Webライター

【残酷】Webライターに向いている人のスキルは?【誰でも稼げます】

Webライターに向いている人のスキル
悩み人
悩み人
Webライターとして働きたいんだけど、向いている人ってどんな人なの?自分がWebライターに向いているのか調べるにはどうすればいいの?

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

結論を先に言うと、Webライターに向いている人はいません

〇〇だからWebライターで稼げるようになった!という人は、Webライターの中にはいません。

なので、Webライターに、向いている人はいないのです。

しかし、最低限の判断基準はあります。もし、Webライターで稼いでみたいと思っている方は、このまま読み進めていってください。

本記事では、あなたがWebライターに向いているのか?稼ぐことができるのか?について詳しく解説していきます。

本記事で学べる内容
  • テーマ①
    Webライターに向いている人の特徴
    Webライターに向いている人の特徴に当てはまっていれば稼げる素質はあるかもしれません。しかし全部当てはまっていなくてもWebライターとして稼ぐことは可能です。
  • テーマ②
    Webライターに向いていない人の特徴
    Webライターに向いていない特徴もあります。もし今後Webライターとして稼ぎたいのであれば、こちらの向いていない特徴を改善しましょう。
  • テーマ③
    Webライターに向いているか判断する3つの方法
    もし、Webライターで稼ぎたいのであれば向いているのか判断しましょう。

こちらのページを読み終える頃には、Webライターで必要なスキルを理解し、Webライターとしての第一歩を踏み出す準備が整うはずです。

承太郎
承太郎
ちなみに僕は、Webライターとして50件以上の仕事をこなしたことがあるよ!

Webライターに向いている人の特徴

Webライターに向いている人の特徴

早速、Webライターに向いている人の特徴について紹介します。

もし、Webライターに向いている特徴に当てはまっているなら、自信を持ってがんばってみて下さい。

Webライターに向いている人の特徴を

  1. ひとりで作業ができる
  2. 時間の管理が得意である
  3. 文章を書くのが好きである
  4. いろんなジャンルに興味がある
  5. 人の意見を取り入れることができる

こちらの5つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

ひとりで作業ができる

まず、Webライターはひとりで作業ができる人に向いています。

Webライターの仕事内容は、執筆依頼を受けて業務をこなすので、全てひとりで完結します。

これは人によってはメリットになりますが、ひとりで作業ができない人は、あまりWebライターに向いているとは言えません。

もし、

  • クライアントとの連絡
  • 執筆内容に必要な情報を調べる
  • 執筆作業

この流れをひとりで作業ができない場合は、他の仕事を選んだ方がいいかもしれません。

しかし、ひとりでも作業ができるのであれば、Webライターは合っているかもしれません。

承太郎
承太郎
地道な作業ができる人は、Webライターに、向いている人!

時間の管理が得意である

Webライターで稼ぐなら時間の管理が出来ないと稼げません。というのも、Webライターの収入は文字単価×文字数だからです。

つまり、Webライターは一つの業務をこなすと貰える報酬は決まっています。

なので、仮に月に副業で5万円稼ぎたいのであれば、文字単価×文字数を逆算すれば、1日に、どのくらい時間を作業に当てればいいのかわかりますよね。

しかし時間管理ができていないと、目標の収入に達成しない場合があります

さらに、基本的に納品日が決まっているので、その日までに納品する必要がありますよね。

ですが、ギリギリまで記事を書いていないと、時間がなく情報が薄くなって質の低い記事を納品してしまう場合があります。

これでは、Webライターとして稼いでいくのは難しいです。

なので、Webライターは時間の管理ができる方が向いています。

承太郎
承太郎
仕事を受注したら、納品までの1日の作業内容を決めれば問題なし!

文章を書くのが好きである

続いて、文章を書くのが好きというのは、Webライターの向き不向きに大きく関係しています。

やはり、人がためになる情報を自分の口で話して伝えたいなら、YouTubeが向いているでしょうし、文字にして伝えたいのであれば、記事にする方が向いています

なので、Webライターで文章を書くことが好きじゃないと、稼ぐことは難しいかもしれませんね。

承太郎
承太郎
文章を書くのが好きな人は、Webライターに向いている!

いろんなジャンルに興味がある

いろんなジャンルに興味がある人は、Webライターに向いています。

というのも、Webライターは様々なジャンルの案件があるので、幅広いジャンルに興味がある人は、それだけ稼げる幅が広がるということになります。

専門的な知識がなくても、興味があるジャンルなら調べることが苦痛に感じません

仮に、ダイエットに興味がないのに、Webライターとしてダイエットの記事を書こうと思っても、調べるのがかなり苦痛だと思います。

まだ結婚していない男性が、子育ての記事を書くのは、ちょっと難しいですよね。

女性がヒゲの処理についての記事を書くのはキツいと思います。

というように、色んなジャンルに興味がある方は、Webライターに向いています。

承太郎
承太郎
興味があるものがたくさんなくても、特化させれば問題なし!

人の意見を取り入れることができる

Webライターの仕事は単発で受けることもあれば、継続して仕事を受けることもあります。

クライアントの意見を聞けない人は、継続してWebライターの仕事を受けるのが難しいです。

やはり、クラインアントの意見を取り入れて改善をしていかないと、継続して仕事を受けるのはキツいですよね。

なので、Webライターとして一人で仕事はするものの、クライアントの意見を取り入れながら仕事をするべきですね。

承太郎
承太郎
継続して仕事を受けたいなら、人の意見を取り入れよう!

Webライターに向いていない人の特徴

Webライターに向いていない人の特徴

続いて、Webライターに向いていない人の特徴を紹介します。

もし、自分に当てはまっているなら、今すぐ改善すべきです。

Webライターに向いていない人の特徴は、

  1. 完璧主義である
  2. 逆に大雑把である
  3. 自分語りしてしまう
  4. 文章を書くのが苦痛に感じる
  5. コミュニケーションが苦手である

こちらの5つテーマで、一つ一つ解説していきます。

完璧主義である

まずは、完璧主義の人は、Webライターで稼ぐのは難しいです。

なぜなら、文章に正解はないからです。

最低限のラインはありますが、完璧を目指してしまうと、いつまで経っても終わりません。

なので、Webライターとして稼ぎたいのであれば、完璧主義は向いていません。

納品日にギリギリに納品するよりも、2日前に80%の出来で納品してもらった方が、クライアントに喜んでくれる可能性が高いです。

承太郎
承太郎
完璧な文章は書けないから、完璧主義は辞めよう!

逆に大雑把である

完璧主義はよくありません。しかし大雑把なのもWebライターに向いていません。

誤字脱字が多かったり、文章が支離滅裂だったり。お金をもらって記事を書いているので、大雑把すぎるのはよくありません

完璧主義ではなく、大雑把すぎないくらいが、Webライターで稼ぐのに丁度いいですね。

承太郎
承太郎
80%くらいの完成度で記事を書けるWebライターがいいかも!

自分語りしてしまう

続いて、自分語りをしていまうWebライターです。

クライアントはあなたの日記を求めているのではなく、収益をもたらす記事が欲しいからWebライターに記事執筆の依頼をするのです。

なので、自分語りをしてしまう方は、ただの文字数稼ぎと思われてしまうので、Webライターに向いていません。

やはり、日記のような文章は、クライアントは求めていません。

クライアントが何を求めているのか?こちらが、Webライターとして書くべき内容です。

承太郎
承太郎
Webライターとして稼ぐなら、日記のような文章にならないように気をつけよう!

文章を書くのが苦痛に感じる

続いて、文章を書くのに苦痛に感じてしまう方は、Webライターに向いていません。

これは他の仕事にも当てはまると思いますが、Webライターは文章を書くのが苦痛に感じてしまうのであれば、やらない方がいいでしょう。

こちらの「【月30万円稼ぐ】Webライターが1日に書くべき文字数は?【増やし方】」でも解説していますが、Webライターとして生活するなら、1日に1万文字ほど書く必要があります。

この1日に1万文字は、文章を書くのが苦痛に感じる方は、地獄以外の何ものでもありません。

なので、文章を書くのが嫌なら、Webライターは向いていません。

Webライターが1日に書くべき文字数は?
【月30万円稼ぐ】Webライターが1日に書くべき文字数は?【増やし方】Webライターが1日に書くべき文字数を知っていますか?本記事ではWebライターが1日に書くべき文字数と月に30万円稼ぐ手順を公開します。1日に書くべき文字数を知りたい方は必見です。...
承太郎
承太郎
Webライターは文章を書くのが好きな方は向いている!

コミュニケーションが苦手である

最後に、コミュニケーションが苦手な方は、Webライターに向いていません。

コミュニケーション能力がないのはそこまで重要ではなりませんが、やはりクライアントやりとりをして仕事を進めるので、コミュニケーションは、最低限必要になります。

しかし、在宅でWebライターをするなら、基本的にメールやチャットで仕事のやりとりをするので、最低限の仕事上のコミュニケーションスキルは必要になります。

ですが、仕事上のコミュニケーションのやり方は、調べればいくらでも出てきます。

承太郎
承太郎
仕事上のメールやり方がわからなかったら、調べればいくらでも出てくる!

Webライターに向いているか判断する3つの方法

Webライターに向いているか判断する3つの方法

結論を先に言うと、Webライターに向いているか判断する方法はありません。

実際にWebライターの仕事をやってみるしかありません。

しかし、Webライターをやってみたいけど、自分が向いているのか判断したい方は、

  1. Webライターは稼げるまでの期間
  2. Webライターで稼ぐために必要なもの
  3. Webライターはタイピングスキルが重要

こちらの3つを基準に判断してみてください。

Webライターは稼げるまでの期間

Webライターとして稼げるようになるまで、どのくらいの期間がかかるのかを知るべきです。

先ほどもお伝えしましたが、Webライターの収入は文字単価×文字数になるので、文字数をたくさん書けば、稼ぐことが可能です。

しかし、初心者の方の文字単価の相場は0.5円だと言われています。

仮に1日に5000文字書ければ、1ヶ月で5万円ほど稼ぐことができます。文字単価が1円になれば、月に10万円稼げますね。

ですが、これは理想であって現実的ではありません

初心者の方は、なかなかWebライターの仕事を受けれない状況もありますし、毎日コンスタントに仕事ができるわけではありません。

営業活動も必要になるかもしれませんし、クラウドワークスで仕事を受注するとしても、必ず仕事にありつけるわけではありません。

なので、1日に5000文字書きたいと思っても、なかなか書く仕事を受けられないと思ってください。

文字単価については、記事にするジャンルによっては、1.5円になることもあります。

こちらの「【月30万円稼ぐ】Webライターが1日に書くべき文字数は?【増やし方】」でもまとめていますが、金融系のWebライターの仕事を受ければ、稼ぎやすくなります。

このことを考えると、稼げるようになるまでの期間は、早くても3ヶ月ほどだと思ってください。

3ヶ月頑張れば、実績もできてスキルも溜まるので、高単価の仕事も受けられるようになります。

Webライターが1日に書くべき文字数は?
【月30万円稼ぐ】Webライターが1日に書くべき文字数は?【増やし方】Webライターが1日に書くべき文字数を知っていますか?本記事ではWebライターが1日に書くべき文字数と月に30万円稼ぐ手順を公開します。1日に書くべき文字数を知りたい方は必見です。...
承太郎
承太郎
Webライターで稼げるようになるのは約3ヶ月!

Webライターで稼ぐために必要なもの

Webライターで稼ぐために必要なものは、

  • パソコン
  • Wi-Fi
  • クラウドワークスのアカウント

» 無料でクラウドワークスに登録する

こちらの3つがあれば、誰でもWebライターの仕事をすることができます。

これ以外に何も入りません。

なので、参入障壁がかなり低いので、大学生や主婦の方でもできてしまうので、幅広いジャンルを書けるようになると、仕事が受けやすくなります。

承太郎
承太郎
Webライターは今日からスタートできる!

Webライターはタイピングスキルが重要

Webライターで稼ぐなら、やっぱりタイピングスピードはかなり重要です。

5000文字を5時間で書けるのか、10時間で書けるかで、月の収入が半分になるか決まってしまいます

Webライターは文字単価×文字数で収入が決まるので、タイピングスピードはかなり重要です。

もし、Webライターで生活を考えているのであれば、タイピングスピードを上げるのは必須です。

承太郎
承太郎
タイピング練習は「寿司打」でできるよ!

Webライターは向き不向きではなく、稼ぎたいかどうかで決まる

Webライターは向き不向きではなく、どのくらい稼ぎたいのかどうかで決まります。

もし、Webライターとして稼いでいみたいのであれば、クラウドワークスに登録をして、Webライターの仕事を一つ受けてみてください。

» 無料でクラウドワークスに登録する