Webライター

【月30万円稼ぐ】Webライターが1日に書くべき文字数は?【増やし方】

Webライターが1日に書くべき文字数は?
悩み人
悩み人
Webライターが1日に書くべき文字数は何文字くらいなの?どのくらい書けばWebライターとして生活ができるのかも教えて欲しい!

こちらの疑問を解決させます。

本記事の内容
  • Webライターが1日に書くべき文字数の設定方法
  • Webライターが1日に書くべき文字数は?
  • Webライターが1日の執筆文字数を増やす3つの方法

結論を言うと、Webライターが1日に書くべき文字数は、月に稼ぎたい収入によって変わります。

なぜなら、Webライターの収入は基本的に文字単価×文字数だからです。

そこで、1日にどのくらいの文字数を書けばいいのか?について解説します。

本記事では、Webライターが1日が書くべき文字数や、どのくらい文字数を書けば生活ができるのかについて、徹底的に解説していきます。

Webライターが1日に書くべき文字数の設定方法

結論を言うと、Webライターが1日に書くべき文字数は10000文字ほど書ければ、ギリギリ生活することができます。

副業なら、かなりいい収入になります。

そこで、Webライターが1日に書くべき文字数については、

  1. Webライターで稼ぎたい収入を決める
  2. Webライターの収入は文字単価と文字数で決まる
  3. 収入を上げるならタイピングスピードも重要

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

Webライターで稼ぎたい収入を決める

先ほどもお伝えしましたが、Webライターは文字単価×文字数で収入が決まります。

この掛け算で、自分が月に稼ぎたい収入を計算して、1日にどのくらい書けばいいのかの、だいたいの文字数が算出されます。

後ほど詳しく解説しますが、初心者の文字単価は平均0.5円です。月に20日労働だとすると、以下の通りの収入になります。

仮に、Webライターとして月に1万円稼ぎたいのであれば、1日に1000文字書けば稼ぐことができます。

承太郎
承太郎
月に稼ぎたい額から文字単価と文字数を計算すると、1日に書くべき文字数が決まるよ!

Webライターの収入は文字単価と文字数で決まる

先ほどもお伝えしましたが、Webライターは文字単価と文字数の掛け算で決まります。

なので、文字単価が低ければ、1日に書く文字数を増やす必要がありますし、執筆する文字数を増やさず稼ぎたいのであれば、文字単価を上げてもらうか、文字単価が高い案件をこなす必要があります。

仮に月に5万円なら、1日に5000文字書く必要があり、月に10万円稼ぎたいのであれば、1日に1万文字書く必要がありますね。

やはり、Webライターとして、まだ初心者の方は、文字単価が低いので、稼ぎたいなら文字数で勝負するしかありませんね。

Webライターとしての経験が増やして、文字単価の高い案件をこなしていけば、Webライターとして生活していくことも可能になります。

承太郎
承太郎
Webライターは文字単価×文字数で月の収入が決まる!稼ぎたい額を逆算しよう!

収入を上げるならタイピングスピードも重要

そこで、文字単価×文字数で収入をあげたいのであれば、タイピングスピードが結構重要になります。

ちなみに僕は4000〜5000文字くらいなら、2時間で稼ぐことが可能です。

1日に8時間労働で月に20日働くとし、文字単価が1円の場合。僕なら32万円〜40万円ほど稼ぐことができるので、東京でも生活をしていけるぐらい稼ぐことが可能です。

これは、やはり2時間で4000〜5000文字ほど書けるようになることが、一番大事だと思います。

なので、Webライターで収入を上げるために、ライティングスキルも大事ですが、タイピングスキルもかなり重要になってきます。

承太郎
承太郎
タイピングスピードを上げたいなら、とにかく記事を書く!

Webライターが1日に書くべき文字数は?

Webライターを目指す方が、1日に書くべき文字数は、どのように設定したらいいのでしょうか?

もしあなたが副業でWebライターとして稼ぎたいのであれば、1日に1万文字を目標にしていくといいかもしれません。

その理由を、

  1. まずは1日1万文字を目標にする
  2. 初心者の文字単価の相場は0.5円
  3. 月に稼ぎたい額と文字数を計算する

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

まずは1日1万文字を目標にする

Webライターとして稼ぎたいのであれば、初心者の方は1日に1万文字を目標に、文字数を稼いでみるといいです。

執筆するジャンルにもよりますが、1日に1万文字は結構大変です。1日に1万文字はある程度、タイピングスキルが必要になります。

単純に自分が好きなジャンルを書いたとしても、タイピングが遅いと1日に1万文字はなかなか達成できません。

なので、1日に1万文字を目標にタイピングの練習をしていくのが、今後Webライターとして稼いでいく上で、かなり重要なスキルになります。

個人的には、自分でブログを立ち上げて、タイピングの練習がてらブログで収益を上げていくのがいいと思います。

承太郎
承太郎
ブログで収益を上げながら、タイピング練習するのは、一石二鳥だね!

初心者の文字単価の相場は0.5円

先ほどもお伝えしましたが、Webライター初心者は文字単価の相場は0.5円くらいです。

なので、1日に1万文字書けたとしたら、月の収入は10万円ほどになります。

仮に副業でWebライターで月に10万円稼げたら、かなり十分な額ですよね。

しかし、1日に1万文字というのは、初心者からすると、かなり難易度が高いので、徐々に1日に書く文字数を増やしていきましょう。

1日に2000文字書けるようになったら、次に3000文字、次に5000文字と、だんだんと1日に書ける文字数を増やしていくべきです。

文字単価を上げるのも、Webライターで収入を上げるために大事なことなのですが、まだタイピングスキルがライティングスキルがない方に、1文字1円〜2円の報酬を与えるか?と言うと、ちょっと現実的ではないですよね。

なので、Webライターとして稼ぎたいのであれば、1日に書ける文字数を、だんだんと増やしていきましょう。

承太郎
承太郎
1日に1万文字書けるようになったら、生活できるレベル!

月に稼ぎたい額と文字数を計算する

Webライターとして生活をしたいのか?副業で稼ぎたいのか?で、月にどのくらい稼ぐのかが変わってきます。

月に5万円稼ぎたいのであれば、1日にどのくらい文字数を書けばいいのか?が、計算をすると出てくるので、Webライターとして活動する前に、「自分はどのくらい稼ぎたいのか?」を明確にしてみると、目標が立てやすいです。

僕がWebライターで生活をしようとするなら、1文字0.5円で頑張って月に5万円ほど稼ぎながら、自分で金融系のブログを運営して収入を得ます。

なぜ、1文字0.5円で頑張って月に5万円を稼ぐかというと、Webライターとしての実績を作るためです。

今までWebライターとして50件の案件をこなしてきた人と、今日初めて記事を書きます!という人だったら、絶対に実績がある人に頼みたいですよね。

なので、文字単価が安くても仕事を受けて、実績を作ります。

そしてなぜ金融系のブログを運営して収入を得るのかというと、金融系の案件の文字単価の相場は1.5円ほどだからです。

月に20日労働で、仮に1日に1万文字書いたとしたら、月に30万円稼ぐことが可能になります。

月に30万円稼げるようになれば、東京でも全然問題なく生活ができるようになりますよね。

なので、僕がWebライターで生活をしようと思っているのであれば、

  1. 文字単価が低くても実績を残す
  2. 金融系などの文字単価が高いブログを運営して収入を上げる

こちらの2つを同時進行で行なっていきます。

最初は大変だと思いますが、数ヶ月立つと、金融系の記事を書くWebライターとして生活ができるようになるはずです。

承太郎
承太郎
しっかり戦略立てて、Webライターとして生活することを考えてみると面白い!

Webライターが1日の執筆文字数を増やす3つの方法

Webライターとして、1日に何文字書けば、どのくらい稼ぐことができるのか?がわかったはずです。

しかし1日に1万文字書くんだ!と思っても、初心者の方だと結構難しいです。

そこで1日の執筆文字数を増やす方法を、

  1. 記事のテンプレを作成する
  2. ブラインドタッチを練習する

こちらの2つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

記事のテンプレを作成する

僕が運営している当ブログ「SEOはゲーム」も、テンプレ化させて記事を書いています。

だから、4000文字〜5000文字を2時間で書けるのだと思います。

こちらの「【テンプレート公開】ブログ記事の読みやすい文章構成の手順【アクセスアップ】」でも解説していますが、記事を書く場合、テンプレ化させた方が、圧倒的に早く記事を書くことができます。

もし、1日に書ける文字数を増やしたいのであれば、テンプレ化させてみるのも、一つの手です。

承太郎
承太郎
Webライターで稼ぎたいなら、記事をテンプレ化させるのも大事!

ブラインドタッチを習得する

究極、Webライターで効率よく稼ぎたいのであれば、ブラインドタッチを習得するべきです。

単純に、ブラインドタッチできる人はタイピングスピードが速いですので、1日に書ける文字数が何倍も増えます。

やはり、Webライターは文章を書く能力も大事ですが、タイピングスキルやブラインドタッチができるかどうかも、収入に直結しますね。

例えば、ブラインドタッチで文章が書けるということは、Uber Eatsで言うと、お店から届ける自宅までの最短距離を知っているということと同じです。

住んで間もない街でUber Eatsで配達しようと思っても、道がわからず配達するまで時間がかかります。

配達するまで時間がかかるということは、1日に回れる数も限りがあります。Uber Eatsで稼ぐなら道を知ることが重要なように、Webライターはタイピングスピードが重要です。

承太郎
承太郎
ブラインドタッチは数をこなすしかない!がんばろう!

Webライターで稼ぎたいなら1日に書ける文字数を増やそう!

Webライターで稼ぎたいのであれば、1日に書ける文字数を増やすことが重要ですね。

さらに、実績作りと文字単価が高いジャンルでも記事が書けるようになると、劇的にWebライターの収入を増やすことができます。