ブログネタがない時の対処法

【すぐ見つかる】ブログネタがない時の対処法【初心者必見】

悩み人
ブログに書くネタが見つからない時の対処法を教えて欲しい!毎日記事を書きたいのに書けないんだ・・・

こちらの疑問を解決させます。

本記事の結論

結論、ブログのネタが見つからない時は、インプットの量を増やしてください

ネットで検索をしたり、YouTube動画で調べたり、本を読むと記事にできるネタが増えるので、単純にネタがないという状態になりません。

なので、ブログのネタがないと悩んでいる方は、インプットの量を増やしましょう

本記事では、ブログネタがない時の対処法だけではなく、ブログのネタを探す方法も合わせて解説します。

こちらのページを読み終える頃には、ブログのネタが見つからないという悩みは解消されているはずです。さらに自分の力でネタを探すスキルも手に入れているでしょう

ブログネタがない時の3つの原因

ブログネタがない時の3つの原因

ブログのネタがない時と、何を書いていいのか困りますよね。

それが続くと、ブログを書くのが嫌になり、ブログ初心者の辞める率が増えていきます。

あなたにそうなって欲しくないので、こちらでは、

  1. 単純に情報不足
  2. キーワード選定がわかっていない
  3. 「ブログネタがない」という状態は存在しない

こちらの3つのブログのネタがない原因を、順番に解説していきます。

単純に情報不足

ブログのネタが見つからない原因は、単純に情報不足の可能性が高いです。

なぜなら、情報がない状態だと記事なんて書けません

例えば、英会話に関するブログを運営するぞ!と思って、WordPressブログを開設しても、英会話に関する情報がなければブログのネタは見つかりません。

そもそも誰に向けてどんな情報を提供するのかすら考えることが難しいので、まずは英会話はどんな人に需要があって、どんな悩みがあるのか?などを、しっかりと分析をする必要があります

英会話スクールの広告ページを覗けば、誰がどんな理由で英会話スクールに入会するのかがわかるので、英会話スクールへの入会を考えている方が検索をしそうなキーワードでブログを書けば、アクセスを集めて収益化できます。

なので、まずはジャンルを選定をしたら、情報を調べるということを徹底してみてください。

承太郎
情報を得られれば、ブログ記事はスラスラ書けます!

キーワード選定がわかっていない

ブログのネタが見つからない方の中で、キーワード選定がわかっていない方が多いように感じます。

なぜなら、キーワード選定ができれば、書くべき記事の内容も自然と決まるからです。

例えば、「英会話スクール 初めて 不安」というキーワードで記事を書くとします。このキーワードで検索をする人の悩みはなんでしょうか?

答えは「英会話スクールで初めて英語を勉強したいけど、不安を感じている」ということです。

  • 英会話スクールで不慣れな英語を話すのが恥ずかしい
  • 覚えられなかったらどうしよう
  • 英語を教えてくれる先生がどんな人なのかわからず不安に感じている

英会話スクールで初めて英語を勉強したいけど、不安を感じている人が検索をするはずです。

ということは、記事のネタは、

  • 英会話スクールに不安を感じる理由
  • 英会話スクールで不安に感じないようにする対策
  • 英会話スクールで英語を話せるようになる方法

このような内容でブログを書いてあげると、「英会話スクール 初めて 不安」で検索してきたユーザーに満足してもらえる記事を書くことができるでしょう。

なので、キーワード選定ができていれば、ブログのネタに困るということはなくなります。

逆に、ブログのネタがなくて困っている方は、キーワード選定ができていない可能性があります

承太郎
キーワード選定ができれば、ブログのネタに困ることはありません!

「ブログネタがない」という状態は存在しない

僕の考えですが、そもそもブログのネタがないという状態は存在しないと思っています。

ブログ初心者の方が、仮に月収1万円を稼ぐなら20記事を3セット書けば稼ぐことが可能です。

収益記事

画像のように、収益記事を1記事だけ書き、19記事の集客記事でアクセスを集めて、収益記事にアクセスを流します。

「英会話 独学 おすすめ」で収益記事を書き、

英会話 独学 アプリ
英会話 独学 映画
英会話 独学 簡単
英会話 独学 モチベーション
英会話 独学 初心者
英会話 独学 勉強法 リスニング
英会話 勉強 独学 本
英会話 独学 半年
英会話 独学 発音
英会話 独学 期間
英会話 独学 旅行
英会話 独学 効果
英会話 独学 コツ
英会話 独学 近道
英会話 1ヶ月 集中 独学
英会話 独学 社会人
英会話 独学 ゼロから
英会話 独学 何から
英会話 話せるようになる 独学

このような集客記事でアクセスを集めて、「英会話 独学 おすすめ」にアクセスを流すという戦略ですね。

なので、ブログで何を売るか?が決まれば、その商品の成約までの距離が近いキーワードで記事を書き、集客記事でアクセスを集めて稼ぐことが可能です。

  1. ブログで何を売るか決める
  2. 収益記事のキーワードを決めて1記事だけ書く
  3. 収益記事にアクセスを流す19記事の集客記事を書く

これを3セット行うだけで、ブログ初心者でも月収1万円稼ぐことが可能です。

関連記事【徹底解説】初心者が1万円のブログ収益化を実現させるロードマップ

ブログネタがない時の対処法

ブログネタがない時の対処法

ここまででブログのネタが見つからない原因について解説しました。

もし、当てはまっているところがあれば、今すぐに改善しましょう。

続いては、

  1. 記事を書くジャンルを選定を見直す
  2. インプットする量を増やす
  3. キーワード選定と検索意図を理解する

こちらの3つの対処法を、順番に解説します。

記事を書くジャンルを選定を見直す

ブログのネタがない場合は、情報不足だ!と先ほど解説しました。なので、情報を調べる必要があります。

先ほど、英会話を例に解説しましたが、英会話に興味がない場合、英会話に関することを調べるが苦痛に感じてしまいます

好きなゲームは何時間もぶっ通しでできるのに、興味がないゲームは5分やるのも苦痛ですよね。

というように、稼げるからという理由でジャンルを選定してしまうと、調べること自体が苦痛に感じてしまうので、自分が興味のあるジャンルを選んでみましょう

もし、すでにブログを運営し始めている方は今後そのブログを運営するとして、自分が興味のあるジャンルを見直して、新しくブログ運営をした方がいいかと思います。

そのくらい情報をインプットするというのは重要なことなので、稼げるだけではなく、自分が興味がるのか?を軸にジャンル選定するといいでしょう。

承太郎
稼げる+興味がある=今すぐブログにすべきジャンルです!

インプットする量を増やす

先ほどの内容と少し被るかもしれませんが、ジャンル選定をしたらそのジャンルについて徹底的に情報をインプットしていきましょう。

先ほどの例だと「英会話」でしたが、初めて英会話で勉強しようと思っていて海外で仕事をしたいと考えているサラリーマンに限定すると、インプットすべき情報は限定されます。

すでに、

  • 英会話に入会するのが初めて
  • 海外で働きたい
  • サラリーマン

このように情報があるので、ただ「英会話」を闇雲に情報をインプットするよりも、情報を得やすいのです。

なので、情報をインプットする際は限定してみるといいでしょう。

承太郎
「ピアノ」に関するブログではなく、ピアノでジブリの曲を弾きたい人だけをターゲットにしたブログの方が、インプットすべき情報が限定されるので、調べやすいですよね!

キーワード選定と検索意図を理解する

キーワード選定と検索意図を理解することも、ブログネタがない時の対処法になります。

ブログのネタがない時の対処法として、キーワード選定ができればブログのネタは困りません!と解説しました。

しかしキーワード選定ができただけでも、検索意図を理解していないと記事にすることができません

仮に「英会話 初心者 映画」というキーワードで記事を書こうと思ったら、検索意図はどうなるでしょうか。

この検索意図が分かっていないと、ブログのネタがない状態と同じなので、検索意図を考えます。

「英会話 初心者 映画」の検索意図は英会話初心者が吹き替えで勉強できる映画を知りたい!だと考えられますね。

なので、

  • 難しくない洋画を何本か知りたい
  • できれば今すぐ無料で映画を観たい

このような検索意図が考えられるので、これについて調べると記事を書くことができますね。

なので、ブログのネタがない時は、キーワード選定をして検索意図を把握できれば、困ることはないのです。

ちなみに「英会話 初心者 映画」で検索をする人は、リスニングの勉強をしたい!と思っている人が検索するキーワードなので、リスニングの勉強をもっと効率よくできる方法もまとめてあげると、商品やサービスが成約されるかもしれません。

このキーワードで検索する人は、なんでこのキーワードで検索をしたのか?を考えることで、記事内容が自然と決まるのです。

承太郎
検索意図がわかれば、ブログのネタに困ることはありません!

ブログネタが見つからない人へ、実際にネタを探すまでの具体例

ブログネタが見つからない人へ、実際にネタを探すまでの具体例

ブログのネタが見つからず悩んでいる方へ、最後に僕が行っているネタを探すまでの具体的な方法を紹介します。

もし、ネタが見つからず困っている方は、参考にしてみてください。

ネタを探す手順は、

  1. ラッコキーワード頼りで選定する
  2. キーワードの検索意図を考える
  3. 一人の人物に向けて記事を書く

こちらの順番です。

ラッコキーワード頼りで選定する

ラッコキーワード頼りで選定する

公式サイト無料でラッコキーワードを使う

ラッコキーワードに収益キーワードを入れます。収益キーワードと言うのは、成約までの距離が近いキーワードということになります。

仮に「英会話スクール 安い」のキーワードで収益化させたいのであれば、「英会話スクール 安い」をラッコキーワードに入れます。

すると、

このようにキーワードがズラっと表示されますので、これらのキーワードで記事を書いていくという流れになります。

承太郎
ブログのネタを探すのは実は簡単です!

キーワードの検索意図を考える

先ほどラッコキーワードで表示されたキーワードの検索意図を考えていきます。

仮に、「英会話スクール 安い 東京」だったら、東京で安い英会話スクールはないのか?というのが検索意図になります。

なので、「英会話スクール 安い 東京」で検索をしてきた人に対して、東京で安い英会話スクールは〇〇〇〇〇〇です!という記事を書いてあげるといいです。

そして収益記事の「英会話スクール 安い」にアクセスを流してあげたらokです。

承太郎
キーワード選定をしたら、検索意図を考えて記事を書きましょう!

一人の人物に向けて記事を書く

キーワード選定をして検索意図を考えたら、一人の人物に向けて記事を書くということをイメージしてみてください。

この一人の人物を思い浮かべることを、ペルソナ設定と言うのですが、ペルソナに向けて記事を書いていきます。

なぜなら、ブログで収益を上げるのは多くの人に刺さる記事を書かなくてもいいからです。

基本的に、誰にでも当てはまる記事は、誰にも刺さらない記事です。

しかし、多くの人に刺さらない記事でも一人の人物に強烈に刺さる記事を書ければ、ブログで収益を上げることができます。

勘違いして欲しくないのですが、一人の人物というのは本当に一人の人物のことではなく、本気で悩んでいる人という意味です。

例えば、ダイエットをして痩せたい!という人はたくさんいます。ということは、ダイエットに関する記事を書けば稼げるか?と言うと、そんなことはありません。

ダイエットのブログで稼ぐなら、「付き合っていた彼氏がスレンダー美女と浮気をし、しかも奪われたことが悔しくて自分も痩せようと思った24歳OL」に向けて記事を書いた方が稼ぎやすいです。

この「付き合っていた彼氏がスレンダー美女と浮気をし、しかも奪われたことが悔しくて自分も痩せようと思った24歳OL」に向けて手紙を書くイメージで記事を書いていきます

確かに多くの人に当てはまりませんが、一人の人物に強烈に刺さる記事ができるのです。

承太郎
一人と言っても、同じような悩みを持っている人は他にもいます!

ブログネタなんて、書き切れないほどある!

ブログのネタがないと悩んでいる方に、ネタがない時の対処法や僕がやっているネタ探しの方法を紹介しました。

ブログのネタがないなんて、普通ありません

収益キーワードを見つけて収益記事を書き、その収益記事にアクセスを集めるための集客記事を作成していきます。

基本的に収益キーワードを一つ見つけられたら、ネタがないという状況にはありません。

  1. ブログで何を売るか決める
  2. 収益記事のキーワードを決めて1記事だけ書く
  3. 収益記事にアクセスを流す19記事の集客記事を書く

こちらの手順でネタを探してみてください。

関連記事【徹底解説】初心者が1万円のブログ収益化を実現させるロードマップ

\ 当ブログで絶賛使用中WordPressテーマ /

5,000円相当プラグイン&当ブログ限定特典付き

必読【【特典付き】AFFINGER6を使ってみた感想と評判まとめ【Action】