【誰でも可能】Webライターになるための3つの練習方法とコツ

悩み人
Webライターとして稼いで行きたいんだけど、どんな練習をすればいいの?上手に文章が書けないから練習をしたい!

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

結論、Webライターの練習方法は、実際に文章を書くことが一番いいです。

しかし、ただただ文章を書いただけでは上達しません。

なので、Webライターで稼ぐための練習方法を紹介します。

Webライターの練習方法は実際にアクセスを集めているブログ記事の文章を真似して文章を書くのが一番上達します。

なぜなら、すでにアクセスを集めている記事はWebライターとして価値ある記事ということになるので、すでに結果が出ているブログ記事を真似するのが、いい練習方法なのです。

例えば、Webライターとして仮想通貨の記事を書いて稼ぎたいのであれば、仮想通貨ブログの記事を真似して書いてみるというものです。

これがWebライターのスキルを上げる練習方法になります。

こちらのページを読み終える頃には、Webライターの練習方法だけではなく、他のWebライターよりも高いレベルにいく方法も知ることもできます

【練習前知識】Webライターに求められていること

【練習前知識】Webライターに求められていること

まずは、Webライターの練習をする前に、仕事で求められることについて紹介します。

このWebライターとして求められていることがわからないと、最適な練習ができないので、

  1. 誰でも理解ができる文章を書けること
  2. クライアントが求めている記事を書くことができること
  3. 納品までに時間がかからないこと

こちらの3つのテーマで、一つひとつ解説します。

誰でも理解ができる文章を書けること

Webライターとして求められている文章は、小学生でも理解できる文章を書くことです。

なぜなら、Webライターの仕事は基本的に大衆に向けて読んでもらう記事を書くので、誰でも読んでわかる文章を書く必要があるのです。

例えば、「債券」とは何か?を説明するときに、国や企業が投資家から資金を調達するために発行するものなのですが、このような説明をしても小学生には説明できません。

しかし、「債権は借金です。」と説明した方がわかりやすいですし、この先の説明も簡単になります。

債権は会社の借金のことを言います。仮に企業が5億円借りて工場を建てたい!と思っても、大きな額なので借りるのが難しいです。なので、債権という形で投資家にお金を募り工場を建てれる資金にするのです。なので、一般的に債権は借金と言われるのです。

このような感じで、誰にもでもわかる文章で書けることが、Webライターとして求められるスキルになります。

承太郎
Webライターは小学生でもわかる文章を書けるようになりましょう!

クライアントが求めている記事を書くことができること

Webライターとしてクライアントが求めている記事を書くことができるスキルを取得する必要があります。

なぜなら、クラインアントによって、求めている記事が変わってくるからです。

例えば、株式投資の記事を求めているクライアントさんは、40代50代の男性に向けて記事を書こうと思っているのであれば、ある程度硬めの文章でも受け入れられます。

しかし、芸能系などの10代20代の若い方に向けての記事なら、短い文章で難しい言葉を使わない文章を、クライアントが求めている可能性があります。

なので、Webライターの仕事ごとに求められる文章スキルが異なるので、クライアントが求めている記事を書くことも、Webライターとして重要なのです。

承太郎
Webライターはクライアントが求めている記事を書くことが、とても重要です!

納品までに時間がかからないこと

これはWebライターだけではありませんが、納品日の前に納品をするとクライアントに喜ばれます。

僕もWebライターとして仕事を受けていたことがあるのですが、基本的に納品日の2日前までに納品をしていました。

なぜなら、クライアントは早い納品を求めているからです。

仮にあなたがWebライターに仕事を依頼する側だとしたら、早めに納品をしてもらった方が嬉しいですよね。

というように、クライアントが喜ぶ仕事を心がけることで、長期間Webライターとして仕ってもらえる可能性が高まりますし、単価も上がるかもしれません

承太郎
納品日の前に仕事を終わらせるスピードも、Webライターは重要です!

Webライターになるための3つの練習方法

Webライターになるための3つの練習方法

Webライターで稼ぐために、3つの練習方法を紹介します。

これからWebライターとして仕事をしていくなら、

  1. 他の記事を参考に記事を書いてみる
  2. Webライターに関する本を読んでみる
  3. 基本的な知識を頭に入れて記事を書いてみる

こちらの3つの練習方法を、是非実践してみてください。

練習方法①:他の記事を参考に記事を書いてみる

Webライターの練習をするなら、すでにアクセスを集めている他の記事を参考にして記事を書いてみるといいでしょう。

なぜなら、すでにアクセスを集めている記事というのは、クライアントが求めている記事なので、その記事を参考にして記事を書く練習をすると、クライアントが求めている記事を書くことができるのです。

例えば、Webライターの仕事を見てみて、「仮想通貨で稼ぐ方法について記事を書いてください!」という仕事を見つけたとします。

そしたら、「仮想通貨 稼ぎ方」というようなキーワードで検索をして、上位表示されている記事はどのようなライティングで書かれているのかをチェックします。

その記事をもとに文章を書いてみると、Webライターの練習になります。

しかし、参考して書いた文章はパクリになってしまうので、クライアントには絶対に納品しないようにしましょう

承太郎
練習としてアクセスが集まっている他の記事を参考に記事を書いてみましょう!

練習方法②:Webライターに関する本を読んでみる

すでにアクセスが集まっている記事を参考にして記事を書くだけではなく、ライティングに関する本を読んで勉強するのも、Webライターの練習につながります

なぜなら、すでにアクセスが集まっている記事を参考に文章を書く練習をしても、その記事はなぜこの文章構成で書かれているのか?が分からないからです。

ライティングに関する本を数冊読んでおくだけで、

  • この記事はPREP法で書かれている!
  • リード文で読者に読まれる工夫が施されてる!
  • 商品リンクの位置はこっちの方がいいのな〜!

など、ある程度ライティングスキルが頭に入っていると、他の記事を参考に記事を書いているときに、気づきが増えます

例えば、全くサッカーの知識がない状態よりも、オフサイドやちょっとした戦略について知っている方が、サッカーを楽しむことができます。

というように、基本的な知識があると、記事を書く練習をしている時の気づきが全然変わってきます

なので、ライティングに関する本は数冊読んでおきましょう。

関連記事【5冊で十分】アフィリエイト初心者におすすめの本【書籍ランキング】

承太郎
ライティングに関する本を数冊読んだら、実際に記事を書いてスキルを上げていきましょう!

練習方法③:基本的な知識を頭に入れて記事を書いてみる

先ほどもお伝えしましたが、基本的な知識を頭に入れてから、記事を書く練習をしていきましょう。

基本的な知識が頭に入っている状態で記事を書く練習をしている方が、記事を書いている時の気づきが全然変わってきます

なので、ただただ記事を書くだけではなく、他の記事を参考にして記事を書いている時に、なぜこの文章構成で記事を書いているのか?など、頭をフル回転させながら練習していきましょう。

承太郎
芸能系など、単価が安いWebライターの仕事を受けて練習をするのも一つの手です!

Webライターが練習をしてさらに上位を目指すコツ

Webライターが練習をしてさらに上位を目指すコツ

Webライターの練習の方法を紹介しました。

練習方法を実践すれば、Webライターとして稼ぐことが可能になりますが、さらにレベルアップするコツを紹介します。

そこで、Webライターとしてのレベルを上げるために、

  1. 記事を書くジャンルの情報をインプットする
  2. ライティングスキルで記事を書く
  3. 自分でブログを運営してアクセスを集める

こちらの3つのテーマを、一つひとつ解説していきます。

コツ①:記事を書くジャンルの情報をインプットする

Webライターでレベルアップするなら、仕事を受けるジャンルの情報をインプットしましょう。

なぜなら、情報をインプットすることで、書く内容だけではなく例え話も交えて記事を書くことが出るようになります。

例えば、先ほどの「債権」の例え話も情報をインプットしたから、例え話として文章を書くことができるのです。

例え話を交えることで、読者にわかりにくい情報もわかりやすく解説することができるので、情報をインプットすることはWebライターとして稼ぐ上で結構重要なのです。

承太郎
今は本やネットだけではなく、YouTubeでも情報をインプットすることができますね!

コツ②:ライティングスキルで記事を書く

Webライターとしてレベルアップさせたいのであれば、ライティングスキルを使って文章を書いていきましょう。

ライティングスキルというのは、読者にとって読みやすい文章を書くことなので、つまり質の高い記事を書くことができるのです。

例えば、ライティングスキルは読者にとって読みやすい文章を書くことなので、言い方を変えればGoogleが上位表示させる記事を書くということにもなるのです。

Googleは滞在時間や直帰率の数値を考慮して検索順位を考えているので、読者に読まれる記事ということは、検索結果を上げてもいい記事ということになるのです。

なので、ライティングスキルを使って記事を書くことはWebライターとしてさらにレベルの高い記事を納品することができるということになるのです。

承太郎
Webライターで稼ぎたいなら、ライティングスキルを学びましょう!

コツ③:自分でブログを運営してアクセスを集める

本記事で紹介した練習方法とWebライターとしてのレベルを上げる方法をもとに、自分でブログを開設して記事を書いていくことを強くお勧めします。

なぜなら、自分でブログを運営してアクセスと収益を伸ばせる人を、企業は求めているからです。

例えば、Webライター未経験の人と、自分でブログを運営して月に5万円稼いでいる人だと、どちらの方に仕事を依頼したいですか?

圧倒的に、自分でブログを運営して月に5万円稼いでいる人に仕事を依頼したいと思うものです。

というように、Webライターとして稼いで行きたいのであれば、自分でブログを運営して実績を残しましょう。

そのブログ運営の実績はWebライターの履歴としても、十分使うことができるので、Webライターで稼ぎたいのであれば、今すぐにブログを開設して記事を書いていきましょう。

Webライターだけではなく、ブログの広告収入があるだけでも、気持ち的にかなり楽になります

仮にあなたが副業でWebライターとして稼いでいこうと思っているのであれば、Webライターとブログ収入の2つあった方がいいですよね。

なので、Webライターとして稼いでいきたいのであれば、ブログを開設しましょう

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

承太郎
ブログを開設して Webライターとしての実績を作っていきましょう!

Webライターは練習すれば誰でもレベルアップ可能!

Webライターの練習方法について解説しました。

結論、基本的なライティングスキルを身につけて記事をたくさん書く、これがWebライターの練習方法です。

さらにレベルを上げたいのであれば、自分でブログを開設してアクセスと収益を伸ばしてみてください。

自分でブログを運営してアクセスと収益を伸ばしているという実績は、Webライターとしてかなり有利になります

関連記事【簡単10分】WordPressブログの始め方マニュアル【クイックスタート推奨】

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】