Webライター

【未経験→月10万円】Webライターの始め方完全ロードマップ【初心者でも稼ぐ】

承太郎
承太郎
これからWebライターとして月収5万、10万円と収益を伸ばしていく方法を知りたくないですか?全くの初心者の方が0の状態でも、仕事を1件受注するところまで細かく解説します!
本記事の内容
  • 経験0の初心者がWebライターを始める3つの方法
  • Webライターが読むべき3冊の本
  • 初心者がWebライターとして月収10万円稼ぐまでの流れ

あなたは本記事のWebライターの始め方完全ロードマップを読み終えることには、Webライターの仕事を1件受注できているはずです。

そのくらい、具体的にこれからWebライターとして稼ごうと思っている方に向けて、詳しく始め方を解説しています。

Webライターは専業だけではなく、副業でも稼ぐことが可能です。

例えば、サラリーマンの方は、仕事が終わり21時頃から2時間程度のWebライターの作業で、月に1万円ほど稼いでいる友人がいます。

その友人は元々、文章を書くのが得意だったわけではありませんが、副業で稼ぎたいと思い、Webライターを選んだそうです。

そんな友人でもWebライターとして稼ぐことができているので、あなたもWebライターとして稼ぐことは可能です。

なので、本記事でまとめている、Webライターの始め方の完全ロードマップを参考に作業を進めていってください。

承太郎
承太郎
本記事を読み終える頃には、仕事を1件受注できています!

Webライターとは?

そもそも、Webライターという仕事はどのようなものなのか?がはっきりとわかっていない方もいるかもしれません。

そこで、Webライターとはどのような仕事なのか?について、

  1. Webライターは記事を書く仕事
  2. Webライターは副業でも稼げる
  3. Webライターの収入は文字単価×文字数で決まる

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説していきます。

Webライターは記事を書く仕事

Webライターという仕事は、記事を書く仕事です。

  • SEO記事
  • レビュー・感想記事
  • インタビュー記事

などなど、記事にも種類がありますが、Webライターはクライアントから依頼を受けて記事を書く仕事です。

クライアントからの要望に答えて、記事を書いていくのですが、Webライターのいいところはやはりパソコンがあれば誰でもできる仕事だということです。

パソコンがあれば誰でも、しかもどこでも仕事ができるので、スタバでも大学でも自宅でも、パソコンがあればWebライターとして稼ぐことが可能です。

しかし、誰でも稼ぐことができるという参入障壁の低さから、ライバルが増えてしまうのも事実です。

あなたも今すぐWebライターとして稼ぐことができます。本記事を読めば、Webライターとして1件仕事を受注することができます。

ということは、ライバルが増えやすいということになりますよね。

例えば、英検3級ははたくさんの人が持っているので、そこまで価値はありません。しかし英検1級は結構勉強しないと取れないので、価値があると言うことになります。

Webライターは英検3級と同じということになります。

承太郎
承太郎
Webライターは誰でもできる仕事だから、ライバルが増えてしまうんだ!

Webライターは副業でも稼げる

Webライターは副業でも稼ぐことができます。隙間時間を利用して稼ぐサラリーマンも増えているので、Webライターは副業でも稼ぐことが可能です。

もちろん主婦でも大学生でも、Webライターとして稼ぐことができます。

さらに、Webライターとしてのスキルは他にも使うことができます。

自分でブログを運営したり、メルマガで収益をあげる時も、Webライターとしてのスキルは活用することができます。

承太郎
承太郎
Webライターは副業でも稼ぐことができる!

Webライターの収入は文字単価×文字数で決まる

気になるWebライターの収入ですが、文字単価×文字数で決まります。

仮に文字単価1円だったら、3000文字の記事を書けば3000円ですし、5000文字書けば5000円になります。

文字単価が0.5円の場合、3000文字書けば1500円になりますし、5000円書けば2500円になります。

なので、Webライターとして稼ぐなら、文字数を上げるよりは、文字単価が高い案件をこなすことが重要になります。

承太郎
承太郎
文字単価×文字数がWebライターとしての収入になることを覚えておこう!

Webライターの始め方【ライティングスキル編】

Webライターを始めるなら、ライティングスキルが必要になります。

このライティングスキルは、全くの0の初心者でもできるようになるの?と思われるかもしれませんが、誰でもできるようになります。

なので、基本的なライティングスキルを取得するだけで、初心者でもWebライターとして稼ぐことが可能なのです。

そこで、初心者がWebライターとして稼ぐためのライティングスキル取得のために、

  1. ライティングスキルに関する本を読む
  2. 読んだ本をアウトプットする
  3. ブログを運営して記事を書く

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説します。

ライティングスキルに関する本を読む

Webライターを始めるなら、まずはライティングスキルに関する本を読むべきです。

なんでも当てはまりますが、新しく仕事を始めるなら、新しいスキルを取得するべきですよね。

ライティングスキルもそれと同じで、ライティングスキルに関する本を何冊か読むべきです。

僕が読んだ中で超おすすめの本は、

  • 人を操る禁断の文章術
  • もう一冊

こちらの2冊を読んでおけば、ライティングスキルは問題ありません。

Webライターはプロのライティングスキルを取得する必要はなく、最低限のスキルがあればWebライターとして稼ぐことが可能です。

なので、そこまで難しいことは考えず、紹介した2冊の本を読んで、「Webライターってこんな感じか〜」と理解してみてください。

承太郎
承太郎
Webライターの仕事を受けてみるとわからないことが出てくるので、その都度、調べる癖をつけましょう!

読んだ本をアウトプットする

続いて、読んだ本をアウトプットする癖をつけましょう。

実は調べ物をしたり本を読んでインプットした知識は、アウトプットするとさらに理解が深まります。

なので、Twitterでもいいので、自分が調べた知識や読んだ本の知識をアウトプットする癖をつけてみるといいでしょう。

僕の場合は、Twitterもそうですが、ブログで知識をまとめて紹介しています。

当ブログもそうですが、Webライターとして稼ぐ方法などをまとめて紹介しています。

情報発信をすることによって、理解が深まりますので、ライティングスキルを自分のものに出来ます。

承太郎
承太郎
得た知識はアウトプットする癖をつけよう!

ブログを運営して記事を書く

一つ前でも紹介しましたが、得た知識をアウトプットすると理解が深まります。

Twitterでもアウトプットすることができますが、自分でブログを運営することで得た知識をアウトプットすることができます。

さらに、ブログを書くことによって、ライティングの勉強をすることができます。

例えば、Webライターとして転職に関する記事を書く場合、自分のブログで転職に関する記事を書いていると、仕事を受けた時に有利になります。

なので、自分でブログを運営して得た知識をアウトプットするのは、ライティングスキルを向上させるためにも、とてもいい勉強になるのです。

≫ 今すぐブログを開設する方法

承太郎
承太郎
Webライターとブログ運営は同時進行するのがおすすめ!

Webライターの始め方【クラウドソーシングに登録】

続いて、Webライターを始めるならクラウドソーシングサービスに登録をする必要があります。

Webライターの実績があればTwitterなどで仕事を獲得することは可能ですが、これからWebライターとして稼ごうと思っている方はかなり難しいです。

なので、これから始める初心者の方は、クラウドソーシングサービスに登録をしてみましょう。

そこで、Webライターの始め方を、

  1. 複数のクラウドソーシングに登録する
  2. ポートフォリオを作る
  3. 実際に仕事を受注して納品する

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説します。

複数のクラウドソーシングに登録する

Webライターを始めるなら、クラウドソーシングサービスに登録する必要があります。

クラウドソーシングサービスで仕事を受けて報酬を貰うので、まだ登録していない方は登録必須ですね。

さらに、どんな仕事があるのか?も調べることができます。

初心者の方は以下の、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

こちらの3つに登録するといいです。僕も登録していますし、複数のサービスに登録をするとWebライターの仕事を受けられる可能性が高まります。

承太郎
承太郎
まだ登録をしていない方は、早速登録をしよう!

ポートフォリオを作る

続いて、クラウドソーシングサービスに登録をしたら、ポートフォリオを作成しましょう。

このポートフォリをというのは、ざっくり解説すると、

  • Webライターの仕事を受ける
  • ブログを運営する

この2つの方法でポートフォリオを作成することができます。

Webライターとしての仕事は、初心者だとなかなか高単価の仕事を受注することができません。

なので、安めの案件をこなして実績を作り、それをポートフォリオにしましょう。

もう一つ、ブログをポートフォリオにすると、高単価の仕事を受けられるようになります。

例えば、金融系の記事の文字単価は平均で2円ほどです。ということは、5000文字の案件を獲得すれば、1記事書いただけで1万円の報酬を得ることが可能です。

しかし、初心者だとこのような高単価の案件を受注することが難しいので、ブログでポートフォリを作成します。

ブログで金融系の記事を数記事書いてアクセスを集めた実績があれば、クライアントから仕事を受注できる可能性が高まります。

なので、ブログもポートフォリオになります。

» なぜ、Webライターがブログをポートフォリオにすべきなのか?

承太郎
承太郎
Webライターとしての実績を重ねることで、高単価の案件を獲得できるようになる!

実際に仕事を受注して納品する

クラウドソーシングサービスに登録したら、実際に仕事を受注して納品しましょう。

まずは、安い案件でいいので、仕事を依頼してみてください。

おすすめなのは芸能系です。

単価はかなり安いですが、Webライターとして収入を得る経験ができるので、芸能系の仕事を一度受けてみるといいでしょう。

承太郎
承太郎
興味がある案件があれば、芸能系の案件じゃなくてもいいよ!

Webライターの始め方【100%の力で仕事をこなす】

ここまでで、Webライターのライティングスキルの取得方法とクラウドソーシングサービスの登録について解説しました。

この2つがあれば、Webライターとして稼ぐことが可能です。

そして、Webライターでさらに稼いでいく方法として、

  1. タスク案件よりプロジェクト案件を優先する
  2. 継続する案件を増やしていく
  3. 文字単価が高い案件を獲得する

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説します。

タスク案件よりプロジェクト案件を優先する

Webライターで稼いでいくのであれば、タスク案件ではなく、プロジェクト案件を優先的に受けるようにしましょう。

なぜなら、タスク案件はレビュー記事やアンケートなど、単価が安い仕事を単発でこなすものなので、収入的にはそこまでよくありません。

なので、Webライターで稼ぐならタスク案件ではなく、プロジェクト案件を優先的にこなしていきましょう。

しかし、初心者の方はプロジェクト案件を受けることが難しい場合があるので、タスク案件をこなして、それを実績にするのもありです。

タスク案件は簡単ですが、タスク案件ばかりこなしていては稼ぐことができませんので、実績作りと割り切って仕事を受けてみるといいかもしれません。

なので、プロジェクト案件を受けられる実績をつけるために、タスク案件を最初にこなすという流れでWebライターの一歩を踏み出しましょう。

承太郎
承太郎
タスク案件で10件ほどこなしたら、プロジェクト案件を受注してみよう!

継続する案件を増やしていく

続いて、継続する案件を増やしていきましょう。

プロジェクト案件は継続して仕事を受けるWebライターの仕事なのですが、これが増えれば増えるほどWebライターとしての収入を増やすことができます。

プロジェクト案件は「文字単価1円で3000文字を5記事納品」といった仕事内容が多くあります。

仕事によって文字単価や文字数が変わりますが、5記事や10記事納品ごとの仕事が多いのですが、このようなプロジェクト案件を継続して仕事を受けることで、収入を上げることができます。

「文字単価1円で3000文字を5記事納品」だと一つの仕事で15000円の収入になりますが、継続すると、毎度15000円の収入を得ることができます。

このような案件が仮に5つあると、75000円になりますし、継続されるとコンスタントにWebライターとしての収入を得ることが可能になりますよね。

なので、ある程度実績が出来たら、継続して仕事を受けられるようにしていきましょう。

承太郎
承太郎
Webライターとして稼ぐなら、プロジェクト案件で継続して仕事をもらうこと!

文字単価が高い案件を獲得する

最後にWebライターとしての仕事が慣れてきたら、高単価の案件を獲得しましょう。

高単価の案件は専門性が高いジャンルのことが多いので、ある程度の勉強が必要にあります。

金融系や転職などのジャンルが高単価なので、知識がない方は勉強する必要があります。

高単価の目安は文字単価2円〜3円です。

高単価の案件が一つでも獲得できると、Webライターとしての収入が一気に上がります。

仮に文字単価3円で文字数が5000文字だと、1記事で15000円の収入になります。月に10記事納品したとしたら、それだけで15万円になります。

»【文字単価1円以上】Webライターで高単価案件を獲得する方法【月収10万円稼ぐ】

承太郎
承太郎
Webライターとしての実績をコツコツ重ねて、高単価の案件を獲得できるようにしよう!

副業でWebライターとして稼ぐコツ

副業でWebライターとして稼ぐコツについて解説します。

  1. レスポンスを早くする
  2. Webライターだけではなくブログも運営する

こちらの2つのコツを、一つ一つ解説します。

レスポンスを早くする

副業でWebライターをすると言っても、普通に働いている人と同じようにクライアントと接する必要があります。

相手も仕事としてあなたに執筆依頼をするので、副業なのか専業なのか関係ありません。

なので、レスポンスを早くしましょう。さらに丁寧な返信を心がけましょう。

僕はWebライターの方に、いままで50件ほど依頼したことがあるのですが、挨拶やお礼がない人が結構いました。

このようなWebライターには仕事を継続して依頼したいと思われないので、レスポンスは早くし丁寧な返信を心がけましょう。

承太郎
承太郎
返信に気を使って、信頼度を高めよう!

Webライターだけではなくブログも運営する

副業でWebライターとして稼ぐなら、ブログを運営すると、めちゃくちゃ有利になります。

先ほども解説しましたが、ブログを運営しているかどうかでも、仕事を受けられるかどうか変わってきます。

仮に株式投資に関するブログを運営しているとしたら、Webライターとしての実績がなくても採用される可能性があります。

株式投資の記事執筆の仕事を依頼したいクライアントからすると、Webライターとして複数の記事を書いていきた人と、Webライターの実績がないけど株式投資のブログを運営している人だったら、後者を選びます。

なので、専門的なジャンルのブログを運営することで、高単価の案件を獲得しやすくなるのでWebライターを始めるなら、一緒にブログ運営も始めましょう。

承太郎
承太郎
ブログの解説の仕方は「」で詳しく解説しています!

Webライターで稼ぐまでの流れ

続いて、Webライターで稼ぐまでの流れを解説していきます。

  1. Webライターで月収1万円稼ぐまでの流れ
  2. Webライターで月収10万円稼ぐまでの流れ
  3. Webライターで月収30万円稼ぐまでの流れ

こちらの収入を得るまでの流れを、一つ一つ解説していきます。

Webライターで月収1万円稼ぐまでの流れ

まずは、初心者の方は月収1万円を目指しましょう。

月収1万円なら、ライティングスキルがそこまで高くなくても稼ぐことが可能です。

稼働日=20日
稼働時間=2時間
執筆時間=4時間
執筆数=10記事
文字単価=0.5円
文字数=3000文字

仮にこの条件で計算をしてみると、月に15000円稼ぐことが可能です。

副業でWebライターとして稼ぐなら、このくらいの執筆時間は取るべきです。

しかし、1日に2時間程度の執筆時間でもフルで働ければ、月に1万円以上稼ぐことが、サラリーマンの副業でも稼ぐことができるのです。

承太郎
承太郎
まずは月収1万円稼ぐことを目指そう!

Webライターで月収10万円稼ぐまでの流れ

続いて、Webライターとして月収10万円を目指していきましょう。

月収10万円稼げるようになってくると、ライティングスキルも上達しているので、専門的なジャンルでも仕事を受けられるようになっているはずです。

稼働日=20日
稼働時間=4時間
執筆時間=4時間
執筆数=20記事
文字単価=2円
文字数=3000文字

こちら目標にすると月に10万円以上稼ぐことが可能です。

ある程度、Webライターとしての時間を増やす必要がありますが、単価が高い案件をこなせるようになると、月の収入が10万円を超えるようになります。

月収1万円から10万円まで稼げるようになるまでが、結構大変だと思いますが、実績作りを意識して記事を書いていきましょう。

Webライターで月収30万円稼ぐまでの流れ

最後にWebライターとして月収30万円稼ぐまでの流れをまとめます。

月に1万円から10万円稼ぐまでは数をこなす必要がありますが、月収10万円から30万円は文字単価や文字数を意識すると、収入が上がっていきます。

稼働日=25日
稼働時間=4時間
執筆時間=5時間
執筆数=20記事
文字単価=3円
文字数=6000文字

こちらを目標にすると、月収30万円を超えることができます。ここまで来ると専業でも、食べていけるくらいの収入になりますね。

しかし、文字単価が3円となると、専門的なジャンルを書けるようになる必要があります。

なので、特定のジャンルに絞って知識を増やしていき、文字単価が高い案件のみをこなせるようにしましょう。

Webライターで稼ぐためにやってはいけないこと

最後にWebライターとしてやってはいけないことを紹介します。

もしやってしまっている方は、今すぐに改善しましょう。

  1. 文字単価が安い案件をやる
  2. 自分が好きなジャンルを攻める
  3. ライティングスキルがない状態で仕事を受ける

こちらの3つのテーマで、一つ一つ解説します。

文字単価が安い案件をやる

まずは、文字単価が安い案件を書いていることです。

最初のポートフォリオを作成する段階であれば問題ないのですが、Webライターとして稼ぐなら文字単価が安い案件ばかりこなしていても稼ぐ事は難しいです。

なので、Webライターとして稼ぐなら文字単価が最低でも0.5円の案件をこなしましょう。

焦っていきなり1円以上の仕事に申し込んでも受注できる可能性は低いので、最初は実績作りを意識して記事を書いていきましょう。

承太郎
承太郎
Webライターで稼ぎたいなら、文字単価を意識しよう!

自分が好きなジャンルを攻める

Webライターとして稼いでいきたいのであれば、自分が好きなジャンルばかり攻めるのは辞めましょう。

こちらも実績作りのために自分な好きなジャンルを記事にするのはいいのですが、高単価の案件をこなす必要があります。

仮に自分が好きなジャンルが芸能だとしても、芸能の案件は文字単価0.5円のものが多いです。

なので、自分が好きなジャンルが高単価案件なら、ガンガン書いていけばいいのですが、好きなジャンルでも低単価なら、高単価の案件を徐々に書いていきましょう。

承太郎
承太郎
高単価で興味のあるジャンルをピックアップしてみよう!

ライティングスキルがない状態で仕事を受ける

ライティングスキルがない状態で仕事を受けても、テスト記事で落ちてしまう可能性があります。

テスト記事というのは、本契約する前にどのような記事を書く人なのかを確認するために、クライアントが行うものです。

僕もWebライターの方に仕事を頼むときに、テスト記事を書いてもらっていますが、ライティングスキルがないとテスト記事で落ちてしまいます。

テスト記事で落ちてしまうと、Webライターとして稼ぐことができないので、基本的なスキルでいいので学ぶべきです。

先ほど紹介した本やネットでの知識だけでもライティングスキルの基本は学べるので、Webライターで稼ぐなら必ず勉強しましょう。

承太郎
承太郎
Webライターにライティングスキルは必須です!タクシー運転手に運転免許くらい必須!

Webライターを始めたら、ガンガン記事を書こう!

Webライターの始め方がわかったと思います。

ここまできたら、クラウドサービスで仕事を受注し、実際に納品してください。

そうすると、Webライターとしての収入を得ることができます。

あとは数をこなすことで実績ができていき、高単価の案件を獲得することができます。

高単価の案件を獲得できるようになれば、あとは数です。

ガンガン記事を書いていきましょう。