SEOキーワードの具体的な入れ方のコツ

【超重要】SEOキーワードの具体的な入れ方のコツ【稼いでる人はやってる】

悩み人
SEOキーワードの具体的な入れ方についてコツを教えて欲しい!なかなかブログにアクセスが集まらないんだ!

こちらの疑問を解決させます。

本記事の内容

  • SEOキーワードを入れる前の基礎知識
  • SEOキーワードの具体的な5つの入れ方
  • 稼いでる人がやってるキーワードを入れる3つのコツ

SEOキーワードとは検索エンジンで検索をするキーワードのことを良い、このSEOキーワードを元に記事を書いてくのがSEO対策の超基本になります。

例えばこちらの記事は「SEOキーワード 入れ方」と検索エンジンで検索をする人を対象に記事を書いています。

と言うように、記事を書く前にSEOキーワードを考えてる必要があり、そのSEOキーワードで検索をする人はどんな情報を求めているのか?の検索意図を把握する必要があります。

承太郎
ブログのアクセスがなかなか集まらない人に向けて、SEOキーワードの正しい入れ方について解説していきます!

SEOキーワードの入れる前の基礎知識

SEOキーワードの入れる前の基礎知識

まずはSEOキーワードを入れる方法の前に、SEOキーワードの基礎知識を解説していきます。

そもそもSEOキーワードとは何なのか?を知らないと入れ方もわかりません。

  1. 検索エンジンで上位表示させるため
  2. 検索ユーザーに何の記事を書いているのか認識してもらうため
  3. SEOキーワードはとりあえず入れれば良いわけではない

こちらの3つのテーマで一つひとつ解説していきます。

検索エンジンで上位表示させるため

基本中の基本なのですが、SEOキーワードを入れるのはGoogleの検索エンジンで上位表示させるために入れます。

検索エンジンの仕組みについては「【SEO対策】Google検索エンジンとは?わかりやすく仕組みと特徴を解説」で詳しく解説していますが、この検索エンジンに対して

承太郎
僕が書いた記事は「〇〇 △△」で記事を書いています!

と、認識してもらう必要があります。

この検索エンジンに対して自分が狙ったキーワードは「〇〇 △△」です!という認識をしてもらうために、SEOキーワードを入れる必要があるのです。

もしSEOキーワードが入っていないと、何について書いた記事なのか検索エンジンは認識してくれません

なので、検索結果で上位表示させてブログにアクセスを集めたいのであれば、必ずSEOキーワードを入れましょう。

承太郎
検索エンジンにアピールするためにSEOキーワードを入れましょう!

検索ユーザーに何の記事を書いているのか認識してもらうため

続いて、検索ユーザーに対して何の記事を書いているのかを認識してもらうためにSEOキーワードを入れます。

SEOキーワードが入っていないと検索エンジン同様に、何について書いた記事なのか理解してもらえません

ダイエットについて書いているのにダイエットというキーワードが入っていないと、ダイエットについて書いてあるのか認識されづらいですし、わかりやすい文章作りができません。

なので、SEOキーワードは検索ユーザーに認識してもらい、さらにわかりやすい文章作りをするために入れるのです。

  • ネットを使って月に1万円稼ぐ
  • アフィリエイトで月に1万年稼ぐ

どちらがわかりやすいでしょう。明らかに後者の「アフィリエイトで月に1万年稼ぐ」だと思います。

「アフィリエイト」というSEOキーワードを使うことによって、検索ユーザーに「この記事はアフィリエイトのついて書かれている記事なのね!」と判断してもらうことができます。

さらに、「アフィリエイト 始め方」というSEOキーワードで記事を書いたのなら「この記事はアフィリエイトの始め方について書いているか!自分にピッタリだ!」と判断してもらえる可能性が高まります。

つまり、SEOキーワードを選ぶのはアクセスを集める上でものすごく大事なことだということになります。

SEOキーワードが決まっていないと、何について書かれてある記事なのかわかりませんので、頑張って書いた記事でも誰でも読まれません。

仮にアフィリエイトで月に1万円稼いだキーワード選定方法を頑張って書いたとしても、記事のタイトルが「アフィリで稼いだよ」みたいな感じにつけても誰も読みません。

「サラリーマンが1日2時間の隙間時間で1万円稼いだアフィリエイトのキーワード選定術」のようにタイトルをつけた方が読まれますよね。

と言うように、SEOキーワードを入れるのはとても大事なのです。

再確認する【完全マニュアル】ブログ収益化させるキーワード選定の3つの戦略【徹底解説】

承太郎
検索ユーザーに何が書かれてある記事なのかアピールできます!

SEOキーワードはとりあえず入れれば良いわけではない

しかしSEOキーワードをとりあえず入れれば良いわけではありません。

アフィリエイトで稼ぐのは簡単ではありません。アフィリエイトはキーワード選定がとても重要で初心者の方は勉強必須です。ですが、アフィリエイトはいきなり結果が出るものではないので、アフィリエイトはまだ慣れていない段階でもブログを開設して書き始めた方がアフィリエイトは稼げます。

のように、SEOキーワードを入れすぎると読者に対して読みにくい文章を提供していることになるので、これではいけません。

SEOキーワードを入れるのも大切ですが、読みやすさを意識しましょう。そうでないと読者が最後まで読んでくれませんし、読みにくいとすぐに離脱されます。

すぐに離脱されてしまうとGoogleの評価も下がってしまいます

承太郎
読者が不快に思わな程度にSEOキーワードを入れましょう!

SEOキーワードの具体的な5つ入れ方

SEOキーワードの具体的な5つ入れ方

SEOキーワードを入れる重要性がわかったと思います。しかし入れすぎには注意してください。

ブログは100%読者のことを思って記事を書くべきです。これがSEO対策の本質ですし、その一つの対策としてSEOキーワードを入れると言うものがあるわけです。

では、SEOキーワードをどうやって入れるのか?

  1. 記事のタイトル
  2. 記事のh2見出し
  3. 記事の本文
  4. 共起語を入れる

こちらの4つを紹介します。

記事のタイトル

記事タイトルには絶対必ずSEOキーワードを入れましょう。記事タイトルは記事の顔です。

めちゃくちゃ大事ですし、検索ユーザーは一番最初に記事タイトルを見て記事を読むか判断します。

検索エンジンに調べたいキーワードを入れて検索したときに、必ず一番上に表示されてある記事を読むわけではないと思います。

自分の悩みを解決してくれる記事を検索ユーザーは探しているので、SEOキーワードを入れないと、読むかどうかの判断すらしてくれません。

SEOキーワードが入っていないと「この記事、私が求めてる記事ではないな。」と判断されてしまいます。

なので、記事タイトルには必ずSEOキーワードを入れましょう

しかしSEOキーワードを記事タイトルに入れればいいと言うわけではありません。クリックされる記事タイトルをつける必要があります。

承太郎
クリックされる記事タイトルの付け方は「【これで読まれる】クリック率を上げるタイトル20選【CTR改善】」で詳しく解説しています!

記事のh2見出し

記事タイトルだけではなく、h2見出しにも必ずSEOキーワードを入れましょう。

記事のh2見出し

【SEO効果あり】ブログ記事のタイトルの決め方のコツと文字数」の記事は「ブログ記事 タイトル 決め方」で上位表示させようと思いつけました。

そこで目次を見ると「ブログ記事 タイトル 決め方」が入っているのがわかりますね。

記事のh2見出し2

最後の見出しは「ブログ記事 タイトル 付け方」になっていますが、「決め方」と「付け方」は似ていますし、検索されているので最後の見出しだけ変えました。

h2見出しにはSEOキーワードを入れていますが、h3見出しには無理やり入れることは考えません

当ページもh3見出しにはSEOキーワードを入れていませんが、SEO対策的に入れなくても問題はありません。

むしろh3見出しにまでSEOキーワードを入れてしまうとごちゃごちゃしてしまうので、読者のためになりません。

読者は最初から最後まで記事を読んでくれません。こちらの記事も最初から最後まで全部読まれることはなく、飛ばし飛ばし読まれているのだと思います。

見出しはその飛ばし飛ばしのストッパーの役割があります。見出しでSEOキーワードが入っていると自分が読みたい情報があると読者の方に思ってもらえるので見出しに入れる必要があるのです。

承太郎
h2見出しにも必ずSEOキーワードを入れましょう!

記事の本文

記事の本文にもSEOキーワードを必ず入れましょう。入れないと何について書かれてある記事なのか、検索エンジンも検索ユーザーも判断することができません

二の腕ダイエットに関する記事は「二の腕」「ダイエット」のキーワードを含めないで詳しく解説するのは至難の技だと思います。

記事を書く側もSEOキーワードを使わないで記事を書くことはできませんし、読み手側も含まれていないと読みづらくてしょうがないです。

なので、SEOキーワードは本文にも入れましょう。しかし入れすぎはいけません。読みづらくなってしまいます。

昔、キーワードの含有率が大事だと言われていたことがあります。これは本文中にどのくらいの割合でSEOキーワードが含まれているか?を表したものです。

SEOキーワードは本文の◯%入れる必要があると言われていましたが、これは本当に意味がありません。

なぜなら本文に決められた数を入れるのではなく、読者が読みやすく伝わりやすい記事を書くのが一番の目的だからです。

読者のために書かれた記事はGoogleからの評価も上がります。なので、どのくらい入れるべきかは考えず、読みやすい記事作りを意識しましょう。

承太郎
Googleはキーワードの含有率も評価対象としていたようですが、昔話です。

共起語を入れる

共起語というのは一緒に検索されるキーワードのことをいいます。

なので、本文に共起語を入れることで、質の高い記事を書くという意味合いがあると思うのですが、はっきり言ってそこまで効果が期待できるものではありません

僕は全く意識していませんし、意識したところで不自然な記事になってしまうのではないでしょうか?

共起語は「共起語検索ツール」で調べることができます。

「SEOキーワード 入れ方」を調べてみると、

キーワード SEO ブログ 検索 記事 対策 入れ方 表示 タイトル 方法 解説 サイト

これらの共起語が出てきました。これらを意識して記事を書くべきかというとそんなことはありません。

むしろ共起語を本文に入れるのは、SEOキーワードで検索してきたユーザーに対して満足のいく記事を書こうと思ったら、自然と含まれるキーワードだと思います。

意識していませんでしたが、「SEOキーワード 入れ方」を共起語検索ツールで検索して出てきたキーワードは既に文中に含まれています。

意識せずとも、すでに文中に含まれているので、意識しなくても共起語が入っている記事が書けるまで調べる努力が必要なのかもしれません。

承太郎
共起語は無理やり入れる必要はありません!

稼いでる人が実践しているSEOキーワードを入れる3つのコツ

稼いでる人が実践しているSEOキーワードを入れる3つのコツ

続いて、稼いでる人が実践しているSEOキーワードを入れるコツを紹介していきます。

  1. 1記事に入れるべきSEOキーワードの数
  2. SEOキーワードはパーマリンクにも入れる
  3. 内部リンクのアンカーテキストにSEOキーワードを入れる

こちらの3つのテーマで一つひとつ解説していきます。

1記事に入れるべきSEOキーワードの数

これは先ほども解説しましたが、1つの記事にSEOキーワードは読者が読みやすい記事になるならいくつでも良いでしょう。

数が多すぎたり少なすぎると読者は読みにくくなってしまうので、記事を書いた後に友達に読んでもらうといいかもしれません。

友達が「SEOキーワード 入れ方」について書いた記事を読んで、SEOキーワードの入れ方について理解できたら最高の記事です。

さらに適量のSEOキーワードが含まれていて読みやすかったら完璧でしょう。

自分でいいと思っても他人から見ると良い記事ではないことがあるので、他人に読んでもらって評価してもらうのも大切かもしれません。

承太郎
入れるべきSEOキーワードの数は決まっていません!読みやすさ重視です!

SEOキーワードはパーマリンクにも入れる

SEOキーワードはパーマリンクにも入れましょう。

パーマリンクについては「【Google推奨】パーマリンクのおすすめの決め方と設定方法【日本語は禁止】」で詳しく解説していますが、日本語ではなく英語で設定すると良いでしょう。

本記事の「SEOキーワード 入れ方」なら「how-to-enter-seo-keyword」になります。

承太郎
パーマリンクにSEOキーワードを入れるかどうかはそこまで重要ではありません!

内部リンクのアンカーテキストにSEOキーワードを入れる

内部リンクのアンカーテキストには必ずSEOキーワードを入れましょう。入れないと何について書かれた記事なのかわかりませんよね。

しかしSEOキーワードを入れるだけではありません。SEOキーワードが「アフィリエイト 稼ぐ」だとしたら、

» アフィリエイトで稼ぐ方法

»アフィリエイトでサラリーマンが収益5万円稼ぐキーワード選定術

どちらのアンカーテキストをクリックするかというと、完全に後者だと思います。

どちらもSEOキーワードが含まれていますが、クリック率が断然変わってきます

読者層に大学生が多ければサラリーマンではなく大学生にすべきですし、主婦なら主婦に変えるべきです。

中級者以上に読まれるアフィリエイトで稼ぐためのブログなら、5万円ではなく100万円に変えた方がいいかもしれません。

承太郎
アンカーテキストにSEOキーワードは必ず入れましょう!

SEOキーワードのまとめ

SEOキーワードの入れ方についてまとめてました。

ブログで稼ぐためには必ずタイトル、見出し、本文にSEOキーワードを入れましょう。そうでないと頑張って記事を書いても稼ぐことは絶対にできません。

再確認する【完全マニュアル】ブログ収益化させるキーワード選定の3つの戦略【徹底解説】

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】