを身につける
  3. Webライターとしての実績を積み重ねる

こちらの3つの手順を踏んで実践してみてください。

専門性の高いブログを運営する

結論、Webライターの実績を作るために、専門性の高いブログを運営しましょう

なぜなら、お仕事を依頼するクライアントは、自身のブログのアクセス数や収益を伸ばしたいから仕事を頼むのです。

例えば、不動産についてのブログを運営している人からすると、不動産の知識がある人に記事を書いて欲しいと思うものです。

なので、不動産の知識があるのはもちろんですが、実際に不動産ブログを運営してアクセス数と収益を伸ばしている人に仕事を頼んだほうが、収益が上がる可能性が高まります

つまり、実績というのはブログを運営してアクセス数と収益を伸ばすが一番わかりやすいのです。

確かに不動産のジャンルで記事を納品した実績も大事ですが、不動産ブログで結果を出している人に仕事を頼みたいのです。

Webライターの稼げるジャンルの案件を獲得できるように、ブログを開設していない方は今すぐ開設すべきです。

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
稼げるジャンルで案件を獲得するためにブログを運営しましょう!

ライティングスキルを身につける

ブログを開設できたらライティングスキルを身につけるための、基本的なスキルを勉強して記事を書いていきましょう

なぜなら、Webライターはライティングスキルが求められているからです。

例えば、専門的な知識があったとしても、ライティングスキルがないとWebライターの仕事は務まりません

なので、Webライターで稼ぎたいのであれば、ライティングスキルを身につける必要があるのです。

ライティングスキルを身につける手順は、

  1. ネットや本で基本的なライティングスキルを勉強する
  2. 実際に記事を書いてアクセスを集めてみる

この手順でライティングスキルを徐々に上げることが可能です。

僕も基本的なライティングスキルを勉強してから、当ブログを運営し始め、自分で言うのも何かとおこがましいですが、結構スキルが上がってきていると思っています。

というように、ライティングスキルは実際に記事を書くことが大事なので、ブログを開設して文章を書く練習をするのがおすすめです。

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
Webライターと一緒にブログも始めると面白いようにスキルが上がります!

Webライターとしての実績を積み重ねる

専門的なブログを運営しライティングスキルを徐々に上げていき、Webライターとしての仕事を受注しましょう

そしてそれがWebライターとしての実績になりますし、高単価の仕事を継続して受注するために大事になります。

例えば、

(a)不動産会社で働いてました!
(b)不動産ブログで月に5万円稼いでいます!
(c)不動産ブログで月に5万円稼ぎつつWebライターとして10件の案件をこなしてます!

この3人がいたら、絶対に(c)さんを選びますよね

ブログを開設して実績を出せば(b)さんになることができます。その実績をもとに高単価ののジャンルの案件をこなすことで(c)さんになることができるのです。

しかしいきなり(c)さんになることは難しいので、半年〜1年ほどかけて(c)さんになることを目標にして、まずは(b)さんになることを目指しましょう

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
Webライターで稼ぎたいなら、ブログ運営は必須と言っても過言ではありません!

Webライターの稼げるジャンルは戦略次第で仕事を受けられる

Webライターは戦略次第で高単価のジャンルで稼げるようになります。

本記事で紹介している手順は、おそらく半年〜1年ほどかかると思います。

しかし1年後にWebライターだけでサラリーマンの月収くらい稼げるようになれれば、かなり生活が楽になると思います。

同時にブログも運営していれば、おそらくブログ収入で5万円〜10万円稼ぐことは可能だと思います。

仮にブログ収入で10万円、Webライターで10万円稼げるようになったら独立も視野に入れることができますね

なので、Webライターで稼ぎたいのであれば、まずはブログを開設して、

  1. 高単価のジャンルを選定する
  2. ライティングスキルを駆使してアクセスと収益を伸ばす
  3. ブログをポートフォリオにして高単価のジャンルの案件を納品する

こちらの戦略でWebライターの収益を上げていきましょう。

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】